「佐藤浩市」とは?

関連ニュース

佐藤緋美、俳優デビューで「舞台主役は清々しいほどのコネ」ネット憶測 - 06月24日(日)08:00 

俳優の浅野忠信(44)と歌手のChara(50)の長男である佐藤緋美(18)が俳優デビューすることが分かった。 09年に離婚したふたりだが、現在もそれぞれの分野で活躍中。 長女であるSUMIREは現在モデルとして活躍中で、オリエンタルな顔立ちが話題なり、同世代の女性を中心に人気を集めているが、弟である佐藤緋美に関してはあまり歓迎の声は聞こえてきていない。 ◆いきなり舞台主演は本当に実力?ネットからは“コネ”疑惑が浮上 浅野忠信やChara、SUMIREのファンの間では周知の存在だった佐藤緋美。 昨年4月には父・浅野忠信と姉・SUMIREとともにラフォーレ原宿が、新キャンペーンビジュアルに起用され、今年3月に、「HIMI」の名前でセレクトショップ「ハウス@ミキリハッシン」の2018年春夏コレクションのカタログモデルも務めたことでも話題となった。 そのため、今後もモデルとして活動していくかと思いきや、今回明らかになった俳優デビュー。 10月7日開演の舞台『書を捨てよ町へ出よう』で演技未経験ながら初主演を務めることとなった。 今回の舞台主演について、佐藤緋美はマネージャーからオーディションの話を聞いたといい、受験したところ見事主演をゲットしたという。 『書を捨てよ町へ出よう』は寺山修司の代表作が原作だが、15年12月にも、今回と同じ演出家・藤田貴大氏が演出を務めた同舞台で、俳優の村上淳(...more
カテゴリー:

岡田准一が絶対殺せない殺し屋に!「アクションを全力で楽しみたいです」 - 06月23日(土)14:44 

「週刊ヤングマガジン」で連載中で単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門賞>を受賞した漫画「ザ・ファブル」が、岡田准一主演で映画化することが決定した。 【写真を見る】木村文乃が楽天的でお酒大好き、刺激が大好きなぶっ飛んだ役に挑む! 「天才的な殺し屋」として、裏社会で恐れられる通称“ファブル”を演じる岡田は「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んだ。 ファブルは英語で寓話(ぐうわ)を意味する言葉で、圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋だ。 そんな彼がボスから与えられた次なる指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」。 殺し屋として生きてきたファブルは、普通の日常生活を送った経験がなく、想像もつかない日常世界に送り込まれてしまう。 さらに万が一、誰かを殺したらボスによって処分されるという条件付きの究極のミッションを遂行しなければならない。 ファブルは佐藤アキラという偽名を与えられ、ヨウコという妹の設定のパートナーと共に、ボスの口利きで大阪の暴力組織・真黒カンパニーの協力を得て、殺しを封印し“普通の生活”を始めることに。 主人公のファブル役を演じる岡田は、V6メンバーとしての活動以外にも、「追憶」「関ヶ原」(共に2017年)や、9...more
カテゴリー:

岡田准一がヤンマガ史上屈指の殺し屋役に!漫画『ザ・ファブル』が豪華キャストで映画化 - 06月23日(土)05:00 

天才殺し屋“ファブル(寓話)”と称される謎の男が、ボスの命令で1年間殺し屋を休業し、普通の生活を送ることを強いられる姿を描く南勝久の人気漫画『ザ・ファブル』。第41回講談社漫画賞一般部門に輝き、現在も絶賛連載中の作品が、豪華キャストで映画化されることが決定した。 主人公のファブル(佐藤アキラ)役を務めるのは『永遠の0』(13)や『蜩ノ記』(14)などの作品で日本アカデミー賞でも高い評価を受けている岡田准一。普通の生活を大阪で送ることとなったファブルの相棒・ヨウコ役を木村文乃。ファブルが大阪で出会う、親の借金を返すために真面目に働く女性・ミサキ役を山本美月。そして、ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげたボス役を名俳優、佐藤浩市が務め、“一般的な日常”と“暴力が蔓延する裏社会”という、相対する2つの世界を絶妙なバランスで描きだす。 その他、大阪でのファブルの世話人を請け負うが、真黒カンパニー社長・海老原役に安田顕。海老原の弟分で、刑務所から出所しミサキを追い詰める小島役に柳楽優弥。真黒カンパニーの専務にして、海老原と敵対する派閥を率いる砂川役に向井理。砂川に雇われ、ファブルを倒して名を上げようとする殺し屋・フード役に福士蒼汰など、豪華豪華俳優陣が集結する。 監督を務めるのはカンヌ国際広告祭はじめ数々の受賞歴を持つ江口カン。脚本を「20世紀少年」や「GANTZ」「進撃の巨人...more
カテゴリー:

岡田准一が初の殺し屋役に挑む『ザ・ファブル』映画化決定 - 06月23日(土)05:00 

 V6・岡田准一の主演映画『ザ・ファブル』が2019年に公開されることが決定。初の殺し屋役を演じる岡田は木村文乃、佐藤浩市ら豪華キャストと共演を果たす。【写真】岡田准一が登場した明治ブルガリアヨーグルト 2018年『ヨーグルトの日』記念イベントの様子 本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)連載中の南勝久による同名コミックを実写映画化したもの。原作は単行本累計部数200万部を突破し、2017年度講談社漫画賞の一般部門賞を受賞するなど、高い評価を得ている。 主人公は、狙った相手を6秒以内で必ず仕留めることから“ファブル(寓話)”の異名を持ち、「天才的な殺し屋」として裏社会で恐れられてきた。そんな主人公にボスから与えられた次なる指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」。しかも「万が一、誰かを殺したらボスによって処分される」という究極のミッションだった。「佐藤アキラ」という名を得た主人公は、普通の日常を送った経験がないにもかかわらず、パートナーのヨウコとともに、大阪の暴力組織・真黒カンパニーの協力を得て一般人の生活を送ることとなる。 数種の武術や格闘技のインストイラクター資格を有する岡田が、ファブルとして初の殺し屋役に挑戦。ファブルの妹という設定を持ち、相棒も務めるヨウコ役を木村が、ファブルをプロの殺し屋に育ててきたボス役を佐藤がそれぞれ演じる。そのほかに...more
カテゴリー:

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演 - 06月23日(土)05:00 

「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と...
カテゴリー:

ジミー大西のありえへん行動が明らかに!? 明石家さんまプロデュース「Jimmy」予告編解禁 - 06月23日(土)15:10 

7月20日(金)より全世界190ヵ国で独占配信される、Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の予告編が、公開された。 【写真】2年がかりの大作がいよいよドラマ化! 本作は、明石家さんまが初プロデュースする連続ドラマで、1980年代の大阪を舞台に、お笑い界のスーパースターである明石家さんまに見いだされた、ジミー大西が唯一無二の芸人として次第に才能が開花していく姿を描く。 ジミー大西役に中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が務めることでも話題を集めている。 今回、公開された予告編は、吉本興業に舞台進行見習いとして就職したジミーが、大失敗の反省を示すため、股間をひもで階段にくくり付けているところに、さんまが「おまえ誰や?」と怪訝そうにやってくるという出会いのシーンで幕開け。 その後も、前の車が止まっているのを渋滞していると勘違いしたり、点滴を「飲んだ方が早い」と飲んでしまうなど、ジミーの“ありえへん”エピソードの連発!  ドラマ本編では、そんなジミーの「アホみたいなホンマの話」が多数描かれ、お笑い芸人から世界的画家となるまでの一部始終が笑いと感動と共に描かれている。 また、予告編の後半では、主題歌であるMISIAの「最後の夜汽車」が流れる中、テレビ局の名物プロデューサー役の佐藤浩市、大竹しのぶ役の池脇千鶴、ジミー大西の恩師とも言える野球部顧問の先生役で生瀬勝...more
カテゴリー:

【映画】ザ・ファブル:人気マンガが実写映画化 岡田准一が初の殺し屋役 福士蒼汰、向井理ら豪華俳優陣集結 - 06月23日(土)05:04  mnewsplus

2018年06月23日 ザ・ファブル:人気マンガが実写映画化 岡田准一が初の殺し屋役 福士蒼汰、向井理ら豪華俳優陣集結  マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中の南勝久さんの人気マンガ「ザ・ファブル」が実写映画化され、人気グループ「V6」の岡田准一さんが主演を務めることが23日、明らかになった。無敵の天才殺し屋である通称ファブルが主人公のマンガで、岡田さんは初の殺し屋役に挑む。また、木村文乃さん、山本美月さん、福士蒼汰さん、柳楽優弥さん、向井理さん、安田顕さん、佐藤浩市さんが出演することも発表さ...
»続きを読む
カテゴリー:

岡田准一、初の漫画原作主演で殺し屋役 豪華キャスト集結で『ザ・ファブル』映画化 - 06月23日(土)05:00 

 人気グループ・V6の岡田准一が、映画『ザ・ファブル』(2019年公開)に主演し、“殺し屋”役に初挑戦することが22日、わかった。原作は、『週刊ヤングマガジン』で連載中の南勝久氏の人気漫画。1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送ることになる主人公を演じる。映画俳優として数々の受賞歴を誇る岡田が、漫画原作の映画に主演するのはこれが初めて。 【画像】今年は時代劇映画の公開が控える岡田准一  天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。英語で寓話(ぐうわ)を意味するが、それほど圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める腕の持ち主だった。そんな彼がボスから与えられた次なる指令は、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること。「佐藤アキラ」という偽名を与えられ、万が一誰かを殺したらボスによって処分されるという条件付きの究極のミッションに挑むが…。  アキラの相棒で妹という設定で一緒に暮らすヨウコ役で木村文乃、ファブルを幼い頃から指導しプロの殺し屋に育てあげるボス役で佐藤浩市、アキラが大阪で出会う初めての一般人の女性で、親の借金を返すために真面目に働くミサキ役で山本美月が出演。  さらに、大阪の暴力組織・真黒(マグロ)カンパニー社長でファブルの世話人を請け負う海老原役で安田顕、海老原の弟分で真黒カンパニーに属し、刑務所から...more
カテゴリー:

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演 - 06月23日(土)05:00 

 「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と豪華な面々が顔をそろえ、「今、一番面白い」と呼び声高い漫画の実写化に挑む。  裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を時にコミカル、時にシリアスに描いたエンタテインメント作。単行本の累計発行部数は200万部を突破し、2017年度の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した。  日本映画界トップクラスの人気・実力に加え、数種の武術・格闘技インストラクター資格を持つ岡田が、大阪では「佐藤アキラ」の偽名で生活を送る無敵の殺し屋・ファブルを演じる。「今回、初めて大人気漫画原作の映画化作品にチャレンジします。江口カン監督を信じて、キャスト、スタッフの皆様と力を合わせて撮影に臨みたいと思います」といい、「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んでいる。  さらに木村はファブルの相棒であり、大阪では「アキラの妹」という設定で暮らすヨウコ役、佐藤浩市はファブルを幼いころから殺し屋...more
カテゴリー:

浅野忠信長男も!最近の「2世」たちに本格志向が増えた理由 - 06月22日(金)16:02 

09年に離婚した浅野忠信(44)とChara(50)の長男でモデルの佐藤緋美(ひみ:18)が俳優デビューすると、スポーツ報知が報じた。デビュー作にもかかわらず、10月7日から上演予定の舞台「書を捨てよ町へ出よう」では初主演をつとめるという。   中学・高校時代をインターナショナルスクールで過ごし、昨秋に1年間のシドニー留学から帰国。モデル活動スタートしていたが、今回のオーディションで選ばれたというのだ。   「父親が浅野さんクラスの俳優であれば、佐藤さんが頭を下げて頼めばいくらでも俳優デビューの機会はあったはず。それを“親の七光り”に頼らず、自力で主演を勝ち取った根性はみあげたものです。『かなりの本格志向だ』と噂になっています」(演劇関係者)   だが佐藤のみならず、ここ最近役者としてデビューした“二世”には本格派が多い。離婚した村上淳(44)とUAの息子・村上虹郞(21)は、映画デビュー作の「2つ目の窓」(14年)で「第29回高崎映画祭」の最優秀新人男優賞を受賞した。   また佐藤浩市(57)の息子・寛一郎(21)は、映画「心が叫びたがってるんだ。」(17年)で俳優デビュー。THE BOOMのボーカル・宮沢和史(52)の息子・宮沢氷魚(24)も昨年放送のTBS系ドラマ「コウノドリ』にレギュラー出演し、俳優デビュー。寛一郎も宮...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤浩市」の画像

もっと見る

「佐藤浩市」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる