「伝統行事」とは?

関連ニュース

「サザエさん」祝・作品No.7777!七夕スペシャルエピソードを放送 - 06月24日(日)12:00 

7月1日(日)の「サザエさん」(毎週日曜夜6:30-7:00、フジテレビ系)では、作品No.が7777という“ゾロ目”を迎えたことを記念し、七夕にまつわるスペシャルエピソードを放送する。 【写真を見る】カツオ動揺…かおりちゃん、京都旅行で知り合った男と!?/(C)フジテレビ 1969年の放送開始以降、幅広い世代から愛されている国民的アニメ「サザエさん」。2019年にはアニメ50周年を迎え、これまで日本の季節の移り変わりや家族の大切さなど、いつの時代にも残したいメッセージを伝え続けている。 作品No.7777「あさひが丘の織姫さま」は、カツオの友達・かおりちゃんが短冊に書いた願い事をきっかけに、カツオが動揺し始め…という、ほのぼのとしたストーリー。日本の伝統行事である七夕を、磯野家と周りの人々とのやりとりを通して描いていく。 その他、「あこがれの散策」「カミナリさまの孫」と計3本のエピソードを放送。渡辺恒也プロデューサーは、「7と言えばラッキーセブン! 当たり前のことですが7が並ぶのはNo.777から7000話ぶり、次に7のゾロ目が来るのは70000話先! これまで積み上げてきたアニメ『サザエさん』の長い歴史を改めて感じるとともに、これから先もずっと楽しい家族の日常をお届けしていきたいと、スタッフ一同思いを新たにしています」と、その喜びとともに長寿番組への思いを語った。(ザテレビジョ...more
カテゴリー:

『サザエさん』作品No7777で七夕SPエピソード「あさひが丘の織姫さま」 - 06月24日(日)12:00 

 7月1日に放送されるフジテレビ系人気アニメ『サザエさん』(毎週日曜 後6:30)では作品No.7777として「あさひが丘の織姫さま」と題した季節感あふれる七夕のスペシャルエピソードを送る。『サザエさん』の各エピソードにはランダムで作品ナンバーがつけられており、ついにこの作品No.が7777というゾロ目を迎える。これを記念して“7”にちなんだエピソードを放送することとなった。 作品No.7777『あさひが丘の織姫さま』場面カット  同局・渡辺恒也プロデューサーは「7月7日は織姫と彦星が一年にたった一度会うことができるとされる七夕の日。もしかしたら普段会えない人に会いたくなる、そんなお話になっています」と説明。  「7と言えばラッキーセブン! 当たり前のことですが7が並ぶのはNo.777から7000話ぶり、次に7のゾロ目が来るのは70000話先! これまで積み上げてきたアニメ『サザエさん』の長い歴史を改めて感じるとともに、これから先もずっと楽しい家族の日常をお届けしていきたいと、スタッフ一同思いを新たにしています」とコメントを寄せた。  このエピソードでは七夕が近づき、磯野家やカツオの友達たちも、願い事を短冊に書いて笹竹につるす。そんななか、かおりちゃんが『彦星さまに会えますように』と書いていた。かおりちゃんは京都旅行で知り合った男の人と、七夕に東京で会う約束をしていたのだ。...more
カテゴリー:

『サザエさん』作品No.7777でゾロ目記念!?七夕に関するエピソードを放送 - 06月23日(土)07:07 

昭和44年(1969年)に放送が開始され、2019年にはアニメ50周年を迎える国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系、毎週日曜18:30~)。7月1日放送のNo.7777では、「あさひが丘の織姫さま」と題して七夕に関するエピソードが放送される。(※各エピソードに作品No.が付けられているが、ランダムに放送されているため、放送順が7777話目ということではない)この話では、カツオが、友達のかおりが短冊に「彦星さまに会えますように」と書いていたことで動揺。かおりは京都旅行で知り合った男の人と、7月7日に東京で会う約束をしており、それを聞いたカツオは、七夕の日を迎えてもずっと落ち着かず……という話で、日本の伝統行事である七夕を、磯野家と周りの人々のほのぼのとしたやりとりを通して描いていく。その他にも「あこがれの新築」「カミナリさまの孫」と、計3本のエピソードがラインナップされている。今回の放送について、フジテレビ編成部の渡辺恒也プロデューサーは、「サザエさんの各エピソードには作品No.(ナンバー)というものがあり、放送でもサブタイトルの画面に記載されているのですが、ついにこの作品No.が7777というゾロ目を迎えます! これを記念して、7月1日の放送では7にちなんだスペシャルエピソードを放送することにしました。7月7日は織姫と彦星が1年にたった1度会うことができるとされる七夕の日。もし...more
カテゴリー:

上白石萌音がおすすめ!高校生が「高校時代に読んでおくべき本」 - 06月22日(金)09:46 

小説やエッセイなど、さまざまなジャンルがある書籍。でも、数が多いからこそ、興味があっても「どれを読んだらいいんだろう?」と悩む人も多いのでは?そこで今回、俳優や女優、アーティストや有名企業社長に“高校生の今だからこそ読んでおくべき書籍”を紹介してもらうことに!第1弾に登場した音楽プロデューサーのtofubeatsさんに続いて、第2弾に出演してくれたのは女優で歌手の上白石萌音さん!「小学生の頃から読者が好きだった」という彼女がおすすめする5冊を、一挙紹介! ●上白石萌音1998年生まれ。趣味は読書や歌、ダンス。実写映画『ちはやふる』で大江奏役を演じ、2016年にはアニメ映画『君の名は。』のヒロイン・宮水三葉の声優を務め、また、主題歌『なんでもないや』も歌唱した。現在公開中の映画『羊と鋼の森』には、実の妹・萌歌とともに姉妹役として出演している。 上白石萌音さんがおすすめする本! “本”との出会いに感動できるようになる! ▼『さがしもの』(角田光代 著/新潮文庫)“本”にまつわるストーリーを集めた短編集。病床のおばあちゃんに本探しを頼まれた少女の奔走を描く物語『さがしもの』や、主人公が持ち主不明の詩集に挟まれたメッセージを見つける『手紙』など、現実味のある物語から不思議なストーリーまで、9つの短編が詰まった一冊。 「これは“本”にまつわるストーリーを集めた一冊です。私はもともと...more
カテゴリー:

七五三前撮り体験記 ――親合格と見られたくて - 06月21日(木)10:00 

ライフハックがもてはやされる世の中で、独特の存在感を放っているのが、「子どもにまつわる伝統行事」だ。 「どんな意味があるの?」という素朴な疑問と、「やっておいた方が無難」という同調圧力、「将来子どもに恨まれないため」の保険と、伝統行事にまつわる企業の戦略にひっかかる、など清濁併せ呑みながら、命名式から始まって、お宮参り、お食い初め……等とクリアして、やってきました七五三。 七五三は、本来数えの年で子どもの成長を祝うものであるが、もはや「本来」とか「もともと」がもたらすメリットが謎。 一説には、子どもの脳みそが急激に発達する数えの3歳(イヤイヤ期か)、5歳(プチ反抗期といわれるアレか)、7歳(脱・神様のモノたる何かがあるのか)にお祝いをすることで、急激な成長に伴う「ひずみ」に気を付けなされ~と警鐘を鳴らすものだという。そう考えると、扱いにくい時期を周知させるためのラベリングだったのか、と少し納得する。 だが、今の世間の七五三イメージは、子どもの健やかな成長を着物を着せて祝って記録するものであり、そのタイミングがたまたま昔ながらの、3、5、7歳であるといったものだろう。 我が家の上の子(男)は数えで6歳、下の子(女)は3歳である。 本来上の子の5歳祝いは昨年やるはずで、2017年11月、普段着でフラッとお参りに行き、祈祷が激混みのため、あきらめて帰ってきた経験がある。 今...more
カテゴリー:

『サザエさん』作品No.7777でゾロ目記念!?七夕に関するエピソードを放送 - 06月24日(日)12:00 

昭和44年(1969年)に放送が開始され、2019年にはアニメ50周年を迎える国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系、毎週日曜18:30~)。7月1日放送のNo.7777では、「あさひが丘の織姫さま」と題して七夕に関するエピソードが放送される。(※各エピソードに作品No.が付けられているが、ランダムに放送されているため、放送順が7777話目ということではない)この話では、カツオが、友達のかおりが短冊に「彦星さまに会えますように」と書いていたことで動揺。かおりは京都旅行で知り合った男の人と、7月7日に東京で会う約束をしており、それを聞いたカツオは、七夕の日を迎えてもずっと落ち着かず……という話で、日本の伝統行事である七夕を、磯野家と周りの人々のほのぼのとしたやりとりを通して描いていく。その他にも「あこがれの新築」「カミナリさまの孫」と、計3本のエピソードがラインナップされている。今回の放送について、フジテレビ編成部の渡辺恒也プロデューサーは、「サザエさんの各エピソードには作品No.(ナンバー)というものがあり、放送でもサブタイトルの画面に記載されているのですが、ついにこの作品No.が7777というゾロ目を迎えます! これを記念して、7月1日の放送では7にちなんだスペシャルエピソードを放送することにしました。7月7日は織姫と彦星が1年にたった1度会うことができるとされる七夕の日。もし...more
カテゴリー:

願い込め、舟よ進め! 花館小児童「鹿島流し」 - 06月24日(日)11:37 

 秋田県大仙市大曲地域の伝統行事「鹿島流し」が22日行われ、大曲、花館両小学校の児童が鹿島舟をそれぞれの学校近くの川に流した。 大曲小は3年生109人が参加。ほら貝の音を鳴り響かせながら、鹿島人形20…
カテゴリー:

メモリアルイヤーは開催内容もプレミアム!主催者に聞く「足立の花火」の見どころ - 06月22日(金)18:15 

7月21日(土)に開催される荒川の伝統行事「足立の花火」。主催者に取材したところ、40回目を数える今年は例年になくその内容がパワーアップしていることが判明した。気になる詳細を開催前に一足お先にご紹介する。 【写真を見る】夜空を飾り付ける美しい花火の競演は見る者の心を捉えて離さない (写真は2017年のもの)/一般社団法人足立区観光交流協会 ■ 【見どころ 其の1】今年は打ち上げ総数増発!盛大なオープニング 記念すべき「第40回足立の花火」は、昨年の約1万2,000発から1万3,600発へと打ち上げ総数を増発。開催時間は1時間のままなので、より密度を増した花火が楽しめることになった。ちなみにこれは実施時間を考えると花火業者からもギリギリの打ち上げ総数といわれているそうだ。 また、「夏の花火は足立から・・・」をテーマにする同花火大会は、夏に東京で行われる花火の中でもっとも早く開催されることでも知られている。今年も開催時刻の19時30分を迎えるとカウントダウンが始まり、その後、荒川の夜空から夏花火の季節到来を告げるのにふさわしく、4秒間で400発を一斉に打ち上げる盛大なオープニングが予定されている。 ■ 【見どころ 其の2】初の試み“Wナイアガラ” さらに昨年は「イルミネーションツリー」に変更された「足立の花火」伝統の“ナイアガラ”が1年ぶりに復活。最新の芸術玉「糸柳先青(いとやなぎさき...more
カテゴリー:

<金比羅樽流し>水難防止を祈る伝統行事「この文化は絶やすまい」 - 06月22日(金)08:59 

…山形県中山町の最上川で、小ぶりな樽(たる)に酒を詰めて流す「金比羅(こんぴら)樽流し」が行われた。水の神として知られる香川県の「金刀比羅宮」をたたえ、水難防止を祈る伝統行事だ。 ◇…かつては県内各地
カテゴリー:

くも合戦 未来遺産申請 加治木保存会、継承狙う - 06月20日(水)13:00 

 加治木町くも合戦保存会(姶良市、吉村正和会長)は、伝統行事「加治木くも合戦」を日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産」に申請、登録を目指している。役員の高齢化が進む中、若者の関心を高め、行事を継承するのが狙い。書類選考や現地調査を経て、12月にも登録の可否が決まる。
カテゴリー:

もっと見る

「伝統行事」の画像

もっと見る

「伝統行事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる