「仁川国際空港」とは?

関連ニュース

デルタ航空、ミネアポリス〜ソウル/仁川線を来年開設 - 06月14日(木)11:45 

デルタ航空は、ミネアポリス〜ソウル/仁川線を来年にも開設すると発表した。運航開始日は後日発表する。 機材は、ビジネスクラスの「デルタ・ワンスイート」を28席、プレミアムエコノミークラスの「デルタ・プレミアム・セレクト」を48席、エコノミークラス「メインキャビン」を220席配置した、改修済みのボーイング777-200ER型機を使用する。 デルタ航空と大韓航空は共同事業を開始している。仁川国際空港では第2ターミナルに発着し、大韓航空が結ぶアジアの80都市以上にシームレスな接続を提供している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ギャンブルしなくても、カジノに行くべき5つの理由 - 06月11日(月)19:05 

カジノと聞くと、ちょっとハードルが高いように感じる方も多いかもしれません。しかし、海外のカジノへ行った経験のある人に聞くと、「プレイ以外」が楽しみだったりするのだとか。どういうことだろう?と思い、聞いてみると、こんな答えが返ってきました。01.とにかくエンターテインメントが楽しい!カジノを併設した巨大リゾートを統合型リゾート(IR)といいます。統合型リゾートでは、あらゆる種類のエンターテインメントを楽しむことができ、その中でもとくにテンションが上がるのが、ライブミュージック。シアターがあるところや、ゆっくりお酒を飲みながらパフォーマンスを楽しむラウンジになっているところなど、スタイルは施設によってさまざま。カクテルを片手にJAZZライブに酔いしれ、だんだんといい気分になってくる頃にはDJの音楽に合わせて深夜まで踊れちゃいます。02.ミシュランの星付きも!世界最高級の料理が味わえる統合型リゾート内には、世界一流のレストランが入っていることが一般的で、中にはミシュランで星を獲得したレストランもあったりします。カジノはさておき、この美味しいグルメを楽しみにしている人も多いのです。基本的に世界中の人が訪れる場所なので、洋食、中華、日本食などさまざまな食事が提供されています。施設内はエンターテインメントが充実しており一日中遊ぶことができますが、朝、昼、夜と同じレストランはさすがに飽きてしまい...more
カテゴリー:

「楽天ゴールドカード」、空港ラウンジの利用回数を年間2回までに制限 9月から - 06月08日(金)06:38 

楽天カードは、9月1日より「楽天ゴールドカード」に付帯する国内空港ラウンジサービスの内容を改定し、利用回数に制限を設ける。 現在は回数制限なく利用できるものを、年間2回までに制限する。9月1日から翌年8月31日までを1年間とする。3回目以降は各ラウンジの一般料金で利用できる。利用できるラウンジは国内各空港のほか、仁川国際空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に設置されている。 また、新サービスとしてニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点で提供しているトラベルデスクサービスの利用ができるようになる。緊急時の案内や、観光情報の紹介、レストランやオプショナルツアーの予約ができるようになる。実費や手数料を徴収する場合もある。 「楽天ゴールドカード」は年会費2,160円(税込)。最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯する。利用可能枠は最高200万円で、ETCカードは無料で発行する。 ⇒詳細はこちら 投稿 「楽天ゴールドカード」、空港ラウンジの利用回数を年間2回までに制限 9月から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

デルタ航空、ミネアポリス〜ソウル/仁川線を来年開設 - 06月14日(木)11:45 

デルタ航空は、ミネアポリス〜ソウル/仁川線を来年にも開設すると発表した。運航開始日は後日発表する。 機材は、ビジネスクラスの「デルタ・ワンスイート」を28席、プレミアムエコノミークラスの「デルタ・プレミアム・セレクト」を48席、エコノミークラス「メインキャビン」を220席配置した、改修済みのボーイング777-200ER型機を使用する。 デルタ航空と大韓航空は共同事業を開始している。仁川国際空港では第2ターミナルに発着し、大韓航空が結ぶアジアの80都市以上にシームレスな接続を提供している。 ⇒詳細はこちら 投稿 デルタ航空、ミネアポリス〜ソウル/仁川線を来年開設 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

「楽天ゴールドカード」、空港ラウンジの利用回数を年間2回までに制限 9月から - 06月08日(金)06:38 

楽天カードは、9月1日より「楽天ゴールドカード」に付帯する国内空港ラウンジサービスの内容を改定し、利用回数に制限を設ける。 現在は回数制限なく利用できるものを、年間2回までに制限する。9月1日から翌年8月31日までを1年間とする。3回目以降は各ラウンジの一般料金で利用できる。利用できるラウンジは国内各空港のほか、仁川国際空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に設置されている。 また、新サービスとしてニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点で提供しているトラベルデスクサービスの利用ができるようになる。緊急時の案内や、観光情報の紹介、レストランやオプショナルツアーの予約ができるようになる。実費や手数料を徴収する場合もある。 「楽天ゴールドカード」は年会費2,160円(税込)。最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯する。利用可能枠は最高200万円で、ETCカードは無料で発行する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【クレカ】海外空港ラウンジが利用できるカード - 05月27日(日)22:59  bizplus

ールドカードの多くは空港ラウンジが無料で使えるサービスを付帯しているが、基本的に対象となるのは国内主要空港のみ。カードによっては韓国の仁川国際空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジも使えるが、海外ではほぼ利用できない。 現在、クレジットカードの特典で海外空港のラウンジを利用するには、大きく分けて3つの方法がある。1つは「プライオリティ・パス」が発行できるカードを持つこと、2つめは「ラウンジ・キー」のサービスを付帯したカードを持つこと、そして3つめは「ダイナースクラブカード」を持つこ...
»続きを読む
カテゴリー:

「仁川国際空港」の画像

もっと見る

「仁川国際空港」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる