「佐藤玲」とは?

関連ニュース

夏帆、子犬顔の大野拓朗は「ズルい。ゲスかわいい」 - 07月11日(水)12:06 

 俳優の大野拓朗、夏帆が11日、都内でテレビ大阪、BSジャパンで放送される連続ドラマJ『グッド・バイ』(14日スタート)の制作発表会見に出席。5人の愛人がいるモテ男を演じた大野について「ゲスかわいい」と印象を明かし、「『そんな子犬のような顔をして』っていう私のせりふがあるのですが、本当にそんな顔をするときもあって、ずるいなぁ、ゲスいなぁって思っています」とうらやましそうに見つめた。  同作は、作家・太宰治(1909-48年)の遺作であり未完の小説『グッド・バイ』を原案にした羽生生純氏の同名漫画をドラマ化。モテ男・田島毛収(大野)が、愛人たちとの関係を清算する必要に駆られ、偶然再会した高校時代の先輩・別所文代(夏帆)を巻き込み、太宰の小説をもとに、次々と愛人に別れ話を切り出していく。  愛人役で佐津川愛美、佐藤玲、三浦透子、田中千絵、奥菜恵が共演。先日、愛人たちが一堂に会するシーンを撮影したという大野は「僕を中心にして囲まれながら責められたのですが、幸せでした。こんな美女たちが恋人なのかと。怒られているけれど若干気持ちいい」としみじみ。現場のスタッフのなかに、2人の彼女持ちだという田島毛に近い男性がいるようで、「その彼が役作りにすごく使える。『2人とも好きなんです』っていうので、放って置けない、人たらしなんだなって感じがする。現場で彼の味方は僕しかいない」と言う通り、夏帆は「私は...more
カテゴリー:

次代のクリエイター発掘を目指したコンテスト発「高崎グラフィティ。」予告編公開 - 07月11日(水)11:00 

 次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して、堤幸彦、大根仁、平川雄一朗ら気鋭の映画監督を輩出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが立ち上げた映像コンテスト、「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリ受賞作「高崎グラフィティ。」の予告編が公開された。 ・「高崎グラフィティ。」予告編はこちら!  群馬県高崎市を舞台に、高校の卒業式を終えたばかりの男女5人の数日間を描く青春群像劇。日本大学芸術学部の同期生だった映像作家・川島直人とカメラマン・武井俊幸、女優・佐藤玲がコンテストに応募してグランプリを射止め、オフィスクレッシェンドのサポートを得て長編映画として完成させた。川島は、本作が長編映画監督デビュー作となる。  公開された予告編は、佐藤(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)、岡野真也(「あさひなぐ」)、三河悠冴(「映画 暗殺教室」)、中島広稀(「土佐の一本釣り 久礼発 17歳の旅立ち」)、萩原利久(「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」)が演じるメインキャラクター5人が、高校卒業後の進路を語り、未来に思いをはせるシーンからスタート。大人でも子どもでもない5人の不安定さを感じさせる、夜明けの河原でふざけ合う姿が映し出された後は、美紀(佐藤)が進むはずの専門学校の入学金を持ち逃げする父親(渋川清彦)の姿が。「俺たちで美紀の親父さん探さね?」という優斗(萩原)の提案から物...more
カテゴリー:

「佐藤玲」の画像

もっと見る

「佐藤玲」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる