「内藤理沙」とは?

関連ニュース

“妖怪の総大将”の正体は、不思議な愛されキャラ!大倉孝二演じる「ぬらりひょん」が大活躍<妖怪シェアハウス> - 08月29日(土)13:54 

小芝風花演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、超絶お節介な妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。これまでお岩さん(松本まりか)、お菊さん(佐津川愛美)、酒呑童子(毎熊克哉)らの活躍で、澪(小芝風花)に振りかかる様々な問題を解決してきた本ドラマ。第4話(8月22日放送)では、片桐仁演じる話題の妖怪・アマビエが、ド派手ビジュアル&個性的なキャラクターで登場。放送後、SNS上では「アマビエ様、コミカルで面白かった」「令和のスーパースター アマビエに大爆笑」「片桐ワールド全開で最高だった」などの感想が寄せられた。そして、8月29日(土)放送の第5話では、澪が“妖怪シェアハウス”の住人・ぬらりひょん(大倉孝二)の力を借りて、“九尾の狐”に立ち向かう!◆大倉孝二、ぬらりひょんを“ぬらりくらり”と熱演第5話で物語のを握るのカギは、大倉孝二演じる“ぬらりひょん”だ。個性派バイプレイヤーとして、ドラマや映画に引っ張りだこの大倉。何事にも“ぬらりくらり”と応じつつたまに“ひょん”と活躍する、ある意味掴みどころのないぬらりひょんを、ときに飄々と、そしてときにコミカルに演じている。『妖怪シェアハウス』のぬらりひょんは、普段は沼田飛世(ぬまた・ひよ)の名で暮らし、弁護士兼経営コンサルタントとして、カレー屋の...more
カテゴリー:

「内藤理沙」の画像

もっと見る

「内藤理沙」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる