「伊勢志摩」とは?

関連ニュース

知られざる高栄養価にブームの兆し!“海のスーパーフード”「伊勢志摩あかもく」新登場 - 07月17日(火)12:00 

[生活クラブ事業連合生活協同組合連合会]  生活クラブ生協連合会(本社:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、2018年8月より「伊勢志摩あかもく」50 g×2パックの共同購入を開始いたします。 [画像1: https://prtimes.jp/i/2456/351/resize/d2456-3...
カテゴリー:

松尾スズキ&「大人計画」30周年記念イベントの豪華ラインナップ発表! - 07月05日(木)17:00 

 松尾スズキと劇団「大人計画」の30周年記念イベントのタイトルが「30祭(SANJUSSAI)」に決定。あわせて、展示、トーク、コンサート、上映会など、バラエティに富んだイベントの概要も発表された。 ・【フォトギャラリー】「30祭」参加キャスト  劇団「大人計画」は、1988年の舞台「絶妙な関係」で旗揚げし、宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、荒川良々など、数多くの才能を輩出してきた。18年は、松尾が“松尾スズキ”名義で活動を開始してから30年(=劇団旗揚げ30周年)、そして平成30年の節目。この「30」がそろった点を記念して、12月18~30日に東京・表参道「スパイラル」で開催されるのが「30祭(SANJUSSAI)」だ。  イベントの軸となるのは、「大人計画」の演劇活動30年分の舞台写真や稽古風景写真、衣裳、小道具の展示や、今まで松尾が発表してきた様々なイラストの原画を展示する「大人計画大博覧会」(12月18~27日)。そのほか、バンドの生演奏とともに松尾とその友人たちがとっておきの歌とダンスを披露する「松尾スズキ30周年記念ファミリーコンサート “なんとかここまで起訴されず”」(12月25、26日)が行われる。  12月28~30日の期間では、過去の「大人計画」公演の映像を上映しながらトークを交わす「名作上映会と愉快なトーク」、宮藤と伊勢志摩が退団したメンバーに会いに行...more
カテゴリー:

日本三大競技花火大会の1つ!全国の花火師渾身の花火が三重県伊勢市の夜空に咲き乱れる!! - 07月05日(木)21:18 

2018年7月14日(土)、三重県伊勢市の宮川河畔で「第66回 伊勢神宮奉納全国花火大会」が開催される。この花火大会は「神宮式年遷宮」奉祝のために始まり、今では日本三大競技花火大会の1つにも数えられている。スターマインや創造花火など、全国の花火師たちが腕を競う、趣向をこらした花火は見逃せない!なかでも一番の見どころはフィナーレを飾る全長約100mのワイドスターマインだ。 度肝抜かれる“海上自爆”!この夏行くべき三重県の花火大会4選 ■ 編集部イチオシ観覧スポット! 編集部のイチオシ観覧スポットは、やはり有料観覧席(2人用桟敷席8000円、4人用指定席1万円ほか)。音響設備が充実しているので光と音が大迫力で楽しめるうえに、ブルーシートが敷いてあるので快適に観覧できる。当日の開場は16:00。チケットは各種プレイガイドなどで発売中だ。 もちろん、それほどお金をかけずに花火を楽しめる穴場スポットも存在。「伊勢志摩スカイライン」では、道沿いにある展望台から花火が見られる。花火大会当日の19:00以降は、通常1250円の通行料が半額になるので、かなりお得。ほかにも、「大仏山公園スポーツセンター」の展望テラスや芝生広場、低い位置で上がる花火は見えないかもしれないが「宮川橋と豊浜大橋の中間地点」などが穴場スポットだ。 ■ 花火の前に立ち寄るならココ! せっかく伊勢市を訪れるなら、「伊勢神宮 ...more
カテゴリー:

【加計理事長会見】首相と矛盾 会見でほころび新たに - 06月23日(土)13:10  seijinewsplus

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡る疑惑について、加計孝太郎理事長は十九日の記者会見で、ようやく口を開いた。しかし、新たなほころびが生じ、さらに疑念が増してきた。会見に参加できなかった本紙は翌日、加計氏に疑問をぶつけようと取材を申し込んだが、学園側は「会見が全て」と応じなかった。 (中沢誠)  二〇一五年二月二十五日に安倍晋三首相と面会したという愛媛県文書の記載は「部下のうそ」だと強調する加計氏は、会見で首相の関与を打ち消すのに懸命だった。「われわれは仕事のことは話すのはやめよう...
»続きを読む
カテゴリー:

「伊勢志摩」の画像

もっと見る

「伊勢志摩」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる