「再参入」とは?

関連ニュース

ハイボール人気「1強」に風穴狙う 再参入や飲み方提案 - 06月22日(金)12:49 

 ハイボール人気が続くなか、キリンビールやアサヒビールが新商品や新たな飲み方を打ち出している。ブームの火付け役となったサントリースピリッツが圧倒的なシェアをもつ市場に風穴を開けようという狙いだ。 キリ…
カテゴリー:

キリンビール、缶ハイボールに再参入 - 06月21日(木)05:31 

 キリンビールは20日、缶ハイボール「ホワイトホース ハイボール」を7月10日に発売すると発表した。40代男性を主なターゲットにし、店頭想定価格は350ミリリットル入りが193円。同社は2012年に缶ハイボールから撤退していたが、飲食店などでのハイボールブームを受け、再参入を決めた。
カテゴリー:

キリンビール、缶ハイボールに再参入 - 06月20日(水)17:58 

 キリンビールは20日、缶ハイボール「ホワイトホース ハイボール」を7月10日に発売すると発表した。同社では平成24年に缶ハイボールから撤退していたが、飲食店などでのハイボールブームを受け、再参入を決めた。
カテゴリー:

マリオット、「Wブリスベン」をオープン - 06月11日(月)12:33 

マリオット・インターナショナルは、「Wブリスベン」を開業した。Wブランドとしてはオーストラリアに再参入となる。 客室数は32室のスイートを含む312室で、最新のテクノロジーやエンターテイメント設備を備えら。3つのレストランとバーを備え、オーストラリアの文化をアレンジした料理や、クイーンズランドの景色を楽しみながらくつろぐことができる。オーストラリアのアイデンティティに加え、ゆったりとした雰囲気と遊び心を持ち合わせ、クイーンズランドの植物や動物といった要素を取り入れ、ブリスベンならではの雰囲気を楽しむことができる。 台湾のShayher Groupが所有し、オーストラリアのNic Graham & Associatesがデザインを手掛けた。象徴的なブリスベン川のほとりというロケーションを尊重し、ブリスベンを代表する有名な美術館へ視覚的につながる“A River Dreaming”のテーマを生かしている。 ブリスベン市内のリバーサイドエリアであるセントラル・ビジネス・ディストリクトに位置し、ブリスベン川を見渡すことができる。 Wホテルは、マリオット・インターナショナルが展開するブランドの一つで、ラグジュアリーに関する既成の概念を飛び越えて新たなホテルブランドとして世界各地に50施設以上を展開している。 ⇒詳細はこちら 投稿 マリオット、「Wブリスベン」をオープン は トラベルメ...more
カテゴリー:

【ビジネス】東芝パソコン、シャープに売却 50億円前後、近く契約へ - 06月05日(火)09:31  newsplus

◆東芝パソコン、シャープに売却 50億円前後、近く契約へ 東芝がパソコン事業をシャープに売却する方針を固めたことが4日、分かった。 経営再建のために不採算事業の切り離しを進めており、昨年から売却先を探していた。 売却額は50億円前後になる見込みで、近く契約を締結する方向で調整している。 シャープは2010年にパソコン事業から撤退しており、再参入になる。 台湾の鴻海精密工業傘下で経営再建が進み、18年3月期決算の純損益が4年ぶりに黒字となったことから事業拡大にかじをきる。 売却するのは子会社の...
»続きを読む
カテゴリー:

Googleの再参入で、ポッドキャストの世界は激変する - 06月22日(金)07:30 

グーグルがAndroid用のポッドキャストアプリ「Googleポッドキャスト」の提供を開始した。競合するアプリと比べると決して多機能とは言えない“ミニマリスト仕様”になっているが、グーグルにしてみればポッドキャストに大転換をもたらすためのスタートでしかない。その理由を説明しよう。
カテゴリー:

【ターゲットは40代男性】キリンビール、缶ハイボールに再参入「ホワイトホース ハイボール」缶を7月10日に発売(350ml 193円) - 06月20日(水)21:08  newsplus

 キリンビールは20日、缶ハイボール「ホワイトホース ハイボール」を7月10日に発売すると発表した。同社では平成24年に缶ハイボールから撤退していたが、飲食店などでのハイボールブームを受け、再参入を決めた。  缶ハイボールでは、サントリースピリッツが業界首位。サントリーが国産ウイスキーとバーボンを使用しているのに対し、後発となるキリンとしては、国内でのスコッチウイスキー販売ではトップの「ホワイトホース」の知名度を生かして、売り込みを進める。  40代男性を主なターゲットにし、店頭想定価格は3...
»続きを読む
カテゴリー:

マリオット、「Wブリスベン」をオープン - 06月11日(月)12:33 

マリオット・インターナショナルは、「Wブリスベン」を開業した。Wブランドとしてはオーストラリアに再参入となる。 客室数は32室のスイートを含む312室で、最新のテクノロジーやエンターテイメント設備を備えら。3つのレストランとバーを備え、オーストラリアの文化をアレンジした料理や、クイーンズランドの景色を楽しみながらくつろぐことができる。オーストラリアのアイデンティティに加え、ゆったりとした雰囲気と遊び心を持ち合わせ、クイーンズランドの植物や動物といった要素を取り入れ、ブリスベンならではの雰囲気を楽しむことができる。 台湾のShayher Groupが所有し、オーストラリアのNic Graham & Associatesがデザインを手掛けた。象徴的なブリスベン川のほとりというロケーションを尊重し、ブリスベンを代表する有名な美術館へ視覚的につながる“A River Dreaming”のテーマを生かしている。 ブリスベン市内のリバーサイドエリアであるセントラル・ビジネス・ディストリクトに位置し、ブリスベン川を見渡すことができる。 Wホテルは、マリオット・インターナショナルが展開するブランドの一つで、ラグジュアリーに関する既成の概念を飛び越えて新たなホテルブランドとして世界各地に50施設以上を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シャープ、PC事業に再参入を表明!かつての栄光蘇るか - 06月06日(水)21:03  news

シャープの戴正呉社長は6日、買収を決めた東芝のパソコン事業について、 「1、2年で黒字化して投資を回収したい」と2年以内の黒字化に意欲を見せた。毎日新聞などの取材に答えた。 当面は国内事業を中心に東芝のブランドである「ダイナブック」を維持し、積極的な構造改革で収益改善に取り組む。 シャープは40億500万円で東芝の子会社「東芝クライアントソリューション」の株式の80.1%を今年10月に取得予定。 東芝のパソコン事業は2017年度に96億円の営業赤字だったが、戴氏は「シャープの管理とダイナブッ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】鴻海傘下のSHARPが東芝のパソコン事業買収へ 買収額は50億円前後★2 - 06月04日(月)23:47  newsplus

シャープは4日、東芝のパソコン事業を買収する方針を固めた。買収額は50億円前後のもようだ。東芝は構造改革の一環で赤字が続く同事業を切り離す。 シャープはパソコンから撤退済みだが、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業は米パソコン大手から大量に生産を受託しており効率生産のノウハウを持つ。グループ基盤を使って再参入し新たな収益源に育てる。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3134864004062018TJ2000?n_cid=SNSTW001 関連スレ 【経済】東芝、半導体子会社の売却発表 2兆円で日米韓連合へ 1年後には社名から「東芝」...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「再参入」の画像

もっと見る

「再参入」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる