「今年度」とは?

関連ニュース

中国様、日本からのプラスチックゴミ受け入れを完全終了。日本政府はレジ袋削減を本格化へ - 05月27日(日)19:48  news

プラごみ削減へレジ袋・食品トレーの使用抑制 5/27(日) 18:32配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00050099-yom-soci 政府は、日常生活で大量に出るプラスチックごみの大幅削減を目指す「プラスチック資源循環戦略」の策定に乗り出す。 政府は今夏にも、環境省や経済産業省などの関係省庁、産業界、有識者らが参加する審議会を設置して議論を始め、今年度中の戦略策定を目指す。 この戦略では、〈1〉レジ袋や食品トレーなどプラスチック容器・包装の削減〈2〉使用済みプラスチック資源の効率的な回収・再利用〈...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】ファミマがコインランドリー「一体型」店舗 洗濯ついでに買い物どうぞ - 05月26日(土)06:22  bizplus

ファミリーマートは25日、ファミマ店舗と一体なったコインランドリー「ファミマランドリー杉並永福四丁目店」(東京都杉並区)を開店した。都内1号店で、今年度は50店舗を出店し、来店客数の増加につなげ、「ついで買い」の需要などを取り込む。 11坪の店内には洗濯機2台、洗濯乾燥機3台、乾燥機4台、スニーカー専用機も備えた。料金は洗濯機が400円。24時間営業で無人で運営する。開店に合わせ、駐車場スペースも拡大した。ファミマは3月に千葉県市原市に敷地にランドリーを併設した店舗を出店済みで、今回の「一体型...
»続きを読む
カテゴリー:

日本一の魚、消費喚起へ=サバとイワシを食べよう - 05月26日(土)05:09 

 イカやサケ、サンマなどの不漁が目立つ中、日本で最も漁獲が多いサバとイワシの消費を高めようという動きが目立ってきた。生産量が多い半面、両魚種とも人気はいまひとつ。国内での有効利用が求められている。 農林水産省が4月下旬にまとめた2017年の漁業生産統計によると、国内の総水揚げ量は430万トン。このうちサバとイワシは、ともにおよそ51万トンでトップ。3位のホタテガイ(約24万トン)を大きく引き離している。 長年大手スーパーの鮮魚売り場を担当してきた水産アドバイザーによると「30~40年前、サバ、イワシなどは売れ筋の魚種だった」という。ところが、調理が難しいことなどから「今では1匹丸ごと店に並べても、なかなか売れない」と嘆く。 総務省の家計調査年報によれば、17年の1人当たりの消費量は10年前に比べ、サバが4割、イワシは2割ともに減少。サバの消費量はイワシよりやや多いものの「ノルウェー産のサバが人気」と東京・築地市場(中央区)の卸。国産のサバはアフリカなどへの輸出が増えているという。 国産の消費が振るわないサバとイワシをもっと食べてもらおうと、最近、各地で新たな加工品がお目見えしている。静岡県焼津市の水産加工会社、岩清は4月から、地元で水揚げされるサバを使い、ワインやパンに合う商品を開発した。 ドライフルーツのほか、ハーブなどのスパイスを使用し「サバビアン」と名付けた洋風の商品シリーズ...more
カテゴリー:

「青夏―」佐野勇斗&橋本じゅんの親子ショット到着! - 05月25日(金)12:00 

8月1日(水)公開の映画「青夏 きみに恋した30日」より、佐野勇斗演じる吟蔵と、その父親・醸二を演じる橋本じゅんの“親子ショット”が解禁された。 【写真を見る】美男美女の制服姿にキュンキュンすること必至!/(C)2018映画「青夏」製作委員会 原作は2013年から2017年にかけて、講談社「別冊フレンド」で連載された南波あつこによる人気コミック。 2017年から2018年3月まで放送された連続テレビ小説「わろてんか」(NHK総合ほか)で主演を務め、現在は「ブラックペアン」(TBS系)に出演中の葵わかなと、9月14日(金)公開の映画「3D彼女 リアルガール」など、今年度に5本の映画に出演する佐野という今勢いのある若手によるW主演とあり、注目度の高い映画だ。 本作は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高校生・理緒(葵)と、そこで出会う地元の男子高校生・吟蔵(佐野)との“期間限定の恋”を描いたラブストーリー。 劇中で、吟蔵や理緒らは夏祭りに行われる吟蔵の父であるジョニーこと醸二が組んだオヤジバンドのライブである“ジョニーライブ”をプロデュースすることに。 デザイナーになるという夢を持つ吟蔵は、このライブのフライヤーの制作を担当することに。 さらに、劇中でオヤジバンドがTHE BLUE HEARTSの「情熱の薔薇」を演奏することも発表された。また、このライブ音源が収録された、オリジ...more
カテゴリー:

日通/流通経済大学トライアスロン部へ支援 - 05月25日(金)10:30 

日本通運は5月25日、今年度より、日通学園流通経済大学との間で、同大学トライアスロン部を支援するスポンサー契約を締結したと発表した。 <日通ロゴの入ったユニフォームを着る流通経済大学トライアスロン部一同> 陸・海・空のあ […]
カテゴリー:

【IT】住宅ローンの審査にAI導入 ネット銀行で相次ぐ - 05月27日(日)11:57  bizplus

住宅ローンの審査にAI=人工知能を導入し、審査期間を短くするなど利便性を高めようという動きがインターネット銀行の間で相次いでいます。 このうち、「ソニー銀行」は、今月から住宅ローンの仮審査にAIを導入しました。年齢や収入などおよそ8万件の利用者のデータをAIに学習させることで、担当者が2日から6日ほどかけていた審査期間を最短で1時間程度にまで短縮できたということです。 ソニー銀行の重田浩治シニアマネージャーは「人間とAIの判断に大きな違いはなく、精度は全く問題ない。仮審査の期間が短くなることで...
»続きを読む
カテゴリー:

ファミマがコインランドリー「一体型」店舗 洗濯ついでに買い物どうぞ - 05月26日(土)05:58 

ファミリーマートは25日、ファミマ店舗と一体なったコインランドリー「ファミマランドリー杉並永福四丁目店」(東京都杉並区)を開店した。都内1号店で、今年度は50店…
カテゴリー:

ファミマ店舗一体型のコインランドリーが開店 都内1号店 来店客数アップ狙う  - 05月25日(金)21:36 

 ファミリーマートは25日、コンビニエンスストアと一体型のコインランドリーの都内1号店を開店した。開店したのは、「ファミマランドリー杉並永福四丁目店」(東京都杉並区)。洗濯機や乾燥機などを設置し、無人で24時間営業する。今年度は全国に一体型と併設型を50店舗出店し、来店客数の増加につなげて「ついで買い」の需要などを取り込む。
カテゴリー:

5月ロイター企業調査:今年度値上げ計画45%に増加、コスト増で限界超え - 05月25日(金)11:23 

[東京 25日 ロイター] - 5月ロイター企業調査によると、製品やサービス値上げの動きが過去に比べて活発になっていることがわかった。2年前の5月調査で19%に過ぎなかった値上げを実施・検討している企業の割合は、今年は全体の45%に増えた。原材料費だけでなく人件費、流通費などコスト上昇が重なったためだ。製造業で5割、消費者に近い非製造業でも4割が値上げを実施または検討しており、需要好調を理由とした値上げも含まれている。
カテゴリー:

【生かせ!知財ビジネス】特許庁・金融機関支援の行方(下) - 05月25日(金)05:00 

■新たな価値創造がポイント特許庁の「中小企業知財金融促進事業」が今年度で終了するのに伴い、金融機関向け知財関連支援の行方が注目されているが、「知的財産推進計画」…
カテゴリー:

もっと見る

「今年度」の画像

もっと見る

「今年度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる