「倉科カナ」とは?

関連ニュース

芦田愛菜、鈴木福ら「18歳の成人」1期生を一挙紹介! - 07月16日(月)06:50 

 6月13日に改正民法が成立し、成人年齢が18歳になることが決まった。2022年4月に施行されるため、2004年生まれで現在中学2年生の13歳から14歳が「18歳になった瞬間に成人」となる。奇しくも2004年生まれには、幼いころからテレビ・映画を中心に活躍する子役が多い。今回は「18歳の成人」1期生となる2004年生まれを一挙紹介しよう。【写真】「18歳の成人」1期生の芸能人<全6人> イギリス、ドイツ、フランスなど主要各国では成人年齢が18歳となっている。この流れを受け、日本でも6月に成年を18歳に引き下げる民法改正案と関連法案が成立した。これにより、2022年4月からは18歳になったら親の同意なしでクレジットカードが契約できるほか、10年有効パスポートの取得などが可能に。一方で飲酒や喫煙、公営ギャンブルは20歳未満禁止が維持される。 まず挙げられるのが女優の芦田愛菜だ。7歳のときにドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)に出演し、「薫と友樹、たまにムック。」としてリリースした『マル・マル・モリ・モリ!』で一世を風靡。2013年には映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューを果たした。最近では有名私立中学に進学したことも話題になったが、女優業も精力的にこなし、今月には声優を務めた映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』が公開された。 鈴木福は『マルモのおきて』で芦田の弟...more
カテゴリー:

土屋太鳳、『チア☆ダン』初回放送への反響に感謝「本当に本当にありがとうございます!」 - 07月15日(日)13:32 

女優の土屋太鳳が、14日に自身のInstagramとアメブロを更新。13日に放送されたの金曜ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)を視聴した読者から多数寄せられたコメントにお礼の気持ちをつづった。 「「チア☆ダン」を観てくださった感想がたくさん」あったといい、「本当に本当にありがとうございます!」と感謝を述べた土屋。 撮影現場では出演者たちが「それぞれの部活や学校や仕事で感じてきたことを現場では全力でこめてます」(原文ママ)といい、土屋も「家族や友人を通して感じてきたチアダンスの素晴らしさ応援することの難しさ、拝見してきた学園ドラマや部活のドラマへの尊敬と感謝をこめて」自身の役柄を演じているとつづった。 「仲間との笑顔を、初回スタートの御礼と一緒に載せたいと思います!!!」と土屋がドラマ内で所属するチアリーダー部の笑顔の集合写真を公開した。 『チア☆ダン』は2017年に公開された広瀬すず主演の映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を原作とした連続ドラマで、『チア☆ダン』から9年後の“もう一つの奇跡の物語”を描いている。土屋は主人公の藤谷わかば役を演じている。 【関連記事】 ・「今日から3連休!」(土屋太鳳オフィシャルブログ) ・土屋太鳳、大切な日にディーン・フジオカと遭遇「元気と勇気をいただきました」 ・芳根京子、石原さとみ主演『高嶺の花』...more
カテゴリー:

星野真里・舞台版、倉科カナ・映画版「あいあい傘」メインビジュアルが同時解禁! - 07月13日(金)10:01 

宅間孝行脚本・演出、星野真里主演で10月より全国各地で上演される「タクフェス(TAKUMA FESTIVAL JAPAN)」の舞台第6弾「あいあい傘」のメインビジュアルが発表。倉科カナが主演する同じ作品の映画版の公開日も10月26日(金)と決定し、こちらのメインビジュアルも解禁された。 【写真を見る】舞台版とはひと味違った魅力あふれる倉科カナ主演の映画版/(C)2018映画「あいあい傘」製作委員会 宅間が主宰を務めた劇団東京セレソンデラックスで2007年に上演されて以来、再演を望む声が多かったものの、幻の名作と言われていた作品。今回の舞台版は星野真里をはじめ総勢13人(うち二人はWキャスト)で上演される。 10月26日(金)より公開される映画版には主演の倉科カナのほか、市原隼人、立川談春、原田知世らが出演。日本人ならどこか懐かしさを感じる田舎の原風景が広がり、ふるさとや実家の両親が自然と思い出されるポスタービジュアルとなっている。 25年前に失踪した父親を探して、とある田舎町を訪れた娘を主人公にした物語。父親には新しい家族がいるが、果たして二人は再会できるのか。娘は父に何を伝えるのか。家族の絆や愛を真っすぐに問いかける一作。舞台版、映画版いずれも注目だ。 ■ ストーリー 自称カメラマンのさつき(星野真里/倉科カナ)は、25年前に失踪した父親・六郎(永島敏行/立川談春)を探して、とあ...more
カテゴリー:

倉科カナ主演の感動作「あいあい傘」ポスター初披露&10月26日公開決定! - 07月12日(木)18:00 

倉科カナが主演し、劇作家で俳優の宅間孝行がメガホンをとった感動作「あいあい傘」のポスタービジュアルが初披露され、あわせて10月26日から全国公開されることが発表された。ビジュアルは「家族の結びつ...
カテゴリー:

【視聴率】 東山紀之主演「刑事7人」新シリーズ初回視聴率は11・0% - 07月12日(木)11:02  mnewsplus

11日に放送された俳優・東山紀之(51)主演のテレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(水曜・後9時)の初回の平均視聴率が11・0%だったことが12日分かった。  東山演じる天樹悠始め個性派の刑事7人が難事件に挑む警察ドラマ・シリーズの第4弾。衝撃の結末を迎えた前作から1年。いったんはバラバラになったメンバーが再び集結。新たな戦いに身を投じていくストーリー。  資料係に飛ばされた天樹のもとを刑事に復帰した環(倉科カナ)と青山(塚本高史)が訪問。膨大な捜査資料と向き合ってきた経験から「人間データバンク」...
»続きを読む
カテゴリー:

芳根京子、着物姿のオフショットを披露「見とれてしまう」「魅力が溢れます」の声 - 07月15日(日)13:33 

女優の芳根京子が、14日に更新したアメブロで、自身が出演するドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)のオフショットを公開した。 同ドラマは脚本家・野島伸司氏が脚本を手がける“怒濤の純愛エンターテインメント”で、女優・石原さとみ演じる名家のお嬢さまが、シンガーソングライター・峯田和伸演じる平凡な商店街の自転車屋の店主と恋に落ち、2人の身分の格差から生じる試練を次々乗り越えようとするストーリー。芳根はこのドラマで、石原の異母妹・月島なな役を演じている。 芳根は11日に放送された第1話について「高嶺の花 第1話ありがとうございました」と感謝をつづり、自身の演じる月島なな役について「ななちゃんここから色々あります」と期待をあおり、「第2話もお楽しみに」とアピールし、ドラマ撮影時の着物姿のオフショットを数枚公開した。 この投稿に読者から、「見とれてしまう」「艶やかですね着物をお召しになるとより一層魅力が溢れます」「これからも色んなお着物着てる京子ちゃん見れるの嬉しいな撮影頑張ってね」「第2話を楽しみにしています」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・「高嶺の花。」(芳根京子オフィシャルブログ) ・芳根京子、石原さとみ主演『高嶺の花』試写会での裏話を披露「まさかの」 ・芳根京子、仕事終わりに急遽ディズニーランドへ「行けるもんだねぇ」 ・山崎賢人が主演の『グッド・ドクター』に...more
カテゴリー:

倉科カナ、ドラマ『刑事7人』の笑顔オフショット公開に「相変わらず可愛いですね」の声 - 07月14日(土)10:48 

女優の倉科カナが、13日に自身のアメブロを更新。ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)の現場で撮影されたオフショット写真を公開した。 倉科は「刑事7人の現場 これからもっと暑くなるってよ....」と、撮影現場でしゃがみ込んでいる自身のオフショットを公開した。 また、「溶けるね」と、1枚目と同じポーズで笑顔を見せるオフショット写真も公開、「PS 刑事7人の1話、沢山の方が観てくれて嬉しいです 是非、2話もお楽しみに というか...観てください」とドラマをPRしてブログを締めくくった。 これに対してファンからは、「相変わらず可愛いですね」「次回の話も楽しみ」「ドラマ楽しみにしています。」「身体に気をつけてお仕事してください」などの声が寄せられている。 『刑事7人』は、東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性的な刑事たち7人が、難解な刑事事件に挑む姿を描いた連続ドラマの第4シリーズ。倉科は中心となる7人の刑事の1人、水田環を演じている。 【関連記事】 ・「溶けるね。」(倉科カナオフィシャルブログ) ・倉科カナ、桃狩りを楽しむ様子を公開「美味しそう~」「羨ましい」の声 ・倉科カナ、疲労困憊「目が死んでいる」写真を公開 ・倉科カナ、愛猫との2ショット公開「可愛い過ぎ」「癒される」とファン悶絶 ・大政絢、愛犬が雑誌の表紙になり「お母さん感動」状態で「#親バカ」を自認
カテゴリー:

倉科カナ主演の感動作「あいあい傘」ポスター初披露&10月26日公開決定! - 07月12日(木)18:00 

 倉科カナが主演し、劇作家で俳優の宅間孝行がメガホンをとった感動作「あいあい傘」のポスタービジュアルが初披露され、あわせて10月26日から全国公開されることが発表された。ビジュアルは「家族の結びつき」という花言葉を持つ紫陽花(あじさい)に囲まれ、2本の傘をさす“家族”の姿を温かく写し出している。  2012年をもって解散した劇団「東京セレソンデラックス」が2007年に上演した舞台を映画化。主催の宅間がサタケミキオ名義で作・演出を手がけた同舞台は、25年前に生き別れた父と娘が再会する姿を通して、家族の絆と愛を描いた。映画版の公開と同タイミングで、宅間が作・演出を担う舞台の再演も決定している。  恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいたある日、さつき(倉科)は25年前に姿を消した父・六郎(立川談春)を探しにこの町へやって来た。宿への道中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、「祭りの取材をしたい」と嘘をつき案内してもらうことに。散策しながら、次第に明らかになる現在の父の生活……。さつきは意を決して、父の新しい家族、つまり妻の玉枝(原田知世)と、彼女のひとり娘(入山杏奈)に会いに向かう。  タイトルの「あいあい傘」には、「親子や夫婦が人生をともに歩んでいくということは、楽しいことだけではない。困難に出合ってもお互いを思い合い、気づかい合いながら、一歩一歩...more
カテゴリー:

東山紀之主演『刑事7人』初回11.0% 事件の続きは第2話へ - 07月12日(木)11:08 

 俳優の東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)の初回(※15分拡大)が11日に放送され、番組平均視聴率が11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 【写真】制作発表会見時の7人ショット  同ドラマは、2015年から7月期に放送されてきた刑事ドラマシリーズ第4弾。主人公・天樹悠(東山)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく。第1シーズンから東山、北大路、倉科カナ、吉田鋼太郎が出演し、第2シーズンから塚本高史、今シーズンから新たに田辺誠一、白洲迅が加わった。  昨年シーズンから1年後の設定で、物語は再開。「刑事資料係」で、現場に出ることもなく気ままに捜査資料を読み漁る日々を送っていた天樹、その上司になっていた片桐正敏(吉田)。そして水田環(倉科カナ)と青山新(塚本)は、その片桐からの指示で監察官と交番勤務から「警視庁捜査一課12係」の刑事に戻っていた。  初回では、7年前に現金輸送車から3億円が強奪された事件をきっかけに、捜査一課12係の主任・海老沢芳樹(田辺)と、天樹の部下で刑事資料係の新人・野々村拓海(白洲)、さらに法医学教授の堂本を加えた7人が一緒に捜査を行っていくようになるまでが描かれた。  3億円を強奪した犯人は...more
カテゴリー:

倉科カナ、桃狩りを楽しむ様子を公開「美味しそう~」「羨ましい」の声 - 07月10日(火)16:43 

女優の倉科カナが、桃狩りを楽しむ様子を10日に更新した自身のアメブロで紹介した。 この日、倉科は「いつかの桃狩りの思い出」と題してブログを更新。青空の下、笑顔で桃狩りを楽しむ様子や収穫した桃の写真を公開した。 この投稿に「桃狩りいいですね!美味しそう~」「夏の果物ですね」「良いなあ~ 羨ましい!」「かなちゃんも、相変わらず可愛い」「写真は山梨県ですかね」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・「いつかの桃狩りの思い出」(倉科カナオフィシャルブログ) ・倉科カナ、疲労困憊「目が死んでいる」写真を公開 ・倉科カナ、愛猫との2ショット公開「可愛い過ぎ」「癒される」とファン悶絶 ・本田朋子、夫・五十嵐圭と新潟グルメ巡り「真の新潟県民になれた気がします」 ・安田美沙子、夫とお揃いの"夫婦コーデ"で神楽坂を満喫「楽しい家族の休日でした」
カテゴリー:

もっと見る

「倉科カナ」の画像

もっと見る

「倉科カナ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる