「免許」とは?

関連ニュース

【警視庁】運転免許を自主返納したドライバーに「卒業証書」を授与 - 06月23日(土)19:29  newsplus

6/23(土) 16:23 http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3404115.html  高齢を理由に運転免許を自主的に返納したドライバーに対し、警視庁が「卒業証書」を授与するイベントが行われました。  このイベントは、東京・大田区の田園調布警察署で行われたもので、70歳から92歳までの男女37人が参加しました。高齢のドライバーが運転免許を自主的に返納したことに対し、警視庁から「卒業証書」が手渡されました。  「(子どもに)車は乗るな乗るなって。子どもに迷惑かけるといけませんから」(免許を返納した92歳の...
»続きを読む
カテゴリー:

【ただのハゲは駄目です】運転免許証、がん患者などに配慮し医療用帽子着用の撮影を認める - 06月23日(土)18:41  news

運転免許証 医療用帽子、着用認める がん患者の要望受け 帽子をかぶって撮影することが原則認められていない運転免許証の顔写真について、 がん治療などで脱毛した人には医療用の帽子の着用を認めるよう、 警察庁が全国の警察本部に指示を出していたことが分かった。がん患者らの要望を受けた措置という。 警察庁は、顔写真の取り扱いを定めた道交法施行規則の改正も視野にがん患者団体にも意見を求めている。 指示は十五日付。 警察庁によると、現行制度でも現場の判断でかつらやウイッグ、スカーフなどの使用が認められて...
»続きを読む
カテゴリー:

90万円しかなかった矢野浩二が「中国で一番有名な日本人俳優」になった理由 - 06月23日(土)17:04 

現在、「警視庁・捜査一課長season3」(毎週木曜夜8:00-8:54 テレビ朝日系)の鑑識課員・武藤広樹や「SICK'S 恕乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜」(Paravi独占配信)の陳部長を演じている矢野浩二。2000年から中国のドラマ、映画などで活躍し、2008年からはバラエティ番組「天天向上」のレギュラーも務めるなど、中国で最も有名な日本人俳優といわれている。 【写真】注目の逆輸入俳優・矢野浩二「1シーン1シーンで存在を残していきたい」 そんな彼がどのようなきっかけで中国に渡り、人気を獲得していったのか。ザテレビジョンでは、その軌跡を語ってもらった。 ■ 「“スターになれるよ”の言葉を真に受けた」 森田健作(現・千葉県知事)氏の運転手兼付き人をしていた矢野が初めて中国の作品に参加したのは、2000年4月のこと。連続ドラマ「永遠の恋人」の日本人留学生役として、現地で3カ月間撮影に没頭した。 ーー中国語は話せなかったんですよね? 全く話せませんでした。ただ、役柄は、中国の大学で京劇を学んでいる中国語ペラペラの日本人だったんです(笑)。 ーーということは、多少、中国語を話すシーンもあったと思いますが。 そこは編集の時に僕の声を中国の声優さんが吹き替えていました。 ーーそんな撮影中に、「中国で役者として活動したい」と思ったんですか? 自分よりも周りが...more
カテゴリー:

フィフィ怒り、同郷の元力士大砂嵐に「反省が先」 - 06月23日(土)09:51 

 エジプト出身のタレント、フィフィ(42)が、同郷の元力士で今年1月に無免許運転で追突事故を起こして引退した大砂嵐(26=エジプト)に反省の色が見られないとして厳しく非難した。  大砂嵐は21日、男児が誕生したことをツイッターで報告し、…
カテゴリー:

カメラやウイスキーが驚きの値段に! 今こそ「オルタナティブ投資」に注目したいワケ - 06月23日(土)06:00 

東京五輪を控え、世界中の価値あるモノが日本に集まる今がチャンス? 趣味のコレクションの延長でいざ、実物運用=オルタナティブ投資! ■好きなモノを購入。それが転売との違い そもそも「オルタナティブ投資」とは、“実物運用”や“コレクション投資”などとも呼ばれる投資方法で、例えば数年後に値上がりしているかもしれないという商品に目をつけて現物を購入し、資産として所有しておくというもの。 ただ、購入後すぐに売りさばく「転売」とは違い、自分の趣味や興味のあるジャンルの商品にロックオンするのがセオリーなのである! 入手したアイテムを眺めてうっとりしたり、存分に使って満喫しながら値上がりを待つ。場合によっては価値が下がるかもというドキドキのスリルも堪能。そんな楽しみながらできる投資ジャンルだ! そこで今回は、オルタナティブ投資の入門として、読者世代の琴線(きんせん)に触れやすいであろう、カメラ、ウイスキー、腕時計、自動車の4ジャンルを中心に紹介していきたい。 まず、どうして定価以上に値上がりすることがあるのか? ウェブサイト『中古カメラビジネス通信』の運営者で、カメラ投資に精通する伊藤あきら氏に聞いてみた。 「カメラの...more
カテゴリー:

警視庁、免許自主返納者に「卒業証書」 - 06月23日(土)19:09 

 高齢を理由に運転免許を自主的に返納したドライバーに対し、警視庁が「卒業証書」を授与するイベントが行われました。
カテゴリー:

「殺人と不倫は絶対に描きません」巨匠プロデューサー・石井ふく子がホームドラマにこだわり続ける理由 - 06月23日(土)18:00 

単発ドラマ時代の「日曜劇場」(1956~1993年TBS系)や、現在も年1回のペースでスペシャルドラマが制作されている「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~TBS系)など、プロデュースを手掛けたテレビドラマは1000本超。その記録がギネスブックにも認定されている、言わずと知れた大御所プロデューサーの石井ふく子氏。そんな石井氏が、1972年に盟友・山田洋次の脚本で制作したドラマ「あにいもうと」が46年ぶりに、新たなキャストを迎えて蘇る。この作品に懸ける思い、そして「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~TBS系)など、常に“ホームドラマ”にこだわり続けてきた真意などを語っていただいた。 「女と味噌汁」(1965年ほか)、「肝っ玉かあさん」(1968年ほか)、そして「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~)など、TBSドラマの名作を多数生み出してきた石井ふく子プロデューサー ■ 自分の作った作品で涙を流したことなんてないんですけど、今回は泣きました ──前作の「あにいもうと」でご一緒された脚本家の山田洋次さんと、再び同じ作品をお作りになろうと思われたきっかけからお聞かせください。 「山田さんとは今回が20本目になるんですけど、最近はお忙しいみたいで、久しくご一緒する機会がなかったんですよ。最後が『くもりのちハーレー』(1988年TBS系)ですから30年ぶり。久しぶりにご連絡して、食事をしながらお...more
カテゴリー:

免許自主返納者に“卒業証書” 高齢ドライバー - 06月23日(土)12:33 

免許自主返納者に“卒業証書” 高齢ドライバー
カテゴリー:

高齢者ドライバー問題で考えるべき、免許返納後の高齢者の「足」問題 - 06月23日(土)08:45 

 昨年、改正道路交通法が施行され、高齢者ドライバーによる交通事故対策が強化されたが、関連する事故は依然減少の様相を見せない。  先日90歳の女性が、同法によって75歳以上に義務付けられた「認知機能検査」を通過し、免許を更 […]
カテゴリー:

本性が出ちゃう!? ドライブデートで「男が萎えた彼女の言動」4つ - 06月22日(金)20:45 

天気のいい日。彼とどこかに出かけたくなりますよね? ドライブデートなんて最高でしょう。見慣れない彼の運転姿に惚れ直すかもしれません。彼も、助手席でのあなたの振る舞いをよく見ています。そこで、“ドライブデートで男が引いた彼女の言動”というテーマで、男性に話を聞いたのでご紹介します。意識してみるといいかも。 文・塚田牧夫 運転に口出し 「彼女も免許を持っていて、運転が好きということで、二人でドライブデートに出かけました。最初は俺が運転で、彼女が助手席。出だしは順調だったんだけど……。 彼女が俺の運転に口出ししてくるんです。“ブレーキ遅くない?”“そんなミラー見る?”“ハザード出したほうがいいよ”と、とにかくうるさい。運転する気が失せ、途中から彼女に任せました」シュウ(仮名)/29歳 人間誰にでもクセはある。運転に関してもそう。それをいちいち注意されていたら、たまったもんじゃありません。これからの関係にも響いてしまうかも……。 靴のままシートに 「車を購入。念願の新車でした。やっぱり、彼女を最初に乗せたいじゃないですか。なので、誘ってドライブに出かけました。 彼女がバッグを後部座席に置いたんですけどね。途中で取り出したいものがあったらしく手を伸ばしたんです。でも、取りにくかったようで、いったんシートベルトを外して振り返った。そして、靴のままシートにあがった……。言葉を失いました」...more
カテゴリー:

もっと見る

「免許」の画像

もっと見る

「免許」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる