「何年生」とは?

関連ニュース

【社会】中高年(40-60歳)ひきこもりの実態調査が極めて困難な理由 今秋、政府が初めての調査★5 - 05月23日(水)22:45  newsplus

学校にも行かず、仕事にもつかず、病気でもないが、6か月以上家を出ない社会的ひきこもり。あまりに人数が多いため「ひきこもり」という言葉だけで、その様子を意味するようになった。増える大人のひきこもり問題について、ライターの森鷹久氏がレポートする。 . * * * 政府が初めて「中高年世代のひきこもり」について、実態調査に乗り出すと発表した。早ければ今年の秋から、40代~60歳前後までの約五千人の中高年ひきこもり者とその家族を訪問し、原因や期間などの聞き取り調査を実施するのだという。 . ひきこもりといえ...
»続きを読む
カテゴリー:

知らなきゃ損。年金の「併給」が65歳を超えると可能になる場合も - 05月22日(火)18:00 

以前掲載の「複数の年金を貰える権利があっても一つの年金しか受給できない?」で、遺族年金と老齢年金の併給についてレクチャーしてくださった、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさん。今回は、障害年金と老齢年金の併給について、いつものように事例を上げつつわかりやすく解説しています。 障害年金と老齢の年金も貰える権利があるとどのような貰い方になるのか? 「複数の年金を貰える権利があっても一つの年金しか受給できない?」では遺族年金と老齢年金の併給についてでしたが、今回は障害年金と老齢年金の併給についてです。 まあ大原則として、昭和60年改正により一人一年金の原則として複数の年金の種類を受給できるとしてもひとつの種類の年金しか受給できない事になりました。 障害年金には現在は障害厚生年金と障害基礎年金がありますが、60代になって自分の記録に基づいた老齢厚生年金や老齢基礎年金も貰えます。この障害年金と老齢の年金が貰えるようになった時、一体どのような受給が可能なのか。 というわけで事例。 1.昭和33年5月13日生まれの女性(今は60歳) ● 何年生まれ→何歳かを瞬時に判断する方法!(参考記事) 20歳になる昭和53年5月から昭和54年3月までの11ヶ月短期大学に通う。この期間は国民年金に加入する必要は無かったが、一応任意加入した。だけど結局未納にした...more
カテゴリー:

「何年生」の画像

もっと見る

「何年生」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる