「今井絵理子」とは?

関連ニュース

【音楽】RADWIMPS野田は「謝罪する必要ない」 HINOMARU釈明なお異論 ★2 - 06月14日(木)13:40  mnewsplus

https://www.j-cast.com/2018/06/12331119.html?p=all 2018/6/12 12:37  ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さんが新曲「HINOMARU」の歌詞について謝罪文を投稿したことを受け、ミュージシャンをはじめとする一部の著名人に「違和感」を示す向きがみられる。 「謝罪する必要なんてないと思う」。「ウルフルズ」のギター・ウルフルケイスケさん(活動休止中)はツイッターで、はっきりとそう主張した。  RADWIMPSの新曲「HINOMARU」は、2018年6月6日に発売した新シングル『カタルシスト』に収録しているカップリング...
»続きを読む
カテゴリー:

今井絵理子「『HINOMARU』が軍歌みたいという見方は、作家の想いとは遥かにかけ離れた解釈」と擁護 - 06月13日(水)09:45  news

元SPEEDで自民党の今井絵理子参議院議員は、6月12日にブログを更新し、RADWIMPSの新曲「HINOMARU」について自身の考えを述べた。 同楽曲は、6月6日に発売されたシングルCDに収められたもので、「さあいざゆかん 日出る国の御名の下に」など、歌詞の表現が全体的に「 軍歌のようだ」と物議を醸していた。RADWIMPSのボーカルで、作詞・作曲した野田洋次郎さんは当初、インスタグラムで 「純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」 と説明していたが、批判が高まったこともあり、6月11日に...
»続きを読む
カテゴリー:

今井絵理子議員 RADWIMPS野田洋次郎に助け舟を出すも炎上 - 06月12日(火)17:00 

人気バンド・RADWIMPSのボーカルの野田洋次郎(32)が6月11日、自身のTwitterを更新。自身が作詞した楽曲「HINOMARU」の歌詞をめぐるネット上での騒動について謝罪した。   「HINOMARU」は、6日に発売された同バンドのニューシングル「カタルシスト」に収録されているカップリング曲。強烈な愛国心を思わせる歌詞がちりばめられているため、ネット上では「まるで軍歌」などと賛否両論が巻き起こっていた。   野田は11日、英語と日本語でTwitterを更新。軍歌として書いたわけではなかったことを説明したうえで、〈戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした〉などと謝罪していた。   本来ならば、騒動はここで収束のはず。ところが、これを蒸し返してしまったのが元「SPEED」で自民党の今井絵理子参院議員(34)だ。今井議員は12日、自身のブログで野田の謝罪について言及。   〈私はRADWIMPSの楽曲に勇気や感動を与えてもらっている一人です〉と切り出すと、〈表現の手法は作家の自由であり、言葉遣いや色使いに正しいも間違いもありません。決して誰かの同意や批判を得たくて作品をつくるわけでもありません〉と持論を展開。さらに〈受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈...more
カテゴリー:

【音楽】RADWIMPS野田は「謝罪する必要ない」 HINOMARU釈明なお異論 - 06月14日(木)10:01  mnewsplus

https://www.j-cast.com/2018/06/12331119.html?p=all 2018/6/12 12:37  ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さんが新曲「HINOMARU」の歌詞について謝罪文を投稿したことを受け、ミュージシャンをはじめとする一部の著名人に「違和感」を示す向きがみられる。 「謝罪する必要なんてないと思う」。「ウルフルズ」のギター・ウルフルケイスケさん(活動休止中)はツイッターで、はっきりとそう主張した。 RADWIMPSの新曲「HINOMARU」は、2018年6月6日に発売した新シングル『カタルシスト』に収録しているカップリング曲...
»続きを読む
カテゴリー:

RADWIMPS、軍歌と叩かれてすぐ出した謝罪文の幼稚な愛国心 - 06月13日(水)08:46 

 ロックバンド「RADWIMPS」の新曲「HINOMARU」(6月6日発売、作詞・作曲 Yojiro Noda)が物議を醸しています。タイトルの通り、激しい日本愛に溢れた歌詞なのです。  わかりやすいのは、<胸に手を当て見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊>や、<たとえこの身が滅ぶとて 幾幾千代に さぁ咲き誇れ>などのフレーズ。これにネットでは“軍歌みたいだ”と冷ややかな声が上がる一方、“国歌にしてほしい”と支持するファンもいて、議論が分かれているというわけです。 ◆すぐ謝罪してしまう程度の“信念”だったの?  改めて言うまでもありませんが、どんなテーマで曲を書こうと基本的にはミュージシャンの自由です。軍国主義バンザイとか、大日本帝国復活を願うとか歌っても、それは一向にかまわないのです。  もちろん、そのようなきわどい表現には反発がつきもの。32歳になる作者の野田洋次郎氏なら当然分かっていたはずです。しかし作品に対する強い信念があるのであれば、謝ったり言い訳したりする必要などどこにもないわけです。  ところが、彼は6月11日、インスタグラムでこんなコメントを発表しました。「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪したのです。 ===============...more
カテゴリー:

今井絵理子氏「HINOMARU」騒動に複雑な心境 - 06月12日(火)10:03 

 元SPEEDで自民党の今井絵理子参院議員(34)が、ロックバンドRADWIMPSのボーカルの野田洋次郎が物議を醸していた新曲「HINOMARU」の歌詞内容について謝罪したことを受け、「受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪ま…
カテゴリー:

「今井絵理子」の画像

もっと見る

「今井絵理子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる