「今年度中」とは?

関連ニュース

学校“医療的ケア”今年度中に取りまとめへ 5/23 19:19更新 - 05月23日(水)19:19 

医療的なケアが必要な子どもが学校で教育を受ける機会を確保するため、受け入れ体制などについて検討してきた文部科学省の専門家会議が中間まとめを行った。
カテゴリー:

道交法改正、年度内に結論=自動運転の実現へ検討委-警察庁 - 05月22日(火)10:20 

 ドライバーが原則として運転に関わらない高度な自動運転の実用化に向け、法律上の課題を話し合う警察庁の調査検討委員会が22日、初会合を開いた。道交法改正の必要性などについて、今年度中に結論を出す方針。 検討委は、刑法や行政法を専門とする大学教授や自動車ジャーナリストらで構成。今後、二つのワーキンググループ(WG)を設置し、自動車メーカーや研究者へのヒアリング、海外視察などを行う。 自動運転のレベルは5段階に分類され、レベル3~4は走行場所や時間など特定の領域内で、原則としてシステムが全ての運転操作を行う。レベル3は緊急時にドライバーが手動で操作するが、レベル4はシステムが運転を続ける。 WGでは、携帯電話の使用など自動運転中に許容される運転以外の行為について議論し、ドライバーの義務や交通違反に対する罰則の在り方などを検討。WGの意見を踏まえ、検討委が来年3月までに結論をまとめる。 【時事通信社】
カテゴリー:

大阪・住吉:反差別の魂、沖縄へ 交流センターの母子像 - 05月18日(金)14:10 

解体避け移転  今年度中の解体が決まっている大阪市住吉区の「市民交流センターすみよし北」(旧住吉解放会館)の外壁に取り付けられた巨大な母子像が、沖縄に移されて保存されることになった。彫刻家の金城実さん(79)=沖縄県読谷村=が約40年前、地元住民たちの部落差別解消への思いを背負って制作した像だ。住民
カテゴリー:

iPSで心不全治療、厚労省が臨床研究を了承 大阪大が世界初、今年度中にも心筋移植 - 05月17日(木)06:11 

iPS細胞から作ったシート状の心筋を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画の実施を了承した。今年度中にも移植手術を行う。
カテゴリー:

iPSで心不全治療、厚労省が臨床研究を了承 大阪大が世界初、今年度中にも心筋移植 - 05月16日(水)12:03 

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ったシート状の心筋を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画の実施を了承した。同大によるとiPS細胞を使った心臓病の臨床研究は世界初で、今年度中にも移植手術を行う。
カテゴリー:

塩野義製薬、新インフル薬「ゾフルーザ」の予防投与の治験へ - 05月23日(水)15:44 

 塩野義製薬が今年3月に発売した抗インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」について、予防投与できるように今年度中に治験(臨床試験)を開始する方針であることが分かった。
カテゴリー:

はやぶさ2:実物大模型が欧州で人気 国際ショーで展示 - 05月19日(土)09:30 

 小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大模型が、欧州で人気を集めている。4月にドイツで開催されたベルリン国際航空宇宙ショーで展示されたほか、7~10月には同国にある世界遺産のブレーメン市庁舎に展示されるなど、今年度中は欧州を「巡業」する予定だ。はやぶさ2の実物大模型が海外で展示されるのは初とみられ、模型
カテゴリー:

【経済】しゃぶしゃぶで有名な木曽路、「天丼てんや」をFC展開 東海3県中心に - 05月17日(木)15:31  newsplus

 しゃぶしゃぶ店を展開する木曽路は、天丼店とから揚げ店を新たに出店すると発表した。主力のしゃぶしゃぶ店に比べて少ない人数で運営できる小型店で、収益源に育てていく。  関東を中心に展開する「天丼てんや」の運営会社とフランチャイズ契約を結び、東海3県を中心に出店する。今年度中に数店舗、来年度は十数店舗を計画している。  6月下旬には、名古屋市緑区にから揚げ専門店「からしげ」をオープンする。客席は41席で、最大で7人ほどの少人数で運営。今年度中に愛知県を中心に3~5店舗出店するという。  木曽路の...
»続きを読む
カテゴリー:

iPS細胞の心筋シート移植、臨床研究を国が大筋了承 - 05月16日(水)12:10 

 iPS細胞から作った心臓の筋肉(心筋)のシートを、心不全の患者に移植する大阪大のグループの臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画を大筋で了承した。早ければ今年度中にも移植が始まる見通し。心…
カテゴリー:

iPS細胞応用の心臓治療を初実施へ 国の審議会が了承 - 05月16日(水)11:51 

体のさまざまな組織になるiPS細胞を使って、重い心臓病の患者を治療する大阪大学の臨床研究が16日、国の審議会によって了承されました。iPS細胞を使った心臓病の治療の研究は世界で初めてだということで、研究グループは、今年度中にも1例目を実施するということです。
カテゴリー:

もっと見る

「今年度中」の画像

もっと見る

「今年度中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる