「作詞家」とは?

関連ニュース

【映画/音楽】竹内まりや、貴重なライブ映像が初映画化決定 - 06月21日(木)22:20  mnewsplus

2018/06/21 竹内まりや、貴重なライブ映像が初映画化決定  竹内まりやのデビュー40周年を記念し、過去3度に渡って行われたライブ映像が初映画化される。  デビュー当時から数多くのヒットに恵まれ華々しい活躍をするも、山下達郎との結婚を機にいったんは休業を決意。その後、活動の軸足を変え、作詞家・作曲家として河合奈保子、薬師丸ひろ子、中山美穂、中森明菜などの女性アイドルや人気シンガーに楽曲を提供、数々のヒット曲を出してきた。  2000年、結婚以来、実に18年ぶりにファンの前に姿を現した竹内は、【TOKYO FM/fm...
»続きを読む
カテゴリー:

sads、年内いっぱいで活動休止 - 06月21日(木)16:38 

 黒夢の清春がボーカルを務めるロックバンド・sads(サッズ)が年内いっぱいで活動を休止することが、バンドの公式ツイッターで21日、発表された。  ツイッターでは「サッズからのお知らせ」として「June 21, 2018 サッズからお知らせとなります。新体制による再始動7周年を迎えました今年2018年をもって活動を休止致します。1999年のデビュー以来約20年間、支持して下さったファンの皆様に感謝致しております」と発表した。  また、「公演会場先行リリースとなりますオリジナルラストアルバム『FALLING』及び本日発表しました全国ツアー『FALLING』共々、皆さまにとってサッズとしての最後の宝物となりますことを願っております」と呼びかけている。 【関連記事】 D・ボウイさん追悼コメント続々 布袋・清春・YOSHIKI・HYDEら (16年01月11日) タッキー&翼コラボ集に河村隆一・清春・綾小路翔ら参加 (15年11月11日) 清春、尊敬する作詞家は井上陽水&中島みゆき (13年11月06日) 黒夢、一夜限りのプレミアライブが映画館で一夜限りの上映 (12年03月17日) 黒夢の復活後初武道館公演にホリケン参上! 共作初披露で1万人魅了 (12年01月13日)
カテゴリー:

40周年の竹内まりや、初のライブ映画『souvenir the movie』が11月公開! - 06月21日(木)09:00 

今年11月25日(日)にデビュー40周年を迎えるシンガーソングライター・竹内まりや。このたび、ほとんどメディア露出をしない彼女の貴重なライブ映像が初めて映画化、『souvenir the movie ~ Mariya Takeuchi Theater Live~』として、11月23日(金)から12月7日(金)まで、全国で限定公開されることが発表となった。 78年にアイドル歌手としてデビューし、「September」「不思議なピーチパイ」などのヒットに恵まれるも、当時楽曲のアレンジを務めていた、現在の夫であり、彼女のプロデューサーでもある山下達郎と結婚、休業を決意。活動の軸足を変え作詞家・作曲家として、薬師丸ひろ子、岡田有希子、中山美穂、中森明菜、広末涼子などの女性アイドルはもちろん、沢田研二や鈴木雅之、SMAP、嵐など多方面に楽曲を提供、数々のヒット曲を生みだしてきた。 2000年7月、結婚以来、実に18年ぶりにファンの前に姿を現した竹内は「TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート」と銘打った日本武道館、大阪城ホールでの4日間のライブに出演。そのライブの様子は同年11月に「souvenir~Mariya Takeuchi Live~」というタイトルで唯一のライブ・アルバムとしてリリースされ、33万枚を売り上げた。以来、多くのファンから映像の公開が待ち望まれてい...more
カテゴリー:

W主題歌をHYDE、あいみょんが担当!『音量を上げろタコ!』を14組のアーティストが彩る - 06月20日(水)05:00 

阿部サダヲが主演、吉岡里帆がヒロインを務め、主人公のカリスマ・ロックスターをめぐってハイテンション・コメディをくり広げる『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)に公開となる。このたび、本作を彩る数々の楽曲を手掛けた豪華アーティスト陣が明らかとなった。 【写真を見る】阿部サダヲが世界的ロックスター、吉岡里帆がストリートミュージシャンに!/[c]2018「音量を上げろタコ!」製作委員会 驚異の歌声を持つ世界的ロックスターのシン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャンのふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、シンの驚異の歌声は“声帯ドーピング”によるものだという秘密をふうかは知ってしまう。 しかし、シンの喉は声帯ドーピングのやりすぎに崩壊寸前。さらにはシンの歌声をめぐって、2人は何者かに追われるようになっていく。 今回明らかとなったW主題歌のうちの1曲、主人公・シンが歌う「人類滅亡の歓び」を作曲したのはL'Arc-en-CielのHYDE。本作への楽曲提供についてHYDEは「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました(笑)」と明かし「シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。僕はドーピングしてませんよ!」と冗談交じりにコメント。 同曲の作...more
カテゴリー:

【HINOMARU騒動】きゃりー「なんでも文句言ってくる姑みたいな大人にだけはなりたくない」★2 - 06月19日(火)18:18  mnewsplus

6月15日、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅがTwitterにて現在の世の中に対する持論を展開。ネットで反響を呼んでいる。 きゃりーは「クリエイティブなものなのに言いがかりつけて表現できなくなって死んでいくことが悲しい。攻めていけない世の中」 「くそつまらん!!!!!!!!!」「なんでも文句言ってくる姑みたいな大人にだけはなりたくない」と続けてツイートした。 6月11日には人気ロックバンドRADWIMPSの新曲『HINOMARU』の歌詞が「軍歌のようだ」などと波紋を呼んだことから、 同バンドのボーカル・野田洋次郎がTwitterにて...
»続きを読む
カテゴリー:

モリを持ってジャンプ!『ウタモノガタリ』山下健二郎&青柳翔の新カット公開 - 06月21日(木)17:00 

 オムニバス映画『ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐』より、山下健二郎(EXILE/三代目J Soul Brothers)主演の『幻光の果て』と青柳翔(劇団EXILE)主演の『Our Birthday』の場面写真が新たに解禁された。公開された写真からは、過去に囚われた主人公の姿を見ることができる。【写真】『ウタモノガタリ』山下健二郎&青柳翔の新場面写真ギャラリー 本作は、EXILE HIROと、国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)&ASIAの代表を務める俳優の別所哲也、そしてEXILEや三代目J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人が打ち出した、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<‐CINEMA FIGHTERS project‐>の最新作。6つの詩から生まれた6つの新曲を気鋭の監督6人がショートフィルムで映像化する。 山下主演の『幻光の果て』からは、山下演じるヨシヤが漁師仲間たちとバーで飲む姿や、サメを追いかけダイナミックに海へ飛び込むヨシヤの姿を捉えた場面写真が公開。楽しいはずの仕事仲間とのバーでのひと時も浮かない顔で、時おりサメの幻影が頭をよぎるヨシヤ。静かに過去と対峙する主人公の姿を見ることができる。 青柳主演の『Our Birthday』は、主人公の奏(青柳)が、かつて愛し...more
カテゴリー:

竹内まりや、ライブ映像を初映画化!デビュー40周年記念で期間限定上映 - 06月21日(木)15:30 

 シンガーソングライターの竹内まりやのライブ映像が、「souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live」として初映画化されることがわかった。デビュー40周年を記念し、竹内にとって唯一のライブアルバムとしてリリースされた2000年の伝説のライブ「souvenir」をはじめ、10年の「souvenir again」、14年の「souvenir 2014」から集められたベストシーンがスクリーンでお披露目される。  竹内は、1978年11月にシングル「戻っておいで・私の時間」でデビュー。「September」「不思議なピーチパイ」などヒットを飛ばすが、山下達郎との結婚を機に休業。その後、作詞家・作曲家として河合奈保子、薬師丸ひろ子、中山美穂、中森明菜などの女性アイドルや人気シンガーに楽曲を提供し、84年には自らもシンガーソングライターとして活動を再開させている。  あわせて、“今作のために行ったロケ”で撮影した竹内の最新アーティスト写真が初公開された。映画には過去のライブ映像だけではなく、現在の竹内の姿も盛り込まれていることが予想され、ファン垂涎の貴重映像に期待が高まる。  「souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live」は、11月23日~12月7日に全国で期間限定上映。 【関連記事】 ...more
カテゴリー:

「残酷な天使のテーゼ」HDバージョンの新作MV公開 摩 砂 雪監督が再編集 - 06月20日(水)10:00 

 歌手・高橋洋子が歌うTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」と、映画『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生』主題歌の「魂のルフラン」がダブルA面シングルとしてきょう20日に発売されたのに合わせ、「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(MV)が同日、公開された。 【動画】「残酷な天使のテーゼ」公開された新作MV  全世界同時公開された新作MVは、『新世紀エヴァンゲリオン』当時からシリーズに関わり続ける摩 砂 雪監督が2003年に発表した同曲のMV映像をベースとし、監督自らが『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズからHD映像を使用して再編集・再調整をおこなった(制作:カラー)。7月6日より各配信サイトでも配信される。  同日発売のシングルは、現在に至るまでハイセールスが続き、カラオケでも歌い継がれる「残酷な天使のテーゼ」と「魂のルフラン」の2曲及びそのインストを1枚に収録。オリジナル音源を当時のアナログテープからリマスタリングしたほか、ジャケットも摩 砂 雪監督が新たに書き下ろしている。 【関連記事】 高橋洋子の生歌で1000人が“超フィットネス”してみた (17年04月30日) 『エヴァ』高橋洋子&鷺巣詩郎、念願コラボに喜び コンサートでも共演 (17年03月23日) “レジェンド”高橋洋子、『ニコニコ超会議』降臨へ「あの曲を…」 (17...more
カテゴリー:

【インタビュー】BREAKERZのAKIHIDE、6thアルバム完成「現実か非現実かわからない場所へ」 - 06月19日(火)20:30 

BREAKERZのギタリストAKIHIDEが6月20日、6枚目のソロアルバム『機械仕掛けの遊園地 -Electric Wonderland-』をリリースする。ギタリスト、ボーカリスト、作詞家、作曲家などなど、アーテ...
カテゴリー:

【HINOMARU騒動】RADWIMPSの新曲に他のアーティストから擁護の声が次々とあがる★2 - 06月19日(火)12:30  mnewsplus

人気ロックバンドRADWIMPSの新曲「HINOMARU」が物議を醸している。 この件に関して、他のアーティストから擁護の声が次々と上がっている。 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」や、 Wink「淋しい熱帯魚」などを手掛けた作詞家の及川眠子さんも、持論を展開している。及川さんは15日、 ツイッターで「RADWIMPS『HINOMARU』を聴いた。いい歌じゃん。 これの何があかんの? この詞は『命』について歌ってると感じたけどなぁ」と感想を述べ、 「左とか右...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「作詞家」の画像

もっと見る

「作詞家」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる