「伝統工芸」とは?

関連ニュース

伝統の竹編みでQRコード模様 - 07月18日(水)05:00 

貴州省三穂県の伝統工芸である竹編みで、QRコード模様の作品が人気を集めている。同県出身の楊杜鵑(けん)さんが約4年前に職人とともに起業、企画したもの。会社の売上…
カテゴリー:

道の駅で遊んだあとは歴史の町へタイムスリップ!熊本・山鹿のドライブスポット4選 - 07月14日(土)10:00 

熊本・山鹿には、明治・大正時代の風情あるレトロな町並みが残る。地元食材と施設が充実し、さまざまなアクティビティが楽しめる道の駅など、見どころも盛りだくさん。ドライブをしながら、歴史の街へタイムスリップしよう! 【写真を見る】火の国 ゆるり庵 / 「豊前街道石畳カレー」(1300円+税)は、サラダ、デザート、コーヒー付き。石鍋で熱々のカレーは阿蘇の溶岩を表現 ■ 多くの著名人が立った舞台「八千代座」 1910(明治43)年に建てられ、翌年にこけら落としが行われた芝居小屋「八千代座」。花道、廻り舞台、奈落など、江戸時代の歌舞伎小屋様式を今も残している。公演日以外は見学も可能。国指定の重要文化財に登録されている。 [八千代座]熊本県山鹿市山鹿1499 / 0968-44-4004 / 9:00~18:00(最終受付17:30) / 第2水曜休み、不定休 ■ 一日中遊べる複合施設「道の駅水辺プラザかもと」 物産館だけでなく、天然温泉や食事、体験といろいろ楽しめ、宿泊までできる道の駅「道の駅水辺プラザかもと」。温泉とバイキングがセットになったお得なチケット(中学生以上1330円)がおすすめだ。 4月~10月まで土曜、日曜、祝日(夏休み期間中は1カ月間通し営業)には、カヌーを体験できる。営業時間は午前10:00~午後5:00(午前4:00受付終了)で、1隻を60分500円で利用できる。 [...more
カテゴリー:

河野外相「日本文化堪能して」=パリでジャポニスム開幕 - 07月13日(金)07:55 

 【パリ時事】フランスを訪問中の河野太郎外相は12日、日仏修好通商条約の締結から160周年を記念した日本博「ジャポニスム2018」の開幕式に出席し、「1人でも多くの方に触れてもらい、日本文化を堪能してほしい」とあいさつした。 河野氏は日本の浮世絵に影響を受けたゴッホやモネを例に挙げ、「日仏間には心と心で結ばれた長い歴史がある」と語った。ニセン仏文化相も「フランスでは昔から日本文化に魅力とあこがれを感じている。開催を誇りに思う」と応じた。 両国の芸術関係者らが招待された開幕式では、大分県竹田市に拠点を置く団体「ドラム・タオ」が和太鼓と琴などの演奏を披露。会場からは大きな拍手が起こった。 ジャポニスムでは来年2月までの間、現代美術や伝統工芸品の展覧会のほか、歌舞伎や演劇の上演など多岐にわたるイベントがパリ市内を中心に約100カ所の会場で行われる。 【時事通信社】
カテゴリー:

~日本最大級の日本文化お祭りイベント~江戸の町民文化の雰囲気を味わいつくす、エンタテインメントプレイスが上野恩賜公園に出現! - 07月10日(火)14:00 

東京江戸ウィーク実行委員会(東京都台東区 実行委員長:橋本 芽空/はしもと がく)は、和装を楽しみながら、日本の伝統工芸をはじめとする日本文化を観て、触って、学び、参加できる体感型イベントとして「東京江戸ウィーク 2018」(以降、東京江戸ウィーク)を開催します。今年で3回目を迎える本イベントは、和装を推奨し、盆踊りあり、縁日あり、江戸のファーストフードありと、お子様から外国人観光客まで、幅広い層の方々が1日中楽しむことのできる、ジャパンカルチャー&エンタテインメントプレイスです。本年も多くの方が和装(浴衣や着物)で上野公園を訪れ、江戸の空気を感じ、町民文化の雰囲気を味わいつくせるよう、様々なコンテンツをご提供いたします。今年で3回目となる『東京江戸ウィーク』2018年7月26日(木)~7月29日(日)にて開催。
カテゴリー:

30秒でモチぷる肌になれる!? 人気の「洗顔ブラシ」を使いこなす方法 - 07月07日(土)10:00 

もう一度おさらい! 洗顔と洗顔ブラシのウソ・ホント 洗顔は美肌の基本。それだけに、さまざまな情報が溢れていて、かえって判断に迷うことも。洗顔や洗顔ブラシについて、よくある疑問に答えながら、知っているつもりの洗顔をもう一度チェックしてみましょう! ●朝洗顔は必要ない? 朝は忙しいし、メイクを落とすわけじゃないから、簡単に水で洗うだけで済ましてしまうという方も多いかもしれません。 でも、寝起きの顔って、ベタつき、てかりが気になりますよね。そこには夜に落としきれなかったメイクや汚れ、寝ている間に分泌された皮脂などが潜んでいます。こうした肌表面の汚れや皮脂、不要な角質を落とすこと、これが朝洗顔の役割です。 ●洗顔は時間をかけて、ていねいに? 確かに、力まかせにゴシゴシ…は肌を傷つける恐れもあるためNG。また、時間をかけすぎると、必要な潤いまで落とすことにつながり、こちらも肌に悪いと考えられます。 洗顔料の洗浄成分による刺激を抑えるためにも、泡を顔につけている時間は、朝洗顔なら15秒程度、夜洗顔でも1分以内にとどめましょう。ただし、泡立てはしっかりと、すすぎはていねいにすることを心がけましょう! ●お風呂で洗顔、タイミングはいつ? 帰宅したら、まずルームウェアに着替えてメイクを落としたい、という女性は多いはず。中には、先にクレンジングだけして、あとからお風呂で洗顔をするという方も...more
カテゴリー:

【限定20個】伝統×伝説の黄金メロン【黄美香 】1.9kg以上 Ver.1.2 (畑の中から上位5%を厳選しました)¥12,000 https://oka-yu.com - 07月17日(火)14:32 

[あわら温泉 フルーツパーク OKAYU] 本日は、私が現在栽培している『黄金のメロン(黄美香)』のご案内です。 [画像1: https://prtimes.jp/i/35535/1/resize/d35535-1-284771-1.jpg ] ≪農業×伝統工芸士 による新しい価値の創造≫ 伝統&time...
カテゴリー:

夏休みの旅行先はもう決まった?八丈島ならお店のレジでお金を引き出せるんだって! - 07月13日(金)10:54 

7月も中盤にさしかかりそろそろ夏休みの計画を立てている方も多いのではないでしょうか。南国に旅行するのもいいけど、この時期は旅費も高いし、とにかく混んでます。 そこで、意外と穴場なのが東京から一番近い南国と呼ばれる八丈島。 羽田から1時間あまりで「八丈ブルー」と呼ばれる紺碧の海に遊びに行くことができます。 ■八丈島って? 八丈島は伊豆諸島の島で、行政区分は東京都八丈町になります。 観光のメインは海で、なかでも底土海水浴場は島唯一の人工砂浜になっており、観光の拠点となってます。 また、ダイバー達からは「八丈ブルー」と形容されるほど透明度が高い紺碧の海が広がってます。 郷土料理の島寿司は、醤油漬けにした寿司種にワサビの変わりにからしを載せて食べるスタイルで、島の近海で獲れた新鮮な海の幸を味わうことができます。 その他伝統工芸品「黄八丈織物」や天然記念物の「ポットホール」など、八丈島でしか味わったり体験したりできないポイントがたくさんあります。 ■八丈島なら現金もクレジットカードもいらない!? 実は、八丈島はATM設置台数が少なく、コンビニエンスストアもありません。八丈島のATM利用環境を知らずに来島した観光客が現金を引き出せず、八丈島の観光課題となっていたそうです。 こうした観光課題解決のため、観光課題の解決に取り組む島内民間事業者(空港、ホテル、タクシー、...more
カテゴリー:

鴛海織物工場プレスリリース:『森山虎雄・哲浩 久留米絣展』 - 07月10日(火)15:00 

福岡県の伝統工芸、久留米絣の展示、販売会のご案内です。 今年は久留米絣を考案した井上伝没後150年を記念し、井上伝の資料を展示した親子展を開催いたします。 当工房は江戸時代の終わりの創業で天然藍染、手織りによる反物・洋服・小物バッグ・絣糸のニット製品等を製作。 国指定重要文化財久留米絣を受け継ぐ森山虎雄・哲浩の作品を展示・販売いたします。是非ご高覧くださいませ。 開催期間:2018年7月24日(火)~30日(月) 10:30~19:30(最終日17:00まで) 会場:福岡県福岡市博多区下川端町3-1博多リバレイン1F    HAKATA JAPAN 店内 TEL:092-263-1112 Mail:info@hakatajapan.jp
カテゴリー:

金魚と光と芸術が踊る異空間へトリップ。「日本橋 アートアクアリウム2018」 - 07月08日(日)15:00 

毎年夏が来ると楽しみにしている「アートアクアリウム」が今年も日本橋にやってきました。金魚や錦鯉を中心に約8000匹もの観賞魚がアートと光に包まれて優雅に舞い泳ぐ会場は圧巻! 今年もさらにパワーアップかつ洗練された空間を、編集部Yがひと足お先に体感してきました。【粋で派手好きな当時の江戸っ子にも見せてあげたい。現代の金魚観賞】日本橋といえば、江戸時代から変わらない商業の中心地。ここで生まれて花開いた江戸文化は、さまざまな美しい日本の芸術や風習を育ててきました。夏に風鈴の音を聞いたり、水の中を優雅に泳ぐ金魚を見たりして、五感で涼しさを感じる工夫をしてきたのだと言われています。そんな風習のひとつ、金魚観賞がアートとなって現代によみがえったのが「アートアクアリウム」なのです。「今年は来たるオリンピックイヤーを意識して『真の日本』をコンセプトに、伝統的な工芸品と金魚のコラボレーション、金魚のほかにも錦鯉を前面にフィーチャーしているのが特徴です」と、アートアクアリウム アーティストである木村英智さん。フォトジェニックで神秘的でゴージャスなこのイベントの見どころをご紹介。◆ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018 の見どころをピックアップ【入口からサプライズ!江戸時代の伝説を実現した「天井金魚」】まず、会場に続く通路から作品がスタート。ゆらゆらと金魚が泳ぎ、光の色が次々と変わる天井を見...more
カテゴリー:

まったく新しい目薬の企画展「世界の瞳は思った以上に過酷な目にあっている展」開催 - 07月06日(金)18:00 

ロート製薬では、目薬発売110周年を迎えるにあたり、今週末の2018年7月8日(日)、代官山ヒルサイドテラス ANNEX-Aにおいて、瞳の健康にとって“極地”と言える世界4か国の課題に挑む目薬の企画展「世界の瞳は思った以上に過酷な目にあっている展~4つの極地、4つのアイケアコンセプトモデル~」(以下、「過酷な目にあっている展」)を開催する。■「まだ世界のどこにも存在しない目薬」がテーマロート製薬のコーポレート・アイデンティティ「NEVER SAY NEVER」。まさに“できないなんて言わない”精神で、これまで同社はさまざまな革新的アイディアと行動力で、人々の目の健康を守り続けてきた。今回の「過酷な目にあっている展」は、そんな不可能を可能にしてきたロート製薬が、目薬発売110周年を迎えるにあたって実施する企画展となる。「まだ世界のどこにもない目薬」をテーマに、常識の枠を超えたチャレンジスピリットと、「ひとりひとりの瞳を真剣に考え、世界中の瞳に健康を届けていきたい」というロート製薬の想いを届ける。■過酷な環境におけるコンセプト目薬を4タイプ披露「過酷な目にあっている展」では、瞳にとっての過酷な環境を世界中から選び出し、その課題に挑む「目薬のコンセプトモデル」を4タイプ披露する。具体的には、1)砂漠に覆われた国=カザフスタン2)紫外線の強い国=オーストラリア3)寒さの厳しい国=アイスラン...more
カテゴリー:

もっと見る

「伝統工芸」の画像

もっと見る

「伝統工芸」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる