「保護活動」とは?

関連ニュース

【ブッポウソウが消えた!】リニア工事中断 - 07月16日(月)19:46  newsplus

http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000131861.html ブッポウソウが消えた!リニア工事中断(2018/07/16 18:54) 毎年巣作りをしているはずの長野県の天然記念物の渡り鳥「ブッポウソウ」の姿が見えないため、工事を中断しています。  工事を中断しているのは、リニア中央新幹線の関連で長野県中川村で進められていた「四徳渡トンネル」の工事です。保護活動をしている住民によりますと、長野県の天然記念物にも指定されているブッポウソウは、毎年この工事現場付近の橋で巣作りをしているということです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ヴィヴィアン・ウェストウッド」と「バーバリー」のコラボコレクションが2018年12月に登場! - 07月14日(土)18:00 

今春、「バーバリー」のチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したリカルド・ティッシ。 2005年から2017年までの長期に渡り、「ジバンシイ」のクリエイティブ・ディレクターとして活躍してきた彼の実力は、ファッション業界で高く評価されています。 そんなティッシが「デザイナーになることを夢見ているときに、憧れていた中のひとり」というヴィヴィアン・ウエストウッドとのコラボレーションが進行中です。 伝説的なアーカイブから再想像。限定版コレクション 2018年12月、リカルド・ティッシ率いる「バーバリー」と「ヴィヴィアン・ウェストウッド」がタッグを組んだコレクションが登場します。   Burberryさん(@burberry)がシェアした投稿 - 2018年 7月月6日午前6時55分PDT 元祖パンクファッションの女王、ヴィヴィアン・ウェストウッドとチームを組むティッシ。 バーバリーで仕事を始めたとき、彼女と一緒に何かをすることができる絶好のチャンスが近づいてきたと思ったそう。   Riccardo Tisciさん(@riccardotisci17)がシェアした投稿 - 2018年 7月月6日午前4時00分PDT 彼は「彼女は反骨精神をもったパンクな人であり、そして彼女の表現する英国的スタイルは他に類を見ないほど唯一無二なもので、私たちに多くのイン...more
カテゴリー:

愛犬の様子がおかしい。「老い」と言われた症状は大病の予兆だった - 07月08日(日)08:45 

<16歳の愛犬を亡くした心理カウンセラーが考えるペットロス Vol.15>  16年一緒に暮らしたゴールデン・レトリーバー「ケフィ」を、2017年4月に亡くした木附千晶さん(心理カウンセラー)。ケフィはメニエール病などと闘い、最後は肝臓がんで亡くなりました。前後して3匹の猫も亡くし、木附さんは深刻なペットロスに陥ります。自分の体験を、心理カウンセラーとして見つめ、ペットロスを考えます。 ◆長年の相方を失って…愛犬の身体に異変が  17年間連れ添った愛猫・でんすけを見送った2015年9月頃から、ケフィに明らかに「今までとは違う」様子が見てとれました。  まず、秋になって空気が乾燥してきてもいっこうに皮膚の状態が改善しなくなったのです。病気らしい病気もしたことがない元気なケフィでしたが、子犬の頃から唯一、弱かったのが皮膚でした。ひどくなると耳の中や脇の下などの湿気が溜まりやすい部分の皮膚が赤くただれ、毛が抜けることなどもありました。  抗生物質を飲んだり、塗り薬をつけたり、その部分だけ毛を梳(す)いてたりしていましたが、毎年、梅雨から夏にかけては皮膚病に悩まされました。  そんな皮膚病にいちばんの薬は、なんと「海!」でした。数日間、海で泳ぐとなぜかてきめんな回復を見せたのです。  ところが、2015年の夏は海に入ってもぜんぜん良くなりません。とくにひどかったのは左前足の付...more
カテゴリー:

EXILE USAが野生の王国へ! 子ゾウと触れ合い「すごくかわいい」 - 07月06日(金)10:00 

7月15日(日)昼4時から「地球に生きる仲間たち! 絶滅危惧種に会いに行こうinアフリカ」(TBS系)が放送される。番組は、EXILE USAが絶滅にひんしている動物たちに会うため、アフリカを訪れるドキュメンタリー。 【写真を見る】現地の子供たちと触れ合うUSA/(C)TBS まずは、福岡県・大牟田市動物園の飼育員、河野成史さんとともに、ケニア南西部、タンザニアとの国境沿いに位置するマサイマラ国立保護区を訪れる。この地域は野生の王国であり、観光の目玉でもだったが、近年周辺住民と野生動物との共存が困難な状況になり始めているという。USAらは、絶滅危惧種を守るレンジャーたちの保護活動に同行し、その実態に迫る。 さらに、USAの希望でサバンナの中にある小さな村・マサイへ。この村では、マサイ族の男性と結婚した日本人女性・永松真紀さんに取材し、伝統的なマサイ族の生活を学ぶ。 また、アフリカ最大の湖・ヴィクトリア湖に近いルオ族のキムス小学校を訪れた2人は、動物保護の授業を受けている子どもたちに出会う。動物たちの実態を知る子供たちは今、何を思うのか? ほか、ルオ族の伝統舞踊で歓迎されたUSAと河野さん。ダンスは世界共通語をテーマに、世界各国の踊りを体感し、その経験をさまざまな形で発表する「DANCE EARTH」の活動をしているUSAは、その歓迎に大感激! 絶滅目前の動物たちの実態、さらに現地の...more
カテゴリー:

【カメ】メキシコから高知へ ウミガメ 9年かけて太平洋を渡る 太平洋横断確認、世界で2例目 高知・室戸沖 - 07月02日(月)22:02  newsplus

9年前にメキシコ沖で捕獲され、標識をつけて放流された野生のアカウミガメが、先週、高知県の室戸市沖で見つかりました。ウミガメの調査などを行っている協議会によりますと、野生のアカウミガメが太平洋を横断したことが確認できたのは世界で2例目だということです。 先月27日、室戸市沖の定置網にウミガメがかかった、と漁業者から室戸市の「むろと廃校水族館」に連絡がありました。 水族館によりますと、ウミガメの右の前足には金属製の標識が付いていて、アメリカ海洋大気局を示す「NOAA」という文字や個体番号が記載...
»続きを読む
カテゴリー:

EXILE USA、人間と野生動物の共生を考える旅へ ケニアの子どもたちとダンスも - 07月15日(日)07:00 

 EXILE USAが、RKB制作の番組『地球に生きる仲間たち! 絶滅危惧種に会いに行こうinアフリカ』のロケで訪れた野生の王国アフリカ・ケニアで出会った子どもたちと、「Choo Choo TRAIN」のロールダンスを楽しんだそうだ。 【写真】アフリカ・ケニアロケの模様  野生動物たちに今、何が起きているのか。日本の動物園に何ができるのか。同番組では、その気づきを得るため、人間と動物が共存して生きるアフリカの地を訪れたUSAと、種の保存に健康面からアプローチしている福岡県・大牟田市動物園の飼育員・河野成史さんに密着した。  ケニア南西部、タンザニアとの国境沿いに位置するマサイマラ国立保護区。観光の目玉でもある野生の王国だが、近年周辺住民と野生動物の共存が難しくなっているという。USAと河野さんは、その実態に触れ、絶滅危惧種を守るレンジャーたちの保護活動に同行した。  続いて向かったのは、USAがぜひ行きたかったというサバンナの中の小さな村、マサイ。この村になんと日本人女性が暮らしている。マサイ族の男性と結婚した福岡県北九州市出身の永松真紀さん。2人は真紀さんから、電気、トイレ、お風呂もない、マサイ族の伝統的な生活を案内してもらう。さらに今回、マサイ族とこの地に生息する野生の鳥・エンチョショロイと共に行う蜜蝋採取の撮影に成功。鳥と人間の共存共栄の関係、無意識の保護の現場をキャ...more
カテゴリー:

「この展開は予想してなかった」 ダレノガレ明美、保護犬の情報を投稿したら? - 07月13日(金)17:50 

猫の里親探し用のInstagramアカウント(darenogare.cat_official)を開設するなど、動物の保護活動に熱心なダレノガレ明美さん。 自身の私生活に関する投稿以外にも、猫や犬に関するツイートも目立ちま...
カテゴリー:

子猫が寝る姿が日本の『アレ』に激似 「もう、それにしか見えない!」 - 07月06日(金)15:11 

猫の保護活動を行っているHannah Shaw(kittenxlady)さんが投稿した、1枚の猫の写真が『日本のあるもの』に似ていると注目を集めています。 一体、何に似ているのか…まずは可愛らしい姿をご覧ください! Ha...
カテゴリー:

「さとふるクラウドファンディング」初の目標金額達成~新潟県妙高市の火打山に生息する絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の保護活動に活用~ - 07月03日(火)11:00 

[株式会社さとふる] 「さとふるクラウドファンディング」は、寄付金の使途に応じてプロジェクトを立ち上げ寄付を募る、「さとふる」の新しいふるさと納税の仕組みです。2018年5月16日にページを公開し、11自治体のプロジェクトへの寄...
カテゴリー:

【ロシア】大出力核魚雷の開発を継続「水中での爆発を利用して沿岸にある施設を破壊すること」 - 06月26日(火)18:02  newsplus

核弾頭を搭載した大出力魚雷を開発するとした、理論物理学者のアンドレイ・サハロフ博士の構想について、 ロシアで見直しが行われていると、同国での魚雷開発を主導する シャミーリ・アリエフ氏が、スプートニクとのインタビューで明らかにした。 アリエフ氏は、「現在、[・・・]長さ24メートル、直径1.5メートルで、 核弾頭を搭載し、射程距離50キロの魚雷製造に対するサハロフ博士の見解が新たに見直されている」と述べた。 ナショナル・インタレスト誌 露「ターミネーター」は「米の最も殺人的な兵器を破壊」可能に ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「保護活動」の画像

もっと見る

「保護活動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる