「作業部会」とは?

関連ニュース

2017年以降、約12億の暗号通貨が盗難にあった - 06月15日(金)14:17 

反フィッシング詐欺作業部会の見積もりによると、ビッグコインの人気と1500以上のデジタルトークンの出現が、規制されていない分野に注目が集めたため、2017年の初期以降、犯罪者は約12億米ドル相当の暗号通貨を盗んだ、という。
カテゴリー:

【サッカー】3カ国共催が優勢=13日にFIFA総会―サッカー26年W杯招致 - 06月12日(火)18:20  mnewsplus

 【モスクワ時事】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで総会を開き、出場枠が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)の開催地を決める。米大陸での3カ国共催を目指す米国、カナダ、メキシコが優勢で、単独開催を狙うアフリカのモロッコは苦戦が予想される。  共催案では80試合のうち60試合をスポーツ大国の米国で行うため会場を新設する必要がなく、大会予算は21億6000万ドル(約2380億円)を見通す。一方のモロッコは国民からの支持や犯罪率の低さ、アフリカでの競技普及の意義を強調。予算は18億7000万ドル...
»続きを読む
カテゴリー:

「避難勧告、検討必要」=南海トラフ地震情報で-市町村4分の3・内閣府 - 06月11日(月)20:40 

 気象庁が南海トラフ地震の発生可能性が高まったと発表した場合、関東から九州まで約700市町村のうち4分の3が、避難勧告などの検討が必要と考えていることが分かった。内閣府が3月にアンケート調査を行い、政府の中央防災会議が11日の作業部会で公表した。 避難勧告などの対象は津波の到達時間が短い沿岸部や、土砂災害の危険性が高い地域と回答した市町村が多かった。住民の健康や学校、経済活動などには、勧告から1日~1週間程度で大きな影響が生じると8割が回答。大地震が実際に起きるか見通せない状況で、避難勧告などの発令を続ける難しさが明らかとなった。 気象庁は昨年11月、南海トラフ沿いの半分で大地震が起き、残り半分でも大地震が続発する可能性が生じたり、大地震の前震の可能性がある地震が発生したりした場合、臨時の「南海トラフ地震関連情報」を発表する仕組みを導入した。作業部会では、市町村が地域の事情を踏まえて住民の避難行動を検討するため、国がガイドラインを示す方針が示された。 【時事通信社】
カテゴリー:

【仏の高速炉計画】 出力の大幅な縮小検討 日本に影響も - 06月02日(土)04:56  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011461791000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033 仏の高速炉計画 出力の大幅な縮小検討 日本に影響も 6月1日 18時39分 おととし廃炉が決まった福井県にある「もんじゅ」の後継として、日本が協力しフランスで建設される計画の高速炉について、フランスは、出力の大幅な引き下げを検討していることがわかりました。仮に出力を小さくした場合、経済性などのデータがどれだけ得られるか見通せなくなり、日本の高速炉開発に影響が出る可能性があります。 政府はおととし、...
»続きを読む
カテゴリー:

国連「日本よ、統合失調症患者を強制入院させたのは障害者差別だ。賠償しろ」 - 05月26日(土)21:45  news

国連の恣意的拘禁作業部会が4月、統合失調症の首都圏の男性が昨年、強制的な「措置入院」とされた件について、男性に補償するよう政府に求める意見を採択していたことが26日、分かった。 手続き面で法的根拠を欠き、障害者差別にも当たるとしている。男性を支援する団体「精神医療国連個人通報センター」が明らかにした。 センターは、国連が日本での強制入院の個別事例に対して意見を出すのは初めてとしている。 強制力はないが、山本真理代表は「政府は直ちに意見を受け入れ、再発防止の取り組みも始めるべきだ」と指摘。6月1日...
»続きを読む
カテゴリー:

26年大会、3カ国共催=米国、カナダ、メキシコで-サッカーW杯 - 06月13日(水)20:17 

 【モスクワ時事】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで総会を開き、出場枠が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)を米国、カナダ、メキシコの米大陸3カ国で共催することを決めた。加盟協会が投票した結果、一騎打ちとなったアフリカのモロッコを破った。共催案は134票を獲得し、モロッコは65票だった。 メキシコは過去に1970年と86年、米国は94年大会を実施。カナダでは初開催となる。W杯の共催は02年日韓大会以来で2度目。 FIFA作業部会の報告書では、会場建設の必要がない共催案はインフラや宿泊施設など大半の項目が高く評価された。一方、14会場のうち9会場を新設するモロッコは計画の一部が「リスクが高い」と指摘されていた。 [時事通信社]
カテゴリー:

3カ国共催が優勢=13日にFIFA総会-サッカー26年W杯招致 - 06月12日(火)16:04 

 【モスクワ時事】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで総会を開き、出場枠が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)の開催地を決める。米大陸での3カ国共催を目指す米国、カナダ、メキシコが優勢で、単独開催を狙うアフリカのモロッコは苦戦が予想される。 共催案では80試合のうち60試合をスポーツ大国の米国で行うため会場を新設する必要がなく、大会予算は21億6000万ドル(約2380億円)を見通す。一方のモロッコは国民からの支持や犯罪率の低さ、アフリカでの競技普及の意義を強調。予算は18億7000万ドル(約2060億円)とし、共催案を下回る。 FIFA作業部会が作成した評価報告書によると、共催案は総合評価が500点満点中の402.8点で、モロッコの274.9点と差が開いた。会場や宿泊施設の準備やインフラ整備について、モロッコは「リスクが高い」と指摘された。 総会では200を超える協会が投票。不安要素の大きさから、FIFA幹部の1人は「モロッコでできるわけがない」と断言。別の有力幹部も「アフリカ票や欧州連盟(UEFA)の一部はモロッコだが、大半は共催に流れる」とみている。 ただ、約4分の1の票を持つアジア連盟(AFC)が11日に開いた理事会では票の取りまとめはせず、判断を各協会に委ねた。不利な予想の中でモロッコ逆転の可能性がないとは言い切れない。 [時事通信社...more
カテゴリー:

【USA】ポンペオ米国務長官、米大使館への「音響攻撃」対策チームの結成を発表 - 06月07日(木)01:12  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/usa/35120366.html ポンペオ米国務長官、「音響攻撃」対策チームの結成を発表 2018.06.06 Wed posted at 11:19 JST (CNN) 米国のポンペオ国務長官は5日、キューバや中国などで報告されている米大使館職員らに健康被害を及ぼした「音響攻撃」に対処するための作業部会を結成したと明らかにした。 当局は、こうした健康被害について「音波攻撃」や「音響攻撃」と呼んでいるが、多くの場合、甲高い音が同時に発生しているためだ。こうした出来事はキューバで報告されたほか、最近では中国でも発生した...
»続きを読む
カテゴリー:

【パヨク速報】康京和外相、日本人客が減った点を懸念し、「オマイらなんか考えろ」と対日交流作業部会発足 - 05月28日(月)11:41  news

韓国、対日交流で作業部会発足 / 民間にも委嘱 【ソウル共同】韓国外務省は28日、民間の有識者らと共に日韓交流の活性化策 を検討する「韓日文化・人的交流タスクフォース(作業部会)」を発足させた。 康京和外相がソウルの外務省で民間委員に委嘱状を授与し「歴史問題は原則通り 対応しても、国民の交流は活性化させなければならない」とあいさつした。  漢陽大観光学部の李勲教授が委員長を務め、民間委員5人、外務省関係者3人の 計9人で構成。日韓間の文化交流などの拡大を目指し、韓国側として具体案を まとめる。康...
»続きを読む
カテゴリー:

「作業部会」の画像

もっと見る

「作業部会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる