「保険適用」とは?

関連ニュース

【経済】医師も注目「医療用漢方薬」10年で市場1.5倍 - 06月20日(水)11:31  newsplus

 医師の処方による「医療用漢方製剤」の市場が伸びている。2007年度におよそ1000億円だった市場規模は17年度には1500億円超に拡大した。医療用医薬品全体に占める割合は1.4%ほどだが、医師が漢方薬を積極的に使い始めたことの表れと言える。なぜ今、漢方薬が医療現場で多く使われるのか。理由を探ろうと、漢方最大手「ツムラ」(本社・東京都港区)の茨城工場(茨城県阿見町)を訪ねた。【毎日新聞医療プレミア・鈴木敬子】  ◇ここ10年で漢方薬の生産量が倍増  JR東京駅から電車で約1時間。周辺は新興住宅...
»続きを読む
カテゴリー:

【医療】医療用漢方薬の市場10年1.5倍 - 06月17日(日)15:02  bizplus

医師の処方による「医療用漢方製剤」の市場が伸びている。2007年度におよそ1000億円だった市場規模は17年度には1500億円超に拡大した。医療用医薬品全体に占める割合は1.4%ほどだが、医師が漢方薬を積極的に使い始めたことの表れと言える。なぜ今、漢方薬が医療現場で多く使われるのか。理由を探ろうと、漢方最大手「ツムラ」(本社・東京都港区)の茨城工場(茨城県阿見町)を訪ねた。【毎日新聞医療プレミア・鈴木敬子】  ◇ここ10年で漢方薬の生産量が倍増  JR東京駅から電車で約1時間。周辺は新興住宅地...
»続きを読む
カテゴリー:

学校向け 損害賠償が発生する前の未然防止対策も保険適用に。アディッシュ、三井住友海上「私立学校賠償責任保険」の取扱開始 - 06月14日(木)11:30 

[ガイアックス] ●背景・概要 ネットパトロールサービスの提供 アディッシュは、2007年より学校非公式サイトのインターネットパトロールサービスを公立校・私立校含め、のべ約3,400校に提供しています。 ネットパトロールでは専...
カテゴリー:

早期治療すれば車の運転も続けられる「緑内障」の治療法 - 06月13日(水)11:00 

「『視力がいいから大丈夫』と思っていても、40歳以上の20人に1人は、日本の失明原因第1位の眼の病気、緑内障にかかっている可能性があります。私のクリニックでも『買い物をするとき値札が見えづらい……』と来院された女性が緑内障だったというケースがありましたが、そうした自覚症状はごく少数。気付かないうちに進行し、見えなくなる寸前に発見、というケースもあります」   そう警鐘を鳴らすのは、たじみ岩瀬眼科の院長で、日本緑内障学会理事の岩瀬愛子先生だ。6月7日は「緑内障を考える日」。緑内障とは、視神経に障害が起きることで、眼で捉えた映像がうまく脳に伝わらず、じわじわと視野が欠けていく病気。   日本緑内障学会と岐阜県多治見市が'00~'01年に実施した疫学調査では、無作為抽出で選ばれた40歳以上の男女約3,000人のうち、5%にあたる20人に1人が、緑内障に罹患していることが判明した。しかも、9割は罹患の事実に気付いていなかったというから驚きだ。   「緑内障の発見が遅れる原因のひとつは、視野の一部が欠けていても見えるほうの眼で補うので見えていないことに気付かないから。視野が欠けていても、視力を測ると1.5だったりするのです」(岩瀬先生・以下同)   岩瀬先生は「40歳を過ぎたら一度は、限定検査、眼圧検査、そしてできたら視野検査の3つの検...more
カテゴリー:

思い込みも重要。EDの症状をメンタルトレーニングで解消するには? - 06月12日(火)16:00 

EDと聞くと、加齢、生活習慣病、血管や神経の障害などが、そのおもな原因と思われがちだが、過去の性交渉時のトラウマや日々のストレスといったメンタルから生じることも多い。そこで、機能性(心因性)EDに効果的なメンタルトレーニング法を専門家に聞いた。 40男に多い機能性ED。その正体とは? EDには、大きく器質性と機能性(心因性)の2つがあるが、多くの医療機関が発表している統計によれば、40代男性の多くが悩むEDの原因は後者だという。まずは土居さんに、器質性EDと機能性EDの違いについて教えてもらった。 「機能性EDとは、心が原因で生じる勃起障害のこと。器質性ED(血管や神経障害などが原因)とは異なり、解剖学的な性機能障害ではありません。器質性EDの原因のなかには、うつ病や不安障害のような疾患や“心の問題”が合併して起るケースもあります」(土居さん、以下同) 器質性EDと合併するリスクも高いという機能性ED。どういった原因から発生してしまうのか。 「根本には、精神的な悩みや葛藤があります。体調不良や疲労などで偶然、“中折れ”や“勃たない”といった経験がトラウマとなり、次の性交にも不安感を覚えてしまうことがあるのです。精神疾患が背景にある場合、仕事やプライベートのストレス、不眠が原因かもしれません。そして当院に関していえば、カウンセリングを受ける患者さんのなかには、EDの原因として...more
カテゴリー:

【医療】医師も注目「医療用漢方薬」10年で市場1.5倍 - 06月20日(水)11:27  newsplus

6/17(日) 9:30配信 <医療>医師も注目「医療用漢方薬」10年で市場1.5倍  医師の処方による「医療用漢方製剤」の市場が伸びている。2007年度におよそ1000億円だった市場規模は17年度には1500億円超に拡大した。医療用医薬品全体に占める割合は1.4%ほどだが、医師が漢方薬を積極的に使い始めたことの表れと言える。なぜ今、漢方薬が医療現場で多く使われるのか。理由を探ろうと、漢方最大手「ツムラ」(本社・東京都港区)の茨城工場(茨城県阿見町)を訪ねた。【毎日新聞医療プレミア・鈴木敬子】  ◇ここ...
»続きを読む
カテゴリー:

ED治療薬は最終手段! 今からできる「中折れ」復活術 - 06月14日(木)16:00 

年齢を重ねた男性なら1度は体験したことがあるに違いない「中折れ」。この一度の「失敗」が後を引き、本格的なEDになることもあるという。そうならないためには、中折れの原因を見極め対策することが重要だ。ED治療薬に手をだす前にできる“中折れ復活術”を新宿形成外科院長の岡和樹さんに聞いた。 EDではない40男が「中折れ」する原因は大きく分けて2つ 性行為の際、ペニスの勃起が維持できず、途中で萎えてしまう「中折れ」。EDの症状でもあるが、岡さんによると挿入時にしっかり勃起している場合はEDの可能性が低いという。EDではないなら、中折れが起きてしまう原因は何が考えられるのだろうか。 「まず考えられるのは、“性的な刺激の慣れ”です。具体的には、過激なアダルトビデオの視聴、パートナーとのセックスのマンネリ化などが考えられますが、特に問題なのがペニスに過剰な刺激を与える自慰行為。手の圧力のほうが膣の圧力よりも強いため、膣の刺激 では物足りなくなってしまう人が多いんです。それに加え “自律神経の乱れ”も中折れの原因として考えられます」(岡さん、以下同) 自律神経は、呼吸、脈拍、体温など、人間の体にかかわるあらゆる働きを支配し、無意識のうちに調整している神経のこと。正常なら、心身を緊張させる方向に働く交感神経、リラックス状態に導く副交感神経の2種類がバランスよく働いているが、ストレスや生活習慣の乱...more
カテゴリー:

学校向け 損害賠償が発生する前の未然防止対策も保険適用に。アディッシュ、三井住友海上「私立学校賠償責任保険」の取扱開始 - 06月14日(木)11:30 

[アディッシュ株式会社] 背景・概要 ネットパトロールサービスの提供 アディッシュは、2007年より学校非公式サイトのインターネットパトロールサービスを公立校・私立校含め、のべ約3,400校に提供しています。 ネットパトロールでは専...
カテゴリー:

傷病手当金とは - 受給の条件や金額、支給期間までを徹底解説 - 06月13日(水)10:49 

●傷病手当金のもらえる金額と期間は? 会社員が思わぬ病気やケガに見舞われて会社を休むことになった場合、「傷病手当金」と呼ばれるお金が受けとれます。企業にお勤めの方なら、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実は似たような言葉に「休業補償」と「傷病手当」があります。これらの違いをきちんと理解できている人となると、その数がぐっと減るのではないでしょうか。 この3つのように、似たような手当がいろいろな保険で用意されています。意外に知られていませんが、働けない状態で困っているときに助けになる制度ですので、この機会にぜひ覚えておきましょう。 ○休業補償と傷病手当金は健康保険から支給される 傷病手当金と休業補償、そして傷病手当。似たような言葉で、病気やけがで働けないときに支給されるものに違いはありませんが、それぞれ手当の対象と支給元が異なります。 休業補償は仕事中や、通勤途上のケガや病気で休業したときに労災保険から支給されるもので、傷病手当金はそれ以外のケースの休業に対して健康保険から支給されるものです。 一方、傷病手当は失業保険の申請手続き後に病気やケガを負い、働けなくなった際に失業保険から支給されるものです。本来、失業保険は働ける状況の方に支給されるものですが、失業保険申請手続き後の罹患などの際には、失業給付に変わって傷病手当が支給されることがあります。 傷病手当金の支給条...more
カテゴリー:

【LOH症候群】抑うつや不眠、いらつき、勃起障害などに効く 男性ホルモンを補充! 保険適用1回1000円 - 06月10日(日)09:37  news

30~70代と、幅広い年代の男性が患うという「LOH症候群」。おもな症状に、抑うつや不眠、いらつきなどの精神症状や、 勃起障害といった性機能低下など、さまざまな症状がみられるという。とくに男性の更年期では精神症状が強く見られる、と桑満さん。 「LOH症候群には “元気がなくなる”というイメージがありますが、じつはイライラして怒鳴り声をあげる、という人もLOH症候群である 可能性が高いといえます。イラつきが強い人が治療を受けると、再診で訪れたときには性格が穏やかになることもありますね」(桑満さん、以下同) ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「保険適用」の画像

もっと見る

「保険適用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる