「仁川線」とは?

関連ニュース

ティーウェイ航空、日韓線で「トラベルウィーク」 片道1,500円から - 07月13日(金)17:05 

ティーウェイ航空は、7月17日から22日まで、日韓線で「ティーウェイ・トラベル・ウィーク」を開催する。 対象路線と片道運賃は、大阪/関西・福岡〜大邱線は1,500円から、佐賀〜ソウル/仁川線と沖縄/那覇〜大邱線は2,000円から、熊本・大分〜ソウル/仁川線は2,200円から、福岡〜ソウル/仁川線は2,300円から、東京/成田〜大邱線と大阪/関西〜釜山線は2,500円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は2,800円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は3,000円から、沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,500円から。燃油サーチャージ・空港使用料は別途必要となる。搭乗期間は9月1日から10月31日までで一部は対象外となる。 公式ホームページ、モバイルウェブサイト、アプリでのみ購入できる。販売される座席は先着順となり、セールは売切れ次第終了する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え - 07月13日(金)16:56 

茨城空港は、7月13日から国際線ロビーの増築工事を行う。 国際線の新規就航・増便を見据え、利用者の待合スペースなどを確保するため。工事に伴い、期間中は路線バスの1番乗り場が変更となり、コンビニエンスストア「ブルースカイ・サンクススカイ」付近に仮設のバス乗り場を設置する。また、通行できなくなる箇所が一部発生する場合がある。工事期間は10月下旬までを予定している。 茨城空港には、タイガーエア・台湾が3月26日から10月25日まで台湾/桃園線のプログラムチャーター便を就航させているほか、イースター航空が7月31日からソウル/仁川線の定期便を就航させる。
カテゴリー:

シンガポール航空、ロサンゼルス直行便開設 ソウル/仁川経由は運休 - 07月11日(水)21:39 

シンガポール航空は、シンガポール〜ロサンゼルス線の直行便を開設するとともに、シンガポール〜サンフランシスコ線直行便を週7便から10便に増便する。 シンガポール〜ロサンゼルス線は、11月2日より週7便、12月7日から水・金・日曜の運航を加えた週10便を運航する。機材は、ビジネスクラス67席とプレミアムエコノミークラス94席の計161席を配置した、エアバスA350-900ULR型機を使用する。これに合わせ、シンガポール〜ソウル/仁川〜ロサンゼルス線は11月30日をもって運休する。12月1日以降は、シンガポール〜ソウル/仁川線のみの運航となり、便数は維持される。シンガポール〜東京/成田〜ロサンゼルス線の運航は継続し、シンガポールとロサンゼルスの間は直行便と経由便をあわせて、週17便体制で運航する。 シンガポール〜サンフランシスコ線は、11月28日より週10便体制とし、シンガポール発が水・金・日曜の運航を開始する。シンガポール〜香港〜サンフランシスコ線の週7便をあわせ、シンガポールとサンフランシスコ間は週17便体制で運航する。 すでに発表している、シンガポール〜ニューヨーク直行便を加えると、シンガポールとアメリカ本土の間を直行便で週27便体制で結ぶことになる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、日本8都市発ソウル行き特価運賃 片道900円から  - 07月11日(水)09:01 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行き8路線を対象に特別運賃を販売している。 設定路線は東京/成田・大阪/関西・静岡・高松・熊本・米子・長崎・宇部~ソウル/仁川線。片道運賃はいずれも900円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税等は別途必要。特別運賃の場合は手荷物の預け入れは有償となる。搭乗期間は10月28日から2019年3月30日まで。販売期間は7月17日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

大韓航空、釧路・札幌/千歳へインバウンドチャーター 7月と8月に - 07月10日(火)14:58 

大韓航空は、ソウル/仁川から釧路、札幌/千歳へのインバウンドチャーター便を、7月から8月にかけてそれぞれ3便運航する。 大韓航空では、札幌/千歳〜ソウル/仁川線を1日2便運航しており、女満別〜ソウル/仁川線のチャーター便の運航も発表している。韓国での北海道旅行の人気は高く、需要増加に対応するためチャーター便の運航を決めた。韓国側でのみ販売を行う。 機材は、釧路線はビジネスクラス12席、エコノミークラス126席の計138席を配置したボーイング737-800型機、札幌/千歳線はファーストクラス6席、ビジネスクラス18席、エコノミークラス252席の計276席を配置したエアバスA330-300型機を使用する。 ■ダイヤ KE9793 ソウル/仁川(07:00)〜釧路(10:00)/7月26日 KE9793 ソウル/仁川(06:30)〜釧路(09:30)/7月29日 KE9793 ソウル/仁川(07:30)〜釧路(10:30)/8月1日 KE9794 釧路(11:30)〜ソウル/仁川(15:00)/7月29日 KE9794 釧路(12:05)〜ソウル/仁川(15:35)/8月1日 KE9794 釧路(17:35)〜ソウル/仁川(21:05)/8月4日 KE9791 ソウル/仁川(07:30)〜札幌/千歳(10:10)/8月4日・10日 KE9791 ソウル/仁川(...more
カテゴリー:

ティーウェイ航空、日韓線で「トラベルウィーク」 片道1,500円から - 07月13日(金)17:05 

ティーウェイ航空は、7月17日から22日まで、日韓線で「ティーウェイ・トラベル・ウィーク」を開催する。 対象路線と片道運賃は、大阪/関西・福岡〜大邱線は1,500円から、佐賀〜ソウル/仁川線と沖縄/那覇〜大邱線は2,000円から、熊本・大分〜ソウル/仁川線は2,200円から、福岡〜ソウル/仁川線は2,300円から、東京/成田〜大邱線と大阪/関西〜釜山線は2,500円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は2,800円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は3,000円から、沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,500円から。燃油サーチャージ・空港使用料は別途必要となる。搭乗期間は9月1日から10月31日までで一部は対象外となる。 公式ホームページ、モバイルウェブサイト、アプリでのみ購入できる。販売される座席は先着順となり、セールは売切れ次第終了する。 ⇒詳細はこちら 投稿 ティーウェイ航空、日韓線で「トラベルウィーク」 片道1,500円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え - 07月13日(金)16:56 

茨城空港は、7月13日から国際線ロビーの増築工事を行う。 国際線の新規就航・増便を見据え、利用者の待合スペースなどを確保するため。工事に伴い、期間中は路線バスの1番乗り場が変更となり、コンビニエンスストア「ブルースカイ・サンクススカイ」付近に仮設のバス乗り場を設置する。また、通行できなくなる箇所が一部発生する場合がある。工事期間は10月下旬までを予定している。 茨城空港には、タイガーエア・台湾が3月26日から10月25日まで台湾/桃園線のプログラムチャーター便を就航させているほか、イースター航空が7月31日からソウル/仁川線の定期便を就航させる。 投稿 茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

シンガポール航空、ロサンゼルス直行便開設 ソウル/仁川経由は運休 - 07月11日(水)21:39 

シンガポール航空は、シンガポール〜ロサンゼルス線の直行便を開設するとともに、シンガポール〜サンフランシスコ線直行便を週7便から10便に増便する。 シンガポール〜ロサンゼルス線は、11月2日より週7便、12月7日から水・金・日曜の運航を加えた週10便を運航する。機材は、ビジネスクラス67席とプレミアムエコノミークラス94席の計161席を配置した、エアバスA350-900ULR型機を使用する。これに合わせ、シンガポール〜ソウル/仁川〜ロサンゼルス線は11月30日をもって運休する。12月1日以降は、シンガポール〜ソウル/仁川線のみの運航となり、便数は維持される。シンガポール〜東京/成田〜ロサンゼルス線の運航は継続し、シンガポールとロサンゼルスの間は直行便と経由便をあわせて、週17便体制で運航する。 シンガポール〜サンフランシスコ線は、11月28日より週10便体制とし、シンガポール発が水・金・日曜の運航を開始する。シンガポール〜香港〜サンフランシスコ線の週7便をあわせ、シンガポールとサンフランシスコ間は週17便体制で運航する。 すでに発表している、シンガポール〜ニューヨーク直行便を加えると、シンガポールとアメリカ本土の間を直行便で週27便体制で結ぶことになる。 ⇒詳細はこちら 投稿 シンガポール航空、ロサンゼルス直行便開設 ソウル/仁川経由は運休 は トラベルメディア「Traicy(トライ...more
カテゴリー:

エアソウル、日本8都市発ソウル行き特価運賃 片道900円から  - 07月11日(水)09:01 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行き8路線を対象に特別運賃を販売している。 設定路線は東京/成田・大阪/関西・静岡・高松・熊本・米子・長崎・宇部~ソウル/仁川線。片道運賃はいずれも900円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税等は別途必要。特別運賃の場合は手荷物の預け入れは有償となる。搭乗期間は10月28日から2019年3月30日まで。販売期間は7月17日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら 投稿 エアソウル、日本8都市発ソウル行き特価運賃 片道900円から  は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

大韓航空、釧路・札幌/千歳へインバウンドチャーター 7月と8月に - 07月10日(火)14:58 

大韓航空は、ソウル/仁川から釧路、札幌/千歳へのインバウンドチャーター便を、7月から8月にかけてそれぞれ3便運航する。 大韓航空では、札幌/千歳〜ソウル/仁川線を1日2便運航しており、女満別〜ソウル/仁川線のチャーター便の運航も発表している。韓国での北海道旅行の人気は高く、需要増加に対応するためチャーター便の運航を決めた。韓国側でのみ販売を行う。 機材は、釧路線はビジネスクラス12席、エコノミークラス126席の計138席を配置したボーイング737-800型機、札幌/千歳線はファーストクラス6席、ビジネスクラス18席、エコノミークラス252席の計276席を配置したエアバスA330-300型機を使用する。 ■ダイヤ KE9793 ソウル/仁川(07:00)〜釧路(10:00)/7月26日 KE9793 ソウル/仁川(06:30)〜釧路(09:30)/7月29日 KE9793 ソウル/仁川(07:30)〜釧路(10:30)/8月1日 KE9794 釧路(11:30)〜ソウル/仁川(15:00)/7月29日 KE9794 釧路(12:05)〜ソウル/仁川(15:35)/8月1日 KE9794 釧路(17:35)〜ソウル/仁川(21:05)/8月4日 KE9791 ソウル/仁川(07:30)〜札幌/千歳(10:10)/8月4日・10日 KE9791 ソウル/仁川(06:35)〜札幌/千歳(0...more
カテゴリー:

もっと見る

「仁川線」の画像

もっと見る

「仁川線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる