「全面リニューアル」とは?

関連ニュース

りんかい線、2022年度にも新型車両導入へ - 06月14日(木)08:11 

東京臨海高速鉄道は、2022年度をめどにりんかい線に新型車両を導入すると発表した。 同社が6月11日に公開した経営改革プランによると、「利用客の利便性・快適性の更なる向上に繋がる取組の加速化」として、新型車両導入に向けた事業計画を2018年度中に策定。2019年度中に新型車両の仕様を検討し、2020年度にかけて設備関係の設計を行う。 りんかい線では現在、1996年の開業当初に導入された70-000形電車が使用されているほか、直通するJR東日本所属のE233系7000番台電車が乗り入れている。導入計画が予定通り進めば、同社にとっては約26年ぶりの新型車両となる。 このほか同プランには、全駅のトイレ洋式化やパウダーコーナーの設置などの化粧室全面リニューアル、東京テレポート・国際展示場駅におけるエレベーター増設によるバリアフリー化推進などが盛り込まれている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2) - 06月13日(水)08:45 

 前回の記事「デパ地下で「せんべろ」も――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖」では、6月1日に第1期新装オープンを迎えた「阪神梅田本店」(大阪市北区)について、地階「スナックパーク」を中心に、生まれ変わった同 […]
カテゴリー:

鉄道博物館で企画展「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」を開催 - 06月10日(日)08:00 

2018年4月28日(土)~9月30日(日)の期間、鉄道博物館2Fスペシャルギャラリーで「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」の企画展が開催されている。 【写真を見る】明治初期の新橋機関庫 2018年(平成30)は、日本の元号が「明治」と改められて満150年の節目の年にあたる。同企画展では、幕末期における日本人と鉄道との関わり、明治に入り鉄道建設開始にあたってのお雇い外国人の招聘とその活躍、その後の日本人の自立による鉄道技術の進化について紹介する内容となっている。 ロケット号模型をはじめ、松永芳正「鉄道造営日記」や錦絵「汐留ヨリ横浜迄鉄道開業御乗初諸人拝礼之図」など、当事の様子を知る数々の資料が堪能できる。日本の歴史とともに進化する鉄道について学ぶことができるとあって、親子にも人気の企画展だ。 また、2018年7月5日(木)には、鉄道博物館新館がオープンする。鉄道博物館では、2017年4月のキッズプラザ・科学ステーション等のオープンを皮切りに、順次本館内のリニューアル工事を勧めており、2018年7月5日(木)、 鉄道博物館リニューアル工事の集大成として、新館がいよいよオープン。 現在、「新館オープン及び本館の全面リニューアル」に先立ち、E1系新幹線電車(E153-104)の屋外展示を開始している。ぜひ、この機会に家族で鉄道博物館へ出かけてみよう!(東京ウォーカー(全国版)...more
カテゴリー:

アプリ「アニメビーンズ」リリース、配信アニメが“待つと全話無料”に - 06月08日(金)20:33 

プロダクション・アイジーが提供するアニメ配信アプリ「タテアニメ」が全面リニューアル。新アプリ「アニメビーンズ」として本日6月8日に提供開始された。
カテゴリー:

“縦型アニメ”が楽しめる動画アプリ「アニメビーンズ」--プロダクションI.Gが提供 - 06月08日(金)15:00 

プロダクション・アイジーは6月8日、同社が提供する“縦型アニメ”を配信するアプリ「タテアニメ」を全面リニューアルし、新たに「アニメビーンズ」としてサービスを開始したと発表した。
カテゴリー:

りんかい線、2022年度にも新型車両導入へ - 06月14日(木)08:11 

東京臨海高速鉄道は、2022年度をめどにりんかい線に新型車両を導入すると発表した。 同社が6月11日に公開した経営改革プランによると、「利用客の利便性・快適性の更なる向上に繋がる取組の加速化」として、新型車両導入に向けた事業計画を2018年度中に策定。2019年度中に新型車両の仕様を検討し、2020年度にかけて設備関係の設計を行う。 りんかい線では現在、1996年の開業当初に導入された70-000形電車が使用されているほか、直通するJR東日本所属のE233系7000番台電車が乗り入れている。導入計画が予定通り進めば、同社にとっては約26年ぶりの新型車両となる。 このほか同プランには、全駅のトイレ洋式化やパウダーコーナーの設置などの化粧室全面リニューアル、東京テレポート・国際展示場駅におけるエレベーター増設によるバリアフリー化推進などが盛り込まれている。 ⇒詳細はこちら 投稿 りんかい線、2022年度にも新型車両導入へ は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

【社会】ANA、ガラケーサイト6月末終了 約19年4カ月で幕を閉じる・・・ガラケーユーザーが減少したため - 06月10日(日)08:45  newsplus

全日本空輸(ANA/NH)は、「ガラケー」と呼ばれる従来の携帯電話(フィーチャーフォン)用ウェブサイトを6月30日を最後に廃止する。スマートフォンの利用増加と、ガラケーユーザー減少によるもの。1999年2月のサービス開始から、約19年4カ月で幕を閉じる。  ANAのガラケー用サイトは、1999年2月22日にNTTドコモ(9437)の携帯電話向け情報サービス「iモード」のスタートと同時に開設。当初は国内線の予約や空席照会、発着案内などから始まった。  その後はクレジットカードによる航空券決済にも対応。2004年10月1日には、開設以来5...
»続きを読む
カテゴリー:

デパ地下で「せんべろ」も――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖 - 06月09日(土)08:45 

 6月1日、大阪・梅田に早朝から行列ができていた。その先にあったのは、朝日を浴びて光り輝く真新しいビル。この日、大阪・梅田の老舗デパート「阪神梅田本店」(大阪市北区)が建替リニューアルオープンを遂げたのだ。  永年に亘っ […]
カテゴリー:

プロダクション・アイジーの新アニメ配信アプリ開始 『タテアニメ』のほか『進撃の巨人』も視聴可能 - 06月08日(金)15:00 

 人気アニメ『進撃の巨人』や『魔法使いの嫁』などで知られるプロダクション・アイジー(I.G)が提供するアニメ配信アプリ『タテアニメ』が8日、全面リニューアルし、新サービスとなる『アニメビーンズ』が配信された。 【画像】『魔法使いの嫁』『カラダ探し』も視聴できる  『タテアニメ』は、スマートフォンでの視聴に最適化した、アニメ配信サービス史上初となるタテ型アニメを配信するアプリとして、2017年6月からスタート。そのリニューアルとなる『アニメビーンズ』は、『タテアニメ』で配信していた作品に加えて、新作4タイトルを配信し、計26作品のうち23作品は独占配信となっている。  また、『進撃の巨人』などIGポートグループが作成した人気アニメ約10作品も、新設する『ヨコアニメ』枠で配信を開始。話題漫画のタテアニメ化や人気アニメのスピンオフなど順次タイトルが追加される。  無料話以外はポイントを消費して視聴する従来のスタイルを一新し、“待つと全話無料”のスタイルを新たに採用。初回に8話程度をまとめて配信し、1話・2話は常時無料で公開する。毎週金曜日に2話以降の続きの話が1週間無料開放され、同時に新しい話(有料話)が追加される。これは、更新を待てば最終回まで無料で視聴できるスタイルで、定額制や一部有料視聴が主流のアニメ配信サービスとしては異例の試みとなる。  年内にはインディーズ枠も新設し...more
カテゴリー:

「全面リニューアル」の画像

もっと見る

「全面リニューアル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる