「伊達政宗」とは?

関連ニュース

南原清隆が「24時間テレビ」スペシャルサポーターに!【視聴熱TOP3】 - 05月24日(木)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、5月23日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】Sexy Zoneのマリウス葉が「ヒルナンデス!」に登場。南原清隆に「24時間テレビ」スペシャルサポーターに決定したことを発表 1位「24時間テレビ」(日本テレビ系)7208pt 8月25日(土)、26日(日)に放送される「24時間テレビ41 愛は地球を救う」。メインパーソナリティーを務めるSexy Zoneのマリウス葉が、5月22日の「ヒルナンデス!」(毎週月~金曜朝11:55-昼1:55)に出演し、南原清隆がスペシャルサポーターに決定したことを発表した。 「さまざまな方をサポートできれば」と意気込む南原は、健常者と障がい者がペアを組む「ブラインドダンス」にも挑戦。番組の生放送中にチームを率いて大会に出場することも明らかになった。 2位「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(毎週水曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)6000pt 5月23日は、「笑コラ!ロマンSP」と題した放送に。「日本列島 待ち合わせの旅」「日本列島 ダーツの旅」などでロマンあふれる出会いが紹介された。 そんな中、「日本列島 記念館の旅」が大きな反響に。大野拓郎が日本刀の産地として名を馳せた岡山にある「備前長船刀剣博物館」を訪問。熱狂的な刀剣ファンから魅力を教わった。 さらに、伊達政宗が...more
カテゴリー:

東北大の新スパコン、愛称は「MASAMUNE-IMR」 - 05月23日(水)12:15 

 東北大学は2018年5月17日、東北大学金属材料研究所計算材料学センターで2018年8月から運用を開始する新スーパーコンピューティングシステムの愛称を、「MASAMUNE-IMR」に決定したことを発表した。仙台藩の藩祖・伊達政宗公にちなんだ命名。 新しいスーパーコンピューティングシステムの愛称は、2018年2月から約1か月間一般公募を行い、応募総数486件から決定した。選ばれたのは、青森県十和田市の会社員の作品「MAterials science Supercomputing system for Advanced MUlti-scale simulations towards NExt-generation - Institute for Materials Research」。スーパーコンピュータの筐体パネルには、愛称の文字と、墨絵師の御歌頭(OKAZU)氏による政宗公のイメージが描かれている。 計算材料学センター センター長は、伊達政宗公にちなんだ愛称について「東北大学金属材料研究所のスーパーコンピュータで得られた材料科学に関わるマルチスケールシミュレーションの研究成果を、次世代に向けて仙台から世界へ広くアピールできるようにと、本愛称に決定致しました」とコメント。応募者に感謝を述べている。 東北大学・金属材料研究所・計算材料学センターのスーパーコンピューティングシステムは、...more
カテゴリー:

筆の妖精「おふで」 角田ファンの拡大に - 05月20日(日)09:34 

◇…伊達政宗の次女「牟宇(むう)姫」が藩制時代の角田館主石川家に嫁いで、来年で400年。「牟宇姫の郷」で地方創生を図る角田市の牟宇姫キャラクターに寄り添うのが「おふで」だ。 ◇…牟宇姫は政宗譲りで筆ま
カテゴリー:

伊達政宗歌、83年ぶり復活 仙台・青葉まつり - 05月19日(土)17:54 

伊達政宗歌、83年ぶり復活 仙台・青葉まつり
カテゴリー:

【仙台】「政宗公賛歌」83年ぶり復活 かつては「不敬」で普及禁止 - 05月15日(火)06:51  newsplus

 仙台藩祖・伊達政宗をたたえる歌だったのに、「不敬」だとして禁じられた歌がある。政宗公没後300年にあたる1935(昭和10)年につくられた「御藩祖(ごはんそ)をどり」だ。歴史に埋もれていたこの歌が、83年ぶりに復活する。19日の仙台青葉まつりが、晴れ舞台になる。  その年、仙台では政宗公三百年祭の記念事業がいくつも計画された。一つが仙台城跡の騎馬像建立、もう一つの目玉が歌の制作だった。西条八十が詞、中山晋平が曲を担当、「三百年 光いやます御藩祖さまよ」で始まる歌ができた。  お披露目は、同...
»続きを読む
カテゴリー:

伊達政宗383回目の命日 瑞鳳殿で法要、木像も公開 - 05月24日(木)12:07 

伊達政宗383回目の命日 瑞鳳殿で法要、木像も公開
カテゴリー:

【震災7年 明日への一歩】「オール宮城」で復興 工芸品「雄勝の濡れ盃」の誕生秘話 - 05月21日(月)07:00 

2011年3月11日の東日本大震災から7年余。被災地では復興支援の取り組みが今も続けられている。そんななか、酒器である「盃」をとおして、津波で大被害を受けた宮城県沿岸部の人々を、比較的被害が少なかった内陸部の人々が支援する取り組みが話題になっている。 「盃」の原材料の石を沿岸部の石巻市が提供、内陸部の企業や大学のテクノロジーが高度な工芸品に仕上げる「オール宮城」の連携プレーだ。 津波被害の沿岸部の原石を、内陸部のハイテクで「盃」に加工 この盃は「雄勝(おがつ)の濡れ盃」。材料の雄勝石は、津波で壊滅的な被害を受けた石巻市雄勝町で産出される硬い粘板岩だ。黒光りする独特の光沢があり、スパッ、スパッと平らにキレイに割れるため、2012年に復元された東京駅丸の内駅舎のスレート屋根に使われている。 また、雄勝石で作られた雄勝硯(すずり)は、濡れた風合いの素晴らしさから伊達政宗も愛用したといわれ、国指定の伝統工芸品になっている。 ただし、雄勝石は平らに割れやすい性質があるため、丸く加工するのが非常に難しかった。その難しさを、東北大学大学院工学研究科の堀切川一男(ほりきりがわ・かずお)教授(摩擦学)の指導を受け、宮城県美里町の金属加工メーカー「キョーユー」(畑中得實社長)が、2ミリの薄さに削ることに成功した。直径10センチの丸く平らな盃と、外径5センチのぐい呑みに仕上げた。2015年12月のことだ...more
カテゴリー:

<青葉まつり>「御藩祖をどり」復活 83年ぶりに披露 - 05月20日(日)06:05 

19日に始まった仙台・青葉まつりの開会式で、幻の歌「御藩祖(ごはんそ)をどり」が83年ぶりによみがえった。仙台藩祖伊達政宗の三百回忌を記念して1935年に制作されたものの、歌詞の一部が不敬と見なされて
カテゴリー:

<仙台・瑞鳳殿>来館700万人達成目前 カウントダウンクイズ実施 - 05月19日(土)13:15 

仙台市青葉区霊屋下の瑞鳳殿は、1980年の開館からの来館者が7月中旬ごろに累計700万人に達成すると見込み、達成日を当ててもらう「カウントダウンクイズ」を実施する。仙台藩祖伊達政宗の命日である5月24
カテゴリー:

<御藩祖をどり>83年ぶり仙台・青葉まつりで披露 復活の歌、杜の都に響け - 05月15日(火)06:05 

仙台藩祖伊達政宗の三百回忌記念で1935(昭和10)年に制作された歌「御藩祖(ごはんそ)をどり」が、19日に開幕する仙台・青葉まつり(まつり協賛会主催)の開会式で披露される。かつて特高警察によって発禁
カテゴリー:

もっと見る

「伊達政宗」の画像

もっと見る

「伊達政宗」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる