「仮想通貨関連」とは?

関連ニュース

仮想通貨取引所向けウォレットのスタンダード目指すフレセッツ、UTECとセレスから約3.5億円を調達 - 06月18日(月)16:19 

仮想通貨やブロックチェーン技術の研究開発を行うフレセッツは6月18日、UTEC(東京大学エッジキャピタル)およびセレスを引受先とした第三者割当増資により総額3億4900万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回調達した資金をもとにエンジニアの採用など組織体制を強化する方針。近日公開予定の事業者向けウォレット管理システム「Bitshield」の開発を進めるほか、マーケティング活動への投資も行う。 フレセッツは2017年8月の設立。同年9月にセレスとストーンシステムから約2300万円、2018年3月にも同じくセレスとULSグループから約3500万円を調達している。 社内に専門家がいなくても導入できるウォレット フレセッツが現在開発しているのは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向け(仮想通貨取引所向け)のウォレットだ。 「コールドウォレット(ネットワークに接続されていない環境に秘密鍵を保存したウォレット)」や「マルチシグ(送金に必要な秘密鍵を分割し複数管理することでセキュリティを高める技術)」については1月にコインチェックからNEMが流出した騒動で取り上げられたこともあり、仮想通貨を保有していない人であっても聞き覚えがあるキーワードかもしれない。 この1件の影響もあり、金融庁では仮想通貨交換業者への一斉検査を実施。複数の事業者が...more
カテゴリー:

【仮想通貨】収入1億円以上は331人 17年確定申告で[05/25] - 05月25日(金)19:27  bizplus

 国税庁は25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表した。 同年分の確定申告を集計した。仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人は「億り人」と呼ばれて話題となったが、 複数の業界関係者は「実際はもっと多いはず」と指摘。適正申告をどう促すかが課題となっている。  国税庁によると、17年分の所得税の確定申告を提出したのは2198万人で、16年分からほぼ横ばい。 所得額は41兆4298億円で16年分から約3%増えた。緩やかな景気回復などが背景にあるとみられる。  全体...
»続きを読む
カテゴリー:

米アップル、「アップストア」の仮想通貨関連ガイドラインを改訂【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月11日(月)16:02 

*16:02JST 米アップル、「アップストア」の仮想通貨関連ガイドラインを改訂【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

【億り人】仮想通貨、収入1億円以上は331人17年確定申告で…業界関係者「もっと多いはず」 - 05月25日(金)18:08  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO30957770V20C18A5EA1000 2018年5月25日 14:57 国税庁は25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表した。同年分の確定申告を集計した。仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人は「億り人」と呼ばれて話題となったが、複数の業界関係者は「実際はもっと多いはず」と指摘。適正申告をどう促すかが課題となっている。 国税庁によると、17年分の所得税の確定申告を提出したのは2198万人で、16年分からほぼ横ばい。所得額は41兆4298億円で16年分...
»続きを読む
カテゴリー:

「仮想通貨関連」の画像

もっと見る

「仮想通貨関連」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる