「全国劇場」とは?

関連ニュース

けもフレのユニット『どうぶつビスケッツ』10・4「世界動物の日」メジャーデビュー決定 - 07月17日(火)22:00 

 人気アニメ『けものフレンズ』に登場するキャラクターのサーバル・フェネック・アライグマのユニット『どうぶつビスケッツ』が、世界動物の日の10月4日にアルバム『さふぁりどらいぶ♪」でメジャーデビューすることが決定した。 【写真】キュートな写真集を発売したサーバル役の尾崎由香  どうぶつビスケッツはサーバル(CV:尾崎由香)・フェネック(本宮佳奈)・アライグマ(小野早稀)によるジャパリパークのどったんばったんな3人組ユニット。ジャパリパークのペンギンアイドルユニット・PPP(ペパプ)との総勢8人によるコラボユニット「どうぶつビスケッツ×PPP」が歌唱するアニメ主題歌「ようこそジャパリパークへ」は2017年を代表するヒット曲となり、第十二回声優アワードで歌唱賞を受賞した。  今作のコンセプトは『どうぶつビスケッツのサーバル、フェネック、アライグマの3人がある日、ジャパリパークの片隅で“おんがくのモト”を発見。友達のPPPと協力して“おんがくのモト”から復活させた“うた”をジャパリパークいっぱいに届けることに!?』。収録曲はどうぶつビスケッツとしての新曲3曲に加え、サーバル、フェネック、アライグマそれぞれのソロ新曲なども収録予定となっている。 【関連記事】 『ジョジョ』第5部アニメ化決定で10月より放送 キャストは7・5のイベントで発表 『機動戦士ガンダム』シリーズがハリウッドで...more
カテゴリー:

『ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー』本ポスター&鳥山明コメント到着 - 07月10日(火)06:00 

 12月14日より公開する劇場版『ドラゴンボール』20作品目の正式タイトルが、映画『ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー』に決定し、本ポスタービジュアル、前売り特典の情報も解禁となった。さらに、原作者である鳥山明からのコメントが到着した。【写真】映画『ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー』フォトギャラリー 解禁された本ポスタービジュアルでは、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後に、“伝説の超サイヤ人”ブロリーの姿が描かれている。「最大の敵、サイヤ人。」というコピーの通り、本作は“サイヤ人”の物語を紡ぐ。“地球育ちのサイヤ人悟空”“サイヤ人の王子ベジータ”“伝説の超サイヤ人ブロリー”。それぞれ違う運命をたどってきた3人のサイヤ人は、どのように出会うのか? 鳥山は「みなさん、ブロリーって知っていますか? 昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました」としたうえで「そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、そんなことから『今度の映画はブロリーにしませんか?』と担当さんから提案されました」とコメント。 「当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話...more
カテゴリー:

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』伝説のサイヤ人が登場!前売り特典解禁 - 07月09日(月)22:02 

2018年12月14日(金)より公開される、劇場版『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画の正式タイトルが決定。その名も、映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』(配給:東映)だ。この度、本ポスタービジュアルと前売り特典が解禁、さらに鳥山明先生よりコメントが到着した。先日公開されたティザーでは悟空と戦う何者かの姿が……。立ちはだかる敵のビジュアルこそ定かではないが、そのオーラを纏う姿は紛れもなくサイヤ人。そんな敵の姿にファンの間で憶測が飛び交い、原作者である鳥山先生も「とっておきの強敵」とコメントした悟空の相手が明らかとなった。タイトルからもわかるように、本作の敵は“伝説の超サイヤ人”ブロリー。過去の劇場版(※注釈1)でも度々登場し、日本だけでなく海外でも大人気のキャラクターだが、本作では新たに鳥山先生が『ドラゴンボール超』の世界観で描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。今回解禁された本ポスタービジュアルでは、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後に、ブロリーの姿が……。「最大の敵、サイヤ人。」のコピーの通り、本作は“サイヤ人”の物語。“地球育ちのサイヤ人悟空”、”サイヤ人の王子ベジータ“、“伝説の超サイヤ人ブロリー”、とそれぞれ違う運命をたどってきた3人のサイヤ人がどのように出会うのか……。サイヤ人のバックボーンに迫った本作の内容を表したビジュアルとなっ...more
カテゴリー:

【アニメ/小説】「続・終物語」今秋より劇場でイベント上映、第2弾キービジュアルに老倉育(おいくらそだち) 西尾維新原作 - 07月08日(日)01:22  moeplus

「続・終物語」今秋より劇場でイベント上映、第2弾キービジュに老倉育 2018年7月7日 8:00 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/290134 「続・終物語」の第2弾キービジュアル。 「〈物語〉シリーズ ぷくぷく」キービジュアル 「続・終物語」のキービジュアル。 「〈物語〉シリーズ ぷくぷく」の主題歌である、princess a? la mode「wicked prince」。 「続・終物語」第1弾PV │ 2018年秋 全国劇場にてイベント上映決定 https://youtu.be/zOUn_LnUzNA 「続・終物語」アニメ化解禁PV https://youtu.be/R...
»続きを読む
カテゴリー:

「続・終物語」今秋より劇場でイベント上映、第2弾キービジュに老倉育 - 07月07日(土)08:00 

テレビアニメ〈物語〉シリーズの最新作「続・終物語」が、今秋より全国劇場にてイベント上映されることが決定した。
カテゴリー:

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』伝説のサイヤ人が登場!前売り特典解禁 - 07月10日(火)08:00 

2018年12月14日(金)より公開される、劇場版『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画の正式タイトルが決定。その名も、映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』(配給:東映)だ。この度、本ポスタービジュアルと前売り特典が解禁、さらに鳥山明先生よりコメントが到着した。先日公開されたティザーでは悟空と戦う何者かの姿が……。立ちはだかる敵のビジュアルこそ定かではないが、そのオーラを纏う姿は紛れもなくサイヤ人。そんな敵の姿にファンの間で憶測が飛び交い、原作者である鳥山先生も「とっておきの強敵」とコメントした悟空の相手が明らかとなった。タイトルからもわかるように、本作の敵は“伝説の超サイヤ人”ブロリー。過去の劇場版(※注釈1)でも度々登場し、日本だけでなく海外でも大人気のキャラクターだが、本作では新たに鳥山先生が『ドラゴンボール超』の世界観で描くブロリーが悟空の前に立ちはだかる。今回解禁された本ポスタービジュアルでは、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後に、ブロリーの姿が……。「最大の敵、サイヤ人。」のコピーの通り、本作は“サイヤ人”の物語。“地球育ちのサイヤ人悟空”、”サイヤ人の王子ベジータ“、“伝説の超サイヤ人ブロリー”、とそれぞれ違う運命をたどってきた3人のサイヤ人がどのように出会うのか……。サイヤ人のバックボーンに迫った本作の内容を表したビジュアルとなっ...more
カテゴリー:

映画『ドラゴンボール』正式タイトル決定 今作の敵は伝説のサイヤ人・ブロリー - 07月10日(火)06:00 

 人気アニメ『ドラゴンボール』の劇場版シリーズ20作目の正式タイトルが『ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー』(12月14日公開)に決定した。あわせてポスタービジュアルも解禁し、原作者の鳥山明氏からコメントも寄せられた。 【画像】前売り券告知ビジュアル  同作は、3月に最終話を迎えたフジテレビ系『ドラゴンボール超』を映画化し、アニメ最終話のその後の悟空たちが描かれる。テーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。『ドラゴンボールZ 神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人。そして、それに負けじとさまざまな宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人の存在、悟空たちの強さの原点を描く。  悟空の敵となるのは伝説の超サイヤ人・ブロリー。ポスタービジュアルでは、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後に、ブロリーの姿が。“地球育ちのサイヤ人悟空”、“サイヤ人の王子ベジータ”、“伝説の超サイヤ人ブロリー”、とそれぞれ違う運命をたどってきた3人のサイヤ人がどのように出会うのか…。今回はフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれており、サイヤ人のバックボーンに迫った内容を表したビジュアルになっている。 ■鳥山明氏コメント みなさん、ブロリーって知っていますか? 昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が...more
カテゴリー:

『ゴブリンスレイヤー』10月放送開始 劇中音楽は『リゼロ』の末廣健一郎氏 - 07月09日(月)21:14 

 テレビアニメ『ゴブリンスレイヤー』が10月から放送されることが9日、発表された。あわせてメインビジュアルと第2弾PVが解禁され、公式サイトもオープン。劇中音楽は『Re:ゼロから始める異世界生活』(リゼロ)『はたらく細胞』などを手がけた末廣健一郎氏が担当する。 【画像】ゴブリンスレイヤーが描かれた第1弾ビジュアル  同作は、手段を選ばずゴブリンの討伐だけをする冒険者・ゴブリンスレイヤーの活躍を描いたダークファンタジー。WEBで発表されていた作品がGA文庫(SBクリエイティブ)より書籍化。『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)では、黒瀬浩介氏の作画による本作のコミカライズが連載されている。  メインビジュアルとPVでは、ゴブリンスレイヤーのパーティメンバーたち女神官、妖精弓手、鉱人道士、・蜥蜴僧侶のビジュアルが初公開された。  公式サイトがオープンし、『少女週末旅行』で知られる尾崎隆晴監督は「その男は、超人的な能力を持っていたり天性の才能に覚醒したヒーローではない。地道に積み重ねた経験のみを武器に戦うプロフェッショナル。ゴブリンスレイヤーは、今までのファンタジーものにはないリアルでバイオレンスな戦いの描写にその魅力があります。彼と仲間たちの冒険を楽しみにしていてください」とコメントした。 ■スタッフ情報 キャラクター原案:神無月昇 監督:尾崎隆晴 シリーズ構成・脚...more
カテゴリー:

続・終物語:アニメが今秋劇場上映 老倉育を描いたビジュアルも公開 - 07月07日(土)08:00 

 西尾維新さんの人気小説「<物語>シリーズ」が原作のアニメ「続・終物語」が、今年の秋に全国劇場でイベント上映されることが7日、明らかになった。同作に登場するキャラクター老倉育(おいくら・そだち)を描…
カテゴリー:

アニメ『続・終物語』今秋全国劇場でイベント上映決定 第2弾キービジュアルとPV公開 - 07月07日(土)08:00 

 2009年『化物語』を第一作としてはじまった「西尾維新アニメプロジェクト」。16年には初の劇場作品となる『傷物語』3部作が公開され、昨年夏に『終物語』全7話を放送。そして、テレビアニメ<物語>シリーズの最新作『続・終物語』が、今秋より全国劇場にてイベント上映されることが決定した。 【画像】アニメ化決定時のキービジュアル  同作は、<物語>シリーズのファイナルシーズンの完結編として「終物語」のその後を描いた作品。高校の卒業式の翌朝。顔を洗おうと洗面台の鏡に向かい合った暦は、そこに映った自分自身に見つめられている感覚に陥る。思わず鏡に手を触れると、そのまま指先が沈み込んでいき…。気がついたとき、暦はあらゆることが反転した世界にいたという物語。  また、本作品に登場する老倉育を用いた、第2弾キービジュアルとアニメ本編の映像を用いたPVが公開された。 ■スタッフ情報 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 監督:新房昭之 シリーズ構成:東冨耶子、新房昭之 キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫 アニメーション制作:シャフト ■キャスト情報 阿良々木暦:神谷浩史 戦場ヶ原ひたぎ:斎藤千和 八九寺真宵:加藤英美里 神原駿河:沢城みゆき 千石撫子:花澤香菜 羽川翼:堀江由衣 阿良々木火燐:喜多村英梨 阿良々木月火:井口裕香 斧乃木余接:早見沙織 老倉育:井上麻里奈 【関...more
カテゴリー:

もっと見る

「全国劇場」の画像

もっと見る

「全国劇場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる