「八手三郎」とは?