「億ドル」とは?

関連ニュース

ライアン・マーフィーが#MeTooを題材にしたアンソロジードラマを準備 - 05月24日(木)11:00 

 「Glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」など数々のドラマを手がけるヒットメーカーのライアン・マーフィーが、#MeTooを題材にした新ドラマを企画していることを、ニューヨーカー誌のロングインタビューで明らかにした。  今年2月にNetflixと3億ドル規模の大型契約を結んだマーフィーは、新ドラマのひとつとして#MeTooに関するアンソロジードラマを企画しているという。#MeTooとは、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインによるセクハラや性的暴行を女優たちが告発したことをきっかけに、過去にセクハラ被害を受けた女性たちが次々と「#MeToo(私も)」というハッシュタグを用いて発信をした一連の運動を指す。  新ドラマのタイトルは「同意」という意味の「コンセント(原題)」で、人気ドラマ「ブラックミラー」のようにエピソードごとに異なる物語を描くアンソロジーシリーズとなる。ワインスタインやケビン・スペイシーらによる、セクハラの実例が描かれていくという。  なお、ハリウッドで#MeToo運動が拡散したことに、マーフィー自身はとても喜んでいるという。自身も被害者であることを明かし「これは、新しい人たちを招き入れるチャンスだ。古い考え方の白人の問題あるやつらを追い出して、新しい人に入れ替えよう」と呼びかけている。 【関連記事】 ・【人物情報】ライアン・マーフィ ・ラ...more
カテゴリー:

あるVCがファンドの規模を急激に拡大しないワケ――業界の流れに逆行するEmergence Capital - 05月24日(木)08:00 

テック業界への投資を強化しようとする機関投資家が増えたことで、シリコンバレーでは実績のあるベンチャーキャピタル(VC)が資金調達で困ることはない。今年の3月にはSECに提出された書類によって、General Catalystが13億7500万ドルのファンドを立ち上げたことがわかった。これは同社の18年におよぶ歴史の中でも最大規模だ。設立から35年が経つBattery Venturesも、今年に入ってから2つのファンドを組成し、合計調達額は同社史上最大だった。さらにSequoia Capitalは、複数のファンドを通して合計120億ドルを調達中だと報じられており、これは同社だけでなくアメリカ中のVCを見渡しても、これまでになかった規模だ。 設立から15年のEmergence Capitalもやろうと思えば彼らのように巨額の資金を調達できただろう。同社はエンタープライズ向けのプロダクトやSaaSに特化したアーリーステージ企業への投資を行っており、その実績には定評がある。Emergence CapitalのポートフォリオにはストレージサービスのBox(上場済み)やソーシャルネットワーキングのYammer(2012年にMicrosoftが12億ドルで買収)、生命科学や医薬業界向けのCRMで有名なVeeva Systemsなどが含まれている。Veevaにいたっては、2013年の上場でEmer...more
カテゴリー:

習氏に気遣い条件提示 トランプ氏、ZTE制裁見直しで制裁金と経営陣刷新 - 05月24日(木)06:06 

トランプ米大統領は22日、中国通信機器メーカーの中興通訊(ZTE)への制裁見直しの条件として、制裁金が13億ドル(約1440億円)と巨額となる可能性を示すと同時…
カテゴリー:

中国ZTE、米制裁による損失は31億ドル以上と推定=BBG - 05月23日(水)12:49 

[北京 23日 ロイター] - 中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)は、同社への製品供給を米企業に禁じた米制裁による損失が少なくとも200億元(31億ドル)に上ると推定している。ブルームバーグが匿名筋の話として23日に報じた。
カテゴリー:

「メイズ・ランナー」緊迫の本編映像公開!人気キャラ、ミンホが絶体絶命 - 05月23日(水)12:00 

 シリーズ累計世界興行収入が10億ドルを突破したヒットシリーズ「メイズ・ランナー」の本編映像が、公開された。 ・「メイズ・ランナー 最期の迷宮」本編映像はこちら!  巨大迷路“グレード”を3年がかりで攻略したトーマス(ディラン・オブライエン)たちは、自分たちが人類を滅ぼす伝染病対策のための人体実験サンプルである事実を知る。そんな中、サンプルを求める秘密組織WCKDによって、仲間のミンホ(キー・ホン・リー)がさらわれてしまい、トーマスたちはミンホ奪還のために伝説のメイズ(迷宮)への侵入を試みる。  公開された映像は、ミンホが過去作で倒したはずのクリーチャー“グリーパー”に追いかけられるという意味深な内容。WCKDによって監禁されていたはずのミンホだが、なぜか拘束されておらず、謎の建物の中にいる。本人もここがどこだか分からないのか、辺りを見回していると、突如としてグリーパーが出現。ミンホは必死に逃げるが、急に体が動かなくなり、何かの力によって天井に張り付けにされる。これまでの作風とはひと味違うダークかつ緊迫感あふれる映像であると共に、ミンホの身に何が起こっているのか、この絶体絶命の窮地を脱することができるのか、さまざまな憶測を呼ぶシーンとなっている。  「メイズ・ランナー 最期の迷宮」は、6月15日から全国公開。 【作品情報】 ・メイズ・ランナー 最期の迷宮 【関連記事】 ...more
カテゴリー:

2018年の半導体設備投資額、史上初の1000億ドル突破の見込み - IC Insights - 05月24日(木)08:15 

半導体市場動向調査企業である米IC Insightsは、2018年の半導体企業の設備投資額予測を、前年比14%増へと上方修正したことを明らかにした。もし、この予測どおりになれば、2018年の半導体企業の設備投資額は1000億ドルの大台に初めて達することとなる。
カテゴリー:

「デッドプール2」裏話入手! あのキャラは情報流出防止のため「●●」と呼ばれていた - 05月24日(木)07:00 

 世界的大ヒットを記録した「デッドプール」の続編「デッドプール2」の完成までの道のりを、主演のライアン・レイノルズと脚本家・製作総指揮のポール・ワーニックが明かした。  人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン(レイノルズ)が、“無責任ヒーロー”デッドプールとして活躍する姿を描くアクションコメディの第2弾。続編では、未来からやってきた強敵ケーブル(ジョシュ・ブローリン)から謎の力を秘めた少年を守るため、ヒーロー集団「Xフォース」を結成する。全米では5月18日に封切られ、約1億2500万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たしたほか、世界興行収入は早くも3億ドルを突破している。  脚本・製作総指揮を続投しているワーニックは「前作では、我々は目立たないようにしていたが、本作ではまったく正反対だった。プレッシャーが大きかった。メディアに出た大したことのない事柄が大きなニュースになった。徐々に漏れ出したちょっとした話から、我々はとてつもない期待がかかっていることに気づいた」と戸惑いを語る。  裏を返せば前作の成功ゆえといえるが、それゆえに脚本段階でセキュリティが格段に厳しくなったといい、脚本では主要なキャラクター全てと、実際のタイトルにもコードネームがつけられたそう。ワーニックは「ライアン(・レイノルズ)はデッドプー...more
カテゴリー:

トランプ氏:中国ZTE、罰金13億ドル検討 - 05月23日(水)21:46 

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は22日、米国と中国が互いに制裁関税を棚上げすることを決めた先週の米中協議での合意について「満足していない」と語った。また、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)に対する制裁の代替措置として最大13億ドル(約1400億円)規模の罰金と経営陣を刷新させることを検討
カテゴリー:

「メイズ・ランナー」緊迫の本編映像公開!人気キャラ、ミンホが絶体絶命 - 05月23日(水)12:00 

シリーズ累計世界興行収入が10億ドルを突破したヒットシリーズ「メイズ・ランナー」の本編映像が、公開された。巨大迷路“グレード”を3年がかりで攻略したトーマス(ディラン・オブライエン)たちは、自分...
カテゴリー:

「フォートナイト」eスポーツ大会に賞金110億円 Epic Gamesが拠出 - 05月23日(水)10:30 

米Epic Gamesは、バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」(Fortnite)のeスポーツ大会に、1億ドル(約110億円)の賞金を拠出すると発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「億ドル」の画像

もっと見る

「億ドル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる