「児嶋一哉」とは?

関連ニュース

髙木雄也、『そこんトコロ!』新レギュラーに! 児嶋一哉とポンコツ争い? - 07月07日(土)07:00 

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの髙木雄也が、テレビ東京系バラエティ番組『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(毎週金曜21:00~)の新レギュラーとして加入することが7日、明らかになった。
カテゴリー:

イジられ芸の価値が向上 先人の愚直な努力で信頼勝ち得る - 07月04日(水)08:40 

 もはやNo.1リアクション芸人どころか、今や一番勢いがある芸人と言ってもいい出川哲朗。老若男女を問わず「出川さん」と呼ばれ、好感度も高いのだが、かつては「抱かれたくない芸能人」や「嫌いな芸能人」上位の常連であり、一般的な呼称も「出川!」だった。当時、リアクション芸やスベリ芸など、いわゆる“イジられ芸”は、ワンランク下の芸と見られ軽視されていたのだ。ところが今では、いかに上手にイジってもらえれるのか、芸人としての技量が求められることも浸透し、世間でも“イジられ芸”が、リスペクトの対象となっているイメージさえある。 【写真】上島竜兵、元アイドル野呂佳代にキス「好きになりそう」 ■“イジられ芸”の先駆者だった片岡鶴太郎、だが一般的な認識の低さからか役者へとシフトチェンジ  “イジられ芸”のルーツは1980年代前半、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の片岡鶴太郎、稲川淳二あたりにあるとされる。実際は稲川の登場はわずかだったが、鶴太郎がビートたけしに熱々のおでんを無理やり口に入れられたり、わざと熱々のコンニャクを鼻や頬など口以外に押しつけられて苦悶するという、いわゆる“おでん芸”がここからスタートしたのだ。  また、稲川淳二にしても『ひょうきん族』のみならず、他のバラエティ番組で「猛獣のいる檻に閉じ込められる役」的なポジションを獲得しており、両者ともイジられ芸人の先駆者だった...more
カテゴリー:

【アニメ】「アンパンマン」30周年で、戸田恵子(60)「アンパンマンは100年続く番組、力の限りがんばっていきます」と力強く宣言 - 06月30日(土)21:08  mnewsplus

「アンパンマン」30周年で、戸田恵子「100年続く番組」と力強く宣言 2018年6月30日 18:13 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/289165 映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」初日舞台挨拶の様子。前列左から児嶋一哉、杏、戸田恵子。後列はドリーミング。 戸田恵子 映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」ビジュアル 映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」の初日舞台挨拶が、本日6月30日に東京・バルト9にて開催され、アンパンマン役...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】ウッチャンナンチャンやナインティナインも!? 芸能界「犬猿の仲コンビ」実名暴露 - 07月04日(水)11:31  mnewsplus

https://taishu.jp/articles/-/60032?page=1 2018.07.04 06:00 「お前と俺で天下を獲ろう!」 そう誓ってスターへの階段を駆け上った2人はいつからか話もしないし、目も見ない。サンドウィッチマン、おぎやはぎ、博多華丸・大吉、オードリー……テレビで見ない日がない“人気芸人”たちだが、彼らに共通するのは「コンビ仲」がバツグンに良いこと。「現在のテレビ界において、芸人に求められるのは、とがった笑いより“好感度”。コンビ仲が良いと“優しい”“性格がいい”といったポジティブなイメージが抱かれやすく、好感度が高くなる。主...
»続きを読む
カテゴリー:

映画『アンパンマン』動員・興収の両方で歴代最高となる大ヒットスタート! - 07月02日(月)19:44 

6月30日に全国208スクリーンで公開となった『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』。この映画が週末土日2日間(6月30日、7月1日)で観客動員11万2116人、興行収入1億2108万500円を記録し(東京テアトル調べ)、週末興行成績ランキングで『パンク侍、斬られて候』を上回る4位にランクインし、シリーズ歴代最高となる大ヒットスタートを切ったことがわかった。 やなせたかしの絵本「アンパンマン」が原作のテレビアニメ『それいけ!アンパンマン』シリーズは1988年にスタート。翌89年には初の劇場版となる『それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙』が公開となった。本作はそんな劇場版の記念すべき第30作目。ゲスト声優に女優の杏と児嶋一哉(アンジャッシュ)を迎え、誰もが知っている「アンパンマンのマーチ」をテーマに、アンパンマンの誕生のきっかけとなった“いのちの星”がカギとなる物語だ。 子どもだけでなく大人も「感動できる」「神回」「アンパンマンはもちろんだけどばいきんまんも最高」と評判の本作は、ファミリーはもちろん、30周年作品ということもあり多くのファンが劇場に詰め掛けて、週末2日間の成績が過去最高となった前作『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』を上回る、動員で140%、興収で138%という数字を記録した。 また、最終興収5.5億円で歴代最高記録となった『...more
カテゴリー:

「児嶋一哉」の画像

もっと見る

「児嶋一哉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる