「具体化」とは?

関連ニュース

県議会一般質問城原川ダム「丁寧に説明」 - 11月13日(火)07:20 

定例県議会は12日、一般質問最終日の質疑を行った。城原川ダム(神埼市)建設を巡り、地元住民から具体的な説明を求める声が上がっていることについて県は「国や神埼市と連携して丁寧な説明に努める」と述べた。佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画などの国防政策に関し山口祥義知事は、国会で議論されるべきとの認識を示した。 城原川ダム事業は本年度、建設の具体化に向けて地質や環境などの調査が行われている。
カテゴリー:

京都人「遠くからようおこしやすー(カッペに見せるものなぞ無いわ!逝ね!)ニッコリ」 - 11月12日(月)15:58  news

京都市が景観政策見直しへ 人口減少解決に規制刷新、識者は異論 京都市が、まちづくりの柱として建築物の高さや土地の用途を定めている 新景観政策と都市計画の見直しを進めている。 背景にあるのは、京都に住んで働く人が減少することへの危機感だ。 識者らの議論では、人口という社会問題と景観問題を結び付けることに戸惑う声もある。 危機感を政策としてどう具体化するかが問われている。 「50年後、100年後を考えた時、京都市に住んで働く人が消えていく。 シティマネジャーとしての焦燥感がある」。先ごろ開...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都市】高さやデザイン規制…景観政策見直しへ 人口減少解決に規制刷新、識者は異論「人口減少で景観政策を考え直す都市はない」 - 11月12日(月)12:28  newsplus

京都市が、まちづくりの柱として建築物の高さや土地の用途を定めている新景観政策と都市計画の見直しを進めている。背景にあるのは、京都に住んで働く人が減少することへの危機感だ。識者らの議論では、人口という社会問題と景観問題を結び付けることに戸惑う声もある。危機感を政策としてどう具体化するかが問われている。 「50年後、100年後を考えた時、京都市に住んで働く人が消えていく。シティマネジャーとしての焦燥感がある」。先ごろ開かれた「新景観政策の更(さら)なる進化検討委員会」の初会合で鈴木章一郎都市計...
»続きを読む
カテゴリー:

自民、国会改革PTを設置 小泉氏「実現なら景色一変」 - 11月09日(金)13:45 

 自民党は8日、国会改革に関するプロジェクトチーム(PT)を設置した。事務局長には、国会改革の必要性を訴えてきた小泉進次郎・厚生労働部会長が就任し、具体化に向けた議論を進める。野党の理解を得た上で実現…
カテゴリー:

《視点》競争条件 - 11月07日(水)06:23 

 イオンのGMS(総合小売業)改革が、衣料品分野でも具体化した。専門大店「iC」(インナーカジュアル)を立ち上げたもので、分社化を目指す。姿形が見えたことで現場に伝わるようになり、何より消費者にアピールすることがで...
カテゴリー:

【安倍首相】内需拡大へ対応指示「消費税増税で景気が腰折れしないよう、しっかりした規模のものを」 最低賃金引き上げも促す★2 - 11月12日(月)19:33  newsplus

政府は12日午前、経済財政諮問会議を開き、今後の経済運営を協議した。民間議員は2019年10月の消費税増税で景気が腰折れしないよう、19年度予算案に盛り込む臨時・特別の措置で「しっかり対応できる規模」の内需拡大策を打ち出すよう提言。最低賃金の引き上げ継続も促した。安倍晋三首相は米中貿易摩擦のリスクも念頭に「内外の経済情勢を注視しながら、経済の回復基調が持続するようしっかり対応する」と述べた。 会議では石井啓一国土交通相が、特別措置の一環として防災対策の公共事業の大幅な強化を要請。首相は対策の具体化を指示...
»続きを読む
カテゴリー:

【安倍首相】内需拡大へ対応指示「消費税増税で景気が腰折れしないよう、しっかりした規模のものを」 最低賃金引き上げも促す - 11月12日(月)13:41  newsplus

政府は12日午前、経済財政諮問会議を開き、今後の経済運営を協議した。民間議員は2019年10月の消費税増税で景気が腰折れしないよう、19年度予算案に盛り込む臨時・特別の措置で「しっかり対応できる規模」の内需拡大策を打ち出すよう提言。最低賃金の引き上げ継続も促した。安倍晋三首相は米中貿易摩擦のリスクも念頭に「内外の経済情勢を注視しながら、経済の回復基調が持続するようしっかり対応する」と述べた。 会議では石井啓一国土交通相が、特別措置の一環として防災対策の公共事業の大幅な強化を要請。首相は対策の具体化を指示...
»続きを読む
カテゴリー:

=連載「1期目の山口流政策点検(1)」= - 11月11日(日)09:30 

再選を目指す佐賀県の山口祥義知事(53)は4年前、初出馬するに当たり、自らの政策を「山口よしのりの考え」としてまとめた。「公約」ともいえる考えを具体化した主な施策の状況を、29日に告示される知事選を前に点検する。 考えの中に「人材ブランドの佐賀県づくり」を掲げた山口知事。任期中は中小企業などで深刻化する人手不足を受け、雇用・労働施策で「人材供給県」からの脱却を目指し、産業を支える若い世代の人材確保に重点的に取り組んできた。
カテゴリー:

アポロ計画に学ぶ、自律型人材を育てるために必要な4つの要因 - 11月08日(木)22:00 

「人は、月になぜ行けたのでしょうか」という問いに対しては、いろいろな角度からの回答が出てくることでしょう。今回の無料メルマガ『起業教育のススメ~子供たちに起業スピリッツを! 』では著者で長く人材育成に関わってきた石丸智信さんが、そんなテーマでおこなわれた、製造現場のリーダーを対象とした研修での学びを下敷きに、物事を進め、成し遂げる要因を解説しています。 物事を進め、成し遂げる要因とは 先日、「アポロ計画のもと、人類は月に行ったのだろうか?」というテーマのTV番組を観ました。それを観て、以前聴講した製造現場のリーダーを対象とした研修の中で、「人は、なぜ月に行くことができたのか」というテーマがあったことを思い出しました。そこで本号では、本研修で学んだ事を踏まえて、本テーマについて考察していきたいと思います。 本研修において、登壇講師は、受講者の皆さんに対して、「人は何故、月に行けたのでしょうか?」という質問が投げかけられました。皆さんは、この質問に対してどのようにお答えになりますか。 講師が質問をした時に、私は「月に行くためのロケットの技術開発などが進んだから」と思いました。受講者の皆さんからは「科学が発達したから」「月に行きたいと思ったから」「地球を知りたいと思ったから」などといった意見が挙げられていました。 講師は、月に行けた要因として3つ挙げていました。 月に行こうという「明確な...more
カテゴリー:

多種多様なロボットの情報を集約したネットワーク実証実験を実施 - 11月05日(月)14:01 

2018/11/5 産業技術大学院大学 多種多様なロボットの情報を集約したネットワーク実証実験を実施~サービスロボットの普及を目指し市場化推進へ~ 産業技術大学院大学(東京都品川区/学長 川田誠一)産業技術研究科の成田雅彦教授と、芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)機械機能工学科の松日楽(まつひら)信人教授は、6種類の異なる機能を持つサービスロボットに対して、サービスロボット用の通信プロトコルRSNP(※1)を介したネットワーク実験を実施、ロボットからの多様な情報の集約を検証しました。この実験は、ロボットサービスイニシアチブ(RSi)(※2)と協力して2018年10月17日から19日にかけて東京ビッグサイトで開催された「Japan Robot Week 2018」にて4ブースで実施されました。これまでも実験を重ねてきましたが、従来の研究よりさらに運用イメージが具体化。異なる機関・企業のロボットから共通のデータ形式で各ロボットの稼働状況データを取得・一括管理したり、移動ロボットからオドメトリを取得してロボットの位置情報を把握できることを確認しました。今回新たにRSNPを使った情報収集モジュールを開発し、ソフトウェアが実装できない企業でも簡単に接続することも可能にしました。今後、地域での実証や参加企業を増やし、サービスロボットの活用の場を広げ、市場化の推進を行う予定です。※1  ...more
カテゴリー:

もっと見る

「具体化」の画像

もっと見る

「具体化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる