「低燃費」とは?

関連ニュース

エブリイ&ハイゼットの2大巨頭の牙城を崩すか? ホンダの異端児、FF軽商用バン「N-VAN」 - 07月16日(月)06:20 

『週刊プレイボーイ 』31号では、ホンダN-VAN開発責任者・古舘茂氏を自動車ジャーナリストの小沢コージが直撃!これぞ軽自動車新二刀流。大谷翔平もビックリの大革命の予感だぜ! それは7月13日新発売のN-VANのこと。ホンダがなんと19年ぶりに出す新型軽商用バンで、一応、商用のバモスやアクティの後継ってことだが、その実態は違う。業界を揺るがす異端児で、中身は現在人気爆発中の2代目N-BOX。つまり軽商用としては前代未聞、乗用FFプラットフォームの二刀流的戦略なのだ。実は軽乗用と商用は似て非なる世界。全長3.4m、全幅1.48m、全高2m以下のボディサイズや660cc以下のエンジン排気量、最大4名の定員はまったく同じ。だが、ラゲッジスペースを2列目より広く取らなければならなかったり、何より絶対車内スペースを稼ぐためにほとんどの車両がキャブオーバーのFRかMRプラットフォーム。つまりエンジンの上に人やキャビンを載せて室内長を稼ぎ、ドライブシャフトで後輪を駆動する特殊レイアウトだった。バモスやアクティもそう。結果、乗り心地は悪いが室内が広く使え、さらに重い荷物をリアに載せて走る場合、真下の後輪を駆動させるのでスリップしにくいなどメリットは大きかった。しかも商用な分、軽自動車税は半額近くて税的メリットもアリ!その実用性、信頼性の高さで現在スズキ・エブリイやダイハツ・ハイゼットの2大巨頭が業...more
カテゴリー:

Official: 上質感を追求したパーソナルコミューターに進化!! ホンダ「スーパーカブ C125」を9月14日より発売!! - 07月10日(火)06:00 

Filed under: ビデオ, 日本, オートバイ, ニューモデル, ホンダ【ギャラリー】2018 Honda C12516ホンダは、スーパーカブシリーズの普遍的な車体パッケージに、最新装備を採用するなど、より上質感を追求した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を9月14日に発売することを発表した。 スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデルのスーパーカブC100を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層のユーザーに愛用され、2018年8月に発売60周年を迎えるロングセラーモデルだ。 フロント回りは、初代モデルのスーパーカブC100をモチーフに、鳥が翼を広げたようなハンドル形状が継承され、一目でスーパーカブと分かるデザインが採用されている。 スーパーカブ C125は、歴代スーパーカブシリーズの特徴的なデザインである、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させる"鳥が翼を広げたような形のハンドル"部から、フロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」を採用するなど、普遍的で気品のあるスタイ...more
カテゴリー:

ホンダ、2輪初"ハイブリッドシステム"採用の『PCX HYBRID』を9月14日に発売 - 07月06日(金)14:43  news

ホンダ、2輪初"ハイブリッドシステム"採用の『PCX HYBRID』を9月14日に発売  ホンダは、二輪初のハイブリッドシステムを採用したスクーター『PCX HYBRID』を9月14日(金)に発売 すると発表した。  PCXシリーズは国内では2010年より販売が開始されたホンダのスクーター。現在は排気量125ccの PCXと150ccのPCX 150の2種がラインアップされている。  ホンダは、2017年に開催された東京モーターショーで、『PCX HYBRID』を市販予定モデルとして出展し、 初のハイブリッドシステムが採用されている二輪車ということ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売★2 - 06月26日(火)08:11  newsplus

ダイハツ工業は2018年6月25日、新型軽乗用車「ミラ トコット」を発表。同日、販売を開始した。 ■コンセプトはエフォートレス ミラ トコットは、若い女性エントリーユーザーをターゲットにしたベーシックな軽乗用車。トコットというのは造語で、「To Character(自分らしさの表現)」「To Comfortableness(安全・安心、運転しやすさ)」「To Convenience(使いやすさ)」の頭文字(To C)から着想を得たという。 コンセプトは「肩ひじ張らず自然体でいられる」ことを表現するファッション用語の「エフォートレス」。目指したのは無...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】トヨタ、21年ぶりに「センチュリー」フルモデルチェンジ V8 5.0リッター+THS IIのハイブリッドモデルに お値段1960万円★2 - 06月23日(土)07:53  newsplus

 トヨタ自動車は6月22日、「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。価格は1960万円。月販目標台数は50台で、生産はトヨタ自動車東日本 東富士工場で行なわれる。  2017年10月の発表どおり、3代目となる新型センチュリーのパワートレーンはこれまでのV型12気筒5.0リッター「1GZ-FE」型エンジンからV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」型エンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルへと進化した。  センチュリーは、1967年にトヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の生誕100年を記念して発売されたモデ...
»続きを読む
カテゴリー:

Official: ついにスクーターもハイブリッドに!! ホンダ、世界初の量産ハイブリッドスクーター「PCX HYBRID」を発表!! - 07月12日(木)10:00 

Filed under: ホンダ, オートバイ, ハイブリッド, ニューモデル, ホンダ【ギャラリー】2018 Honda Pcx Hybrid3ホンダは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで人気のスクーター「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを採用した原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「PCX HYBRID」をタイプ設定し、9月14日から発売することを発表した。 PCX HYBRIDは、2018年4月に発売されたPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現している。 なお、走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定。快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としているとのことだ。 エンジンの始動とアシストは、高出力型の48V系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源に、アシスト制御やバッテリー監視機能などを持つ「パワードライ...more
カテゴリー:

【バイク】世界初のハイブリッド二輪車「PCX ハイブリッド」、ホンダが発売へ 価格は43万2千円 - 07月06日(金)14:53  newsplus

世界初のハイブリッド二輪車 ホンダが発売へ 画像:ホンダが9月に発売する世界初のハイブリッド二輪車「PCX ハイブリッド」  ホンダは6日、モーターとエンジンを併用するハイブリッドシステムを搭載した世界初の量産二輪車「PCX ハイブリッド」を9月14日に発売すると発表した。  主に発進時の加速をモーターで強化することにより、動力性能を引き上げた。  排気量125ccのエンジンに加え、リチウムイオン電池を動力源とするモーターを搭載。  モーターだけで走ることはなく、あくまでエンジンの駆動を...
»続きを読む
カテゴリー:

新型カローラスポーツのタイヤにBSの「ECOPIA」が採用!!スポーツ車にエコタイヤ!クソワロタw - 06月30日(土)20:19  news

ブリヂストンは、トヨタ自動車が6月26日に発売した、新型ハッチバック『カローラスポーツ』の新車装着タイヤとして、「ECOPIA」の納入を開始した。 装着タイヤパタンは「ECOPIA EP150」、タイヤサイズは195/65R15 91H。 ブリヂストンによると、ECOPIA EP150は、カローラスポーツの低燃費と操縦安定性、乗り心地の実現にあたり、重要な役割を果たしているという。 ブリヂストンのECOPIAシリーズは、安全性能や操縦性能、乗り心地などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランドだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売 - 06月25日(月)20:45  newsplus

ダイハツ工業は2018年6月25日、新型軽乗用車「ミラ トコット」を発表。同日、販売を開始した。 ■コンセプトはエフォートレス ミラ トコットは、若い女性エントリーユーザーをターゲットにしたベーシックな軽乗用車。トコットというのは造語で、「To Character(自分らしさの表現)」「To Comfortableness(安全・安心、運転しやすさ)」「To Convenience(使いやすさ)」の頭文字(To C)から着想を得たという。 コンセプトは「肩ひじ張らず自然体でいられる」ことを表現するファッション用語の「エフォートレス」。目指したのは無...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】トヨタ、21年ぶりに「センチュリー」フルモデルチェンジ V8 5.0リッター+THS IIのハイブリッドモデルに お値段1960万円 - 06月22日(金)14:44  newsplus

 トヨタ自動車は6月22日、「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。価格は1960万円。月販目標台数は50台で、生産はトヨタ自動車東日本 東富士工場で行なわれる。  2017年10月の発表どおり、3代目となる新型センチュリーのパワートレーンはこれまでのV型12気筒5.0リッター「1GZ-FE」型エンジンからV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」型エンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルへと進化した。  センチュリーは、1967年にトヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の生誕100年を記念して発売されたモデ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「低燃費」の画像

もっと見る

「低燃費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる