「企業業績」とは?

関連ニュース

役員報酬1億円以上、335社・627人で共に過去最多 最高額は103億円 - 06月14日(木)09:12 

日本経済は現在、世界経済の回復を受けて緩やかながら回復基調の状態にあり、企業業績も順調に推移している。
カテゴリー:

米Workday、CPMベンダーのAdaptive Insightsを買収、財務管理プランニングを強化へ | IT Leaders - 06月13日(水)12:00 

人的資産管理(HCM)のSaaSベンダー、米ワークデイ(Workday)は2018年6月11日(米国現地時間)、企業業績管理(CPM)やビジネスプランニングのSaaSを提供する米アダプティブインサイツ(Adaptive Insights)を買収することで合意したと発表した。
カテゴリー:

G7控え株式市場は様子見 投資家、買い材料を模索 - 06月07日(木)06:10 

 先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)など相次ぐ国際政治・経済イベントを前に、足元で伸びを欠く日本の株式市場で、投資家が「買いどき」をうかがっている。世界的な貿易摩擦や南欧の政局混迷に対する懸念の一方、米国経済や日本の企業業績は底堅く推移しており、投資家は安全銘柄で当座をしのぎながら、懸念緩和の材料を“今や遅し”と待ち構えている。
カテゴリー:

【経済】デジタル人材、製造業の8割で不足、ものづくり白書 - 05月29日(火)10:21  bizplus

政府は29日、2017年度ものづくり白書を閣議決定した。人材不足や海外との競争激化で製造業の生産性向上が課題となるなか、カギを握る「デジタル人材」が8割弱の企業で不足しているとした。ロボットやIT(情報技術)導入に課題を抱える企業も3割超あり、経営層が主導して全社的なデジタル化に取り組むべきだと分析した。 白書はアベノミクスなどを背景に足元の企業業績が増収増益傾向にあると分析。一方、アジア諸国などで人件費が上がり、工場を国内に戻す企業が増え、人材不足に拍車をかけている。人材不足で「ビジネスにも影響が...
»続きを読む
カテゴリー:

【アベノミクス】夏ボーナス4.62%増、82.9万円 好業績で大幅増目立つ 人材の獲得競争激しさを増す★2 - 05月23日(水)13:49  newsplus

 日本経済新聞社が20日まとめた賃金動向調査で、2018年夏のボーナス(8日時点、中間集計)は支給額が17年夏比4.62%増の82万9786円だった。前年比増は6年連続。純利益が2期連続で過去最高となった企業業績の拡大が背景にある。  人材の獲得競争は企業の規模や業界の垣根を越えて激しくなっている。ボーナスも横並びを脱し、大幅に引き上げる動きが目立ってきた。  回答企業のうち、17年夏と比較できる199… 2018/5/20 19:00 日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30...
»続きを読む
カテゴリー:

お金持ちがやっている無駄にならないボーナスの使い方 - 06月13日(水)12:20 

そろそろボーナスの時期が近付いてきました。昨今の企業業績の回復とともに、「今回はちょっと増えそうだ」という人もいると思います。ではその臨時収入を何に使うか。住宅ローンの繰り上げ返済や新車への買い替えな…
カテゴリー:

「企業業績から見れば、日本株に魅力あり」 運用最大手ブラックロックの副会長に聞く | 市場観測 | 東洋経済オンライン - 06月11日(月)06:00 

2018年に入って長期金利が上昇し、2月の米国株価下落、5月のイタリア政局に端を発した株価の連鎖的な動揺…
カテゴリー:

【市況】日本株は続落へ、イタリア問題で世界的なリスク回避[05/30] - 05月30日(水)09:01  bizplus

30日の日本株相場は続落すると見込まれる。 イタリアの政情不安から欧米市場で株式などリスク資産が売られた流れを引き継ぎ、 為替の円高で業績期待が後退する輸出関連中心に幅広く売られそう。   イタリアで首相に指名されたコッタレッリ氏は閣僚人事でマッタレッラ大統領の同意を得られず、 政権樹立の試みは頓挫。両氏が30日も合意できなければ議会解散、7月にも選挙の可能性がある。 29日の米S&P500種株価指数は1.2%下落、伊FTSE MIB指数は2.7%安と大幅安。 投資資金は安全資産に流れ、けさの為替市場でドル・...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】ついに"マイナス成長"に落ちた日本の景気。世界経済は回復基調にあるのに…… - 05月28日(月)17:49  bizplus

5月16日、内閣府が発表した1~3月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比年率換算ベースでマイナス0.6%だった。マイナス成長は9四半期ぶりだ。 GDP成長率は景気の動きを判断する基本的な尺度だ。GDP成長率がプラスの場合、一般的に景気は良いといえる。昨年末までの2年間、わが国の景気は良かった。世界経済の構図を考えると、米国と中国の経済が堅調に推移し、それがわが国をはじめ世界全体の景気回復を支えた。 ただ、ここへ来てGDP成長率がマイナスということは、景気の回復が一服しているということだ。現在、わ...
»続きを読む
カテゴリー:

「企業業績」の画像

もっと見る

「企業業績」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる