「仮想敵」とは?

関連ニュース

日本防衛費増の動き「仮想敵は中国」とロシア期待 - 07月18日(水)17:36 

NATO加盟国は、対ロシア・中国の脅威に対抗するために軍事費を増加させる。
カテゴリー:

【ロシア軍】〈画像〉軍用衛星妨害の電子戦機およそ50機を製造へ[07/11] - 07月11日(水)12:59  newsplus

ロシアは、仮想敵国の軍事衛星を妨害するため、 これが可能な電子戦機「ポルブシク2」をそれぞれ12機抱えた4つの飛行大隊を創設する必要がある。 軍産複合体委員会専門家会議のメンバーのヴィクトル・ムラホフスキー氏はスプートニクからの取材に対し、このように答えた。 軍産複合体内の消息筋は以前、ロシアは現在、 軍事衛星の機能に障害をもたらすことのできる軍用機の製作に取り込んでいることを明らかにしていた。 新型機は現在、航空宇宙軍で使用されているイリューシン22PP「ポルブシク」に代わることになる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱電機が「中国製造2025」計画に協力へ…日本の大事なAI、IoTの技術を提供 推進したのは鳩山元首相という話も… - 07月12日(木)18:09  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/58764 take4さんのツイート せっかく、トランプが対中でハイテク技術を渡さない戦略に出ているのに、日本の三菱電機が「中国製造2025」計画に協力するとのこと。 仮想敵国に日本の大事なAI、IoTの技術を提供するとは信じられません。これを推進したのは鳩山元首相? (略) ▼ネット上のコメント ・日本人が日本人の首を絞めるなんて! ・株主さん達 こんなの賛成ですか? ・三菱電機、ソニー、中国と技術提携なんて、何考えてんのか、ありえない!怒 ・国が介入してやめさせられないの...
»続きを読む
カテゴリー:

BMW M4は圧倒的な走行パフォーマンスを公道で実現したスポーツクーペ - 07月07日(土)07:30 

BMW M4は研ぎ澄まされたデザインと革新テクノロジーが採用された高性能スポーツカーとして誕生した。「プライベートな時間の中で、最も掛け替えのない時間」として、胸の熱くなるドライビングの一瞬一瞬に最高の走行を実感できるスポーツカーと言えよう。BMW M4の圧倒的な走行パフォーマンスとはどのようなものかみていこう。 BMW M4はレース部門によって開発されたクーペタイプのスポーツカー BMW M4は、ドイツの自動車メーカーBMWが製造・販売しているクーペタイプのスポーツカーである。BMWのレース部門であるBMW M(モータースポーツ社)により開発された。M3のクーペ版として2013年12月に初代M4が発表され、2017年5月9日に新型M4が発売されている。 BMW M4は操作するほどコントロールの自在さや俊敏なコーナリング、直進安定性を全身で感じることができるクルマだ。レース仕様のスポーツカーだが、サーキット以外の一般道でもダイナミックで最高のパフォーマンスを実感できるなど多くの人を魅了するクルマに仕上がっているのだ。モデルとしての歴史は浅いが、数々の革新テクノロジーが採用され4シリーズを代表するストーリーを着実に刻んでいる。 BMW M4の購入を考えている人は、オーナーの目線に合わせたカスタマイズで快適なドライビングを実現できることも覚えておいてほしい。速く・低く・美しくの3大要...more
カテゴリー:

「仮想敵」の画像

もっと見る

「仮想敵」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる