「内藤大助」とは?

関連ニュース

面接官に梅沢富美男!「正論地獄」で脱落者が続出 - 05月22日(火)23:35 

AbemaTVのレギュラー番組『リアルカイジGP(グランプリ)』#6が5月20日に放送された。 『リアルカイジGP』は、応募者約35000人の中から様々な番組オリジナルゲームを突破した1名が、国内番組史上最高賞金額となる1億円を手にするまでを、さらにその1名が1億円を手にした時、どのような変化を遂げるのかを追っていく“人生逆転リアリティーショウ”。 この日の放送回では、前回に引き続き、栃木県の山奥で行われた第2ラウンド“ドロップ面接”の模様をお届けした。“ドロップ面接”とは、挑戦者たちがAからEの5つのブロックに分けられ、本大会への熱意や1億円の使い道などを5人1組の面接形式でアピールしていくというもの。しかし、各ブロックには部屋ごとに用意された限定ルールが設定されており、限定ルールを破ってしまうとその瞬間に失格となる。ルールを守りながら1億円への熱意が伝われば合格となり、第3ラウンドに進出することができる、まさに“運”が試されるゲーム。 挑戦者が挑む5つの部屋の中で、今週の放送では、謎に包まれていたE部屋の全貌が明らかになった。E部屋の面接官には、俳優・梅沢富美男の姿が。E部屋の限定ルールは、1億円を手にするにふさわしい人物であるかどうか。面接官の梅沢が「ふさわしくない」と判断したら、即失格となる。梅沢は「世界中のどんな会社でも、面接に来た時に、帽子をかぶったりハチマキをし...more
カテゴリー:

【アメフト】NFLではボーナス支給も 悪質行為の陰に勝利至上主義 日大の反則問題 - 05月16日(水)21:29  mnewsplus

 アメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で、日大選手が悪質な反則行為で相手選手を負傷させた問題は、監督による指示があったとの疑念が浮上している。コーチらが悪質行為を指示する事例は国内外でみられ、過去には従った選手に「ボーナス」を支給していたケースもあった。背景に行き過ぎた勝利至上主義があるとみられ、専門家は「勝ち負けだけでなく、社会に必要とされる人材の育成を」と訴える。  選手に悪質行為が指示された事例は、国内では2007(平成19)年10月、日本人同士の対決となった世界ボクシング...
»続きを読む
カテゴリー:

「内藤大助」の画像

もっと見る

「内藤大助」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる