「公明党」とは?

関連ニュース

【国民民主党】「付帯決議を行うのであれば、採決するのはやむをえない」IR整備法案 参院内閣委で可決される - 07月19日(木)20:25  seijinewsplus

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備法案は、19日午後、参議院内閣委員会で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決されました。法案は20日、参議院本会議で可決・成立する見通しです。 カジノを含むIR整備法案を審議している参議院内閣委員会は、19日の質疑に先立って理事会を開き、与党側は質疑終了後、直ちに採決したいと提案しましたが、野党側は「審議が深まっておらず、時期尚早だ」と主張し、断続的に協議が行われました。 その結果、同日午後開かれた理事会で、参議院野党第1党の国民民主党...
»続きを読む
カテゴリー:

森ゆうこ「豪雨災害で、赤坂自民亭とその後の私邸引きこもりで初動対応が遅れたのは明らか!安倍政権、異常だ」 ネット「通報しました」 - 07月19日(木)07:56  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/59476 森ゆうこ議員のツイート 豪雨災害で、赤坂自民亭とその後の私邸引きこもりで初動対応が遅れたのは明らか。 反省して災害対応を優先するどころか、国土交通大臣ではなく、カジノ大臣として何が何でもカジノ法を成立させようとする。 安倍政権、自民党、公明党 異常だ! 目を覚ませ! (略) ▼ネット上のコメント ・自分のしたこととテレビに映る自分の醜い顔見てみるといい・・・像策のことじゃない…にじみ出る醜さだ・・・ ・森議員様、国会での和田議員へのヤジは あれはいけません...
»続きを読む
カテゴリー:

【参議院6増】特定枠、野党も関心 「重点候補を優先的に当選させられる」と立憲幹部-参院選改革 - 07月19日(木)01:56  seijinewsplus

 参院選挙制度改革で新たに導入された「特定枠」。提唱した自民党を「党利党略」と批判してきた野党だが、「使い勝手がいい」との指摘もあり、将来の活用については含みを残している。  特定枠は、比例代表名簿の登載順位によって当選者が決まる拘束名簿式を一部復活させたものだ。「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区対象県の候補を救済する狙いがある。自民党島根県連会長の竹下亘総務会長は18日の記者会見で「立候補できない状況を避けるためどうしても必要だ」と意義を強調した。  自民党は来夏の参院選の1次公認を20日に...
»続きを読む
カテゴリー:

【天下の悪法】野党、参院6人増「特例枠」に「民主主義の破壊につながる安倍自民の暴挙」と一斉批判へ - 07月18日(水)18:56  news

参院定数を6増やし、比例代表に「特定枠」を設ける自民党の改正公職選挙法が成立したことを受け、野党各党は18日、「天下の悪法」(国民民主党の玉木雄一郎共同代表)などと一斉に批判した。  公明党からは自民案に賛成したことに苦しい釈明の声が漏れた。  立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に対し、「このご時世に議員定数を増やす法案を強行するのは言語道断。自民党の横暴、ここに極まれりだ」と強く非難した。  玉木氏は「自民党のための悪法が数の力で強行されたことは民主主義の破壊につながる」と批判した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【立憲・白真勲氏】「人命よりもカジノ、賭博優先だとしか言いようがない」 - 07月17日(火)14:28  seijinewsplus

野党が追及“カジノより西日本豪雨対応を” 国会では、カジノを含むIR(=統合型リゾート)整備法案について、与党側は17日にも委員会採決に踏み切る構え。しかし、野党側は西日本豪雨への対応を優先すべきだと強く批判している。 野党側は、法案の審議は次の国会に先送りすべきだと主張したが、安倍首相は、法案審議は災害対応の支障にはならないと反論した。 立憲民主党・白真勲議員「自民党と公明党が、完全に人命よりもカジノ、要は賭博優先だとしか言いようがないですよ、今の状況ですと」 安倍首相「連日、非常災害対策...
»続きを読む
カテゴリー:

公明・北側氏、野党に「自信を持って改憲論議参加して」 - 07月19日(木)14:19 

■北側一雄・公明党中央幹事会会長(発言録) (今国会で具体的な改憲論議が進まなかったことについて)憲法改正は普通の法律とは全く性格が異なる。まず発議できるのは国会だけであり、政府が関与する立場には全く…
カテゴリー:

【定数6増】野党、「天下の悪法」と一斉批判 立民・辻元「自民の横暴、ここに極まれり」 国民民主・玉木「民主主義の破壊につながる」 - 07月19日(木)07:08  seijinewsplus

◆野党、「天下の悪法」と一斉批判=公明は苦しい釈明 時事ドットコムニュース  参院定数を6増やし、比例代表に「特定枠」を設ける自民党の改正公職選挙法が成立したことを受け、野党各党は18日、「天下の悪法」(国民民主党の玉木雄一郎共同代表)などと一斉に批判した。公明党からは自民案に賛成したことに苦しい釈明の声が漏れた。  立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に対し、「このご時世に議員定数を増やす法案を強行するのは言語道断。自民党の横暴、ここに極まれりだ」と強く非難した。  玉木氏は「自民党のため...
»続きを読む
カテゴリー:

公明党、定数6増賛成について「やむを得ない、ぎりぎりの選択だった」 - 07月18日(水)20:55  poverty

 参院定数を6増やし、比例代表に「特定枠」を設ける自民党の改正公職選挙法が成立したことを受け、野党各党は18日、「天下の悪法」(国民民主党の玉木雄一郎共同代表)などと一斉に批判した。公明党からは自民案に賛成したことに苦しい釈明の声が漏れた。  立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に対し、「このご時世に議員定数を増やす法案を強行するのは言語道断。自民党の横暴、ここに極まれりだ」と強く非難した。  玉木氏は「自民党のための悪法が数の力で強行されたことは民主主義の破壊につながる」と批判した。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ人を守る「ダム」が命を奪ったか。西日本豪雨に見る3つの課題 - 07月18日(水)05:00 

想定を遥かに上回る雨量で、200人を超える犠牲者を出してしまった「平成30年7月豪雨」。愛媛県西予市などではダムの放流により肱川が氾濫し、9人の方の命が奪われる事態となりました。作家の冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、ダムを巡る3つの問題点を上げ、「ダム政策の総見直し」を提言しています。 豪雨災害を教訓に、ダム政策の総見直しを 西日本豪雨の災害は、発生から10日を経ても依然として事態の全容は解明されていません。そんな中で、多くの水害において「ダム」あるいは「砂防ダム」の問題が絡んでいることが徐々に明らかになってきています。 この「ダム」の問題ですが、大きく分けて3つの問題があると思います。 1つ目は、ダムが満水になった場合の放流についてです。その典型的な例としては、7月7日に愛媛県の西予市などに深刻な被害をもたらした「肱川(ひじかわ)」の氾濫です。この氾濫は、肱川の上流にある「野村ダム」と「鹿野川ダム」が満水になる危険が生じたために、国交省四国地方整備局として「2つのダムでは入ってきた水の量と同じ量を放流する」良いう異例の措置を取ったために発生しました。 問題は、その放水量が安全基準の6倍という猛烈なものだったということです。国交省の四国地方整備局は災害の4日後に当たる7月11日に会見を行って、この操作は適切なものだったとしています。ですが、問題は、その...more
カテゴリー:

立憲民主党ってなんで支持率上がらないの?   - 07月16日(月)13:58  poverty

笑わずに教えて https://www.jiji.com/jc/article?g=pol&k=2018071300811&p=20180713ax04&rel=pv  政党支持率は、自民党が25.4% 立憲民主党4.7%。以下、公明党3.7%、共産党2.1%、 日本維新の会1.1%、社民党1.0%、国民民主党0.6%など。支持政党なしは58.2% (2018/07/13-15:05)   ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「公明党」の画像

もっと見る

「公明党」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる