「全国高校総体」とは?

関連ニュース

【TBS】ハンドボール男子の肘打ち問題で「サンジャポ」出演者提言「学校同士で話を」 社会問題化する風潮に疑問を呈する声相次ぐ - 07月08日(日)18:51  mnewsplus

ハンド肘打ち問題で「サンジャポ」出演者提言「TVでやること?」「学校同士で話を」 7/8(日) 14:07配信 デイリースポーツ https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/08/0011426029.shtml https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000067-dal-ent デーブ・スペクター ハンドボール男子の全国高校総体大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手の肘が桃山学院の選手の胸付近に当たるラフプレーがあった問題を8日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」が取り上げた。 出演者からは、「テレビでやることか?とは思います」、「...
»続きを読む
カテゴリー:

【ハンドボール】大体大浪商、ひじ打ちで謝罪 桃山学院は納得せず 浪商、インターハイ出場は辞退せず - 07月06日(金)13:47  mnewsplus

 6月にあった全国高校総体ハンドボール男子の大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手が桃山学院の選手にひじ打ちをしたプレーがあり、浪商が5日、謝罪会見を開いた。浪商と大阪高校体育連盟は特定の選手を狙った意図的なものではないとするが、桃山側は納得せず、さらに調査を求めている。  後半、浪商選手がマークにつく桃山選手をふりほどく際、右ひじが胸部付近に強く当たり、選手は後ろに倒れ込んだまましばらく動けなかった。審判はこのプレーを見逃した。試合は29―28で浪商が勝った。  大阪高体連が桃山からの申し出を受...
»続きを読む
カテゴリー:

ひじ打ちで謝罪、相手校納得せず 高校ハンドボール - 07月05日(木)22:45 

 6月にあった全国高校総体ハンドボール男子の大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手が桃山学院の選手にひじ打ちをしたプレーがあり、浪商が5日、謝罪会見を開いた。浪商と大阪高校体育連盟は特定の選手を狙った意図…
カテゴリー:

【バスケ審判員殴打】審判殴った高校バスケ留学生帰国へ 人種差別・暴力的な電話・メールが殺到したことが早期帰国を決めた一因に★3 - 06月24日(日)09:24  newsplus

人種差別的な電話相次ぐ バスケ審判殴った留学生帰国へ 吉田耕一  「スイマセン、スイマセン」。コンゴ民主共和国から来日した少年(15)は試合後、監督に抱き付き、校長にひざまずいて号泣しながら何度も謝ったという。  全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で延岡学園の留学生が審判を殴った問題で、同校は23日、少年の帰国を発表した。  問題発生直後から学校に人種差別的な電話などが殺到したことも、早期帰国を決めた一因だという。  学校が発表した処分は次の内容。①寮で謹慎している留学生の留学を取...
»続きを読む
カテゴリー:

【バスケ審判員殴打】審判殴った高校バスケ留学生帰国へ 人種差別・暴力的な電話・メールが殺到したことが早期帰国を決めた一因に★ - 06月24日(日)00:12  newsplus

人種差別的な電話相次ぐ バスケ審判殴った留学生帰国へ 吉田耕一  「スイマセン、スイマセン」。コンゴ民主共和国から来日した少年(15)は試合後、監督に抱き付き、校長にひざまずいて号泣しながら何度も謝ったという。  全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で延岡学園の留学生が審判を殴った問題で、同校は23日、少年の帰国を発表した。  問題発生直後から学校に人種差別的な電話などが殺到したことも、早期帰国を決めた一因だという。  学校が発表した処分は次の内容。①寮で謹慎している留学生の留学を取...
»続きを読む
カテゴリー:

ハンドボール問題:大阪高体連が再調査 SNS投稿で - 07月06日(金)19:08 

 男子ハンドボールの全国高校総体大阪府予選決勝(6月、堺市)で大体大浪商高の選手が相手選手の胸に肘を当てる「肘打ち」の反則行為をした問題で、大阪高校体育連盟は6日、事実関係を再調査することを明らかにした。大体大浪商の当該選手とは別の2選手が試合前、SNSで相手を「ぶっ殺す」などと投稿した件と反則行為
カテゴリー:

【ハンドボール】大体大浪商、ラフプレー謝罪=意図的行為は否定 - 07月05日(木)23:14  mnewsplus

 ハンドボール男子の全国高校総体出場を懸けた大阪府の大会を制した大体大浪商の選手にラフプレーがあったと指摘された問題で、同校関係者が5日、大阪府内で記者会見し、意図的プレーではなかったと釈明した上で、けがにつながる危険性があったことを謝罪した。  問題の試合は6月10日に堺市内で行われた桃山学院との決勝戦。大体大浪商によると、同校選手が攻撃中にゴール近くで位置取りをしている際、相手選手にユニホームを引っ張られ、振りほどこうとして肘が相手の胸部を突いた。大体大浪商の工藤哲士教頭は、当該選手からの...
»続きを読む
カテゴリー:

大体大浪商、ラフプレー謝罪=意図的行為は否定-ハンドボール - 07月05日(木)22:23 

 ハンドボール男子の全国高校総体出場を懸けた大阪府の大会を制した大体大浪商の選手にラフプレーがあったと指摘された問題で、同校関係者が5日、大阪府内で記者会見し、意図的プレーではなかったと釈明した上で、けがにつながる危険性があったことを謝罪した。 問題の試合は6月10日に堺市内で行われた桃山学院との決勝戦。大体大浪商によると、同校選手が攻撃中にゴール近くで位置取りをしている際、相手選手にユニホームを引っ張られ、振りほどこうとして肘が相手の胸部を突いた。大体大浪商の工藤哲士教頭は、当該選手からの聞き取りや動画を検証した結果、「反射動作であり、意図的な行為は認められなかった」と説明。ただしプレーは指導不足によるものとし、桃山学院の選手や保護者、同校に対して「深くおわび申し上げます」と述べた。 当該選手ではない部員2人がSNSを通じ、ラフプレーを予告するかのようなやりとりをしていたことも判明した。これについて工藤教頭は「予告ではないと認識している」とし、投稿については陳謝した。高校総体出場は辞退しないという。 [時事通信社]
カテゴリー:

「スイマセン、スイマセン」審判殴ったコンゴバスケ留学生に対して学校に人種差別的な電話相次ぐ - 06月24日(日)04:03  news

人種差別的な電話相次ぐ バスケ審判殴った留学生帰国へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000071-asahi-spo 「スイマセン、スイマセン」。コンゴ民主共和国から来日した少年(15)は試合後、監督に抱き付き、校長にひざまずいて号泣しながら何度も謝ったという。 全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で延岡学園の留学生が審判を殴った問題で、同校は23日、少年の帰国を発表した。問題発生直後から学校に人種差別的な電話などが殺到したことも、早期帰国を決めた一因だという。  学校が発表した...
»続きを読む
カテゴリー:

【スポーツ】人種差別的な電話相次ぐ バスケ審判殴った留学生帰国へ - 06月23日(土)23:14  liveplus

 「スイマセン、スイマセン」。コンゴ民主共和国から来日した少年(15)は試合後、監督に抱き付き、 校長にひざまずいて号泣しながら何度も謝ったという。全九州高校体育大会のバスケットボール 男子準決勝で延岡学園の留学生が審判を殴った問題で、同校は23日、少年の帰国を発表した。 問題発生直後から学校に人種差別的な電話などが殺到したことも、早期帰国を決めた一因だという。  学校が発表した処分は次の内容。 ①寮で謹慎している留学生の留学を取りやめて6月中に帰国させる ②男子バスケ部は8月の全国高校総体(イ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「全国高校総体」の画像

もっと見る

「全国高校総体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる