「人口減少」とは?

関連ニュース

【社会】「孫育休」の導入 九州で提言 - 06月23日(土)21:03  bizplus

九州経済同友会が提言  九州経済同友会は人口減少に関する提言「九州における人口減少・少子化対策のあり方」をまとめた。主な内容は「出生率の向上」「人口流出の抑制」「人口減少の影響の緩和」の三つ。国や自治体に政策を要望し経済界が取り組むべきことを盛り込んだ。  出生率向上では経済界で正規雇用比率の引き上げや祖父母への孫の育休付与を目指す。人口流出抑止では学生を集める大学改革やベンチャー企業育成などによる雇用の創出を挙げた。  人口減少緩和では女性が働きやすい環境の整備や外国人留学生の積極的な採用...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人の「技術信仰」が生産性向上を妨げる 技術革新は「人口減少の特効薬」ではない | 国内経済 | 東洋経済オンライン - 06月22日(金)08:00 

日本でもようやく、「生産性」の大切さが認識され始めてきた。「生産性向上」についてさまざまな議論が展…
カテゴリー:

初婚の平均年齢や出生率、H30年版「少子化社会対策白書」公表 - 06月20日(水)20:45 

 内閣府は平成30年6月19日、平成30年(2018年)版「少子化社会対策白書」を公表した。出生数の推移や婚姻・出産といった少子化をめぐる現状の報告や少子化対策のおもな取組みなどを紹介しているほか、平成30年度の特集として「子ども・子育て支援新制度の更なる展開」「働き方改革で切り拓く未来」「男性の家事・育児参画の推進」について紹介している。 「少子化社会対策白書」は、少子化社会対策基本法(平成15年法律第133号)第9条の規定に基づき、少子化の状況および少子化に対処するために講じた施策の概況について報告を行うもので、政府が毎年国会に提出しなければならない。 白書の中から一部を抜粋すると、平成28年(2016年)の日本の年間出生数は97万6,978人となり、明治32年(1899年)の統計開始以来初めて100万人を下回った。厚生労働省の「平成29年(2017年)人口動態統計月報年計(概数)」によれば、平成29年の出生数は94万6,060人。2年連続で100万人を割り、減少傾向にある。 平均初婚年齢は、平成28年で夫が31.1歳、妻が29.4歳となり、昭和60年(1985年)と比較すると、夫は2.9歳、妻は3.9歳上昇。出生時の母親の平均年齢も上昇傾向が続いており、平成28年の出産平均年齢(出生順位別)は、第1子が30.7歳、第2子が32.6歳、第3子が33.6歳。同じく昭和60年と比較...more
カテゴリー:

【大阪直下地震】 高槻など3ヶ所で破裂した水道管は法定の耐用年数を超過 いずれも50年以上前に設置 進まぬ耐震化 - 06月20日(水)03:11  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011486011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_070 地震 破裂した水道管 法定の耐用年数を超過 進まぬ耐震化 2018年6月20日 2時31分地震 影響 大阪府内の高槻市など3か所では、18日の地震で、水道管が破損する被害が出ましたが、破損したのは、いずれも50年以上前に設置された、耐震化されていない水道管だったことがわかりました。 18日の地震では、震度6弱の揺れを観測した高槻市で水道管が破損し、道路が冠水したり、広い範囲で断水したりする被害が出ました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

人工知能×アダプティブ・ラーニング!クラウド型学習システム「すらら」      北海道最大手の学習塾「練成会」が「すらら」を活用した「新型個別指導コース」をスタート - 06月18日(月)15:00 

[株式会社 すららネット] 北海道の人口は、2040年には2015年対比で30%以上の減少が見込まれます。(※注 練成会では、この大きな人口動態変化を見据え、指導対象生の幅を広げるべく人口減少の進む地域やまだ進出できていない地域への進出...
カテゴリー:

【新たな成長軌道へ アナリスト展望】(3)働き方改革 産業・社会システム変革で持続性担保を - 06月22日(金)10:32 

 現政権は「働き方改革」に意欲的に取り組んできており、関連法案は今国会で審議されてきた。今回の政府主導による「働き方改革」の内容は、欧州型のワークルールを導入するものだ。それは人口減少の本格化という、わが国が直面する最大課題に対する有効な対応策として、大筋において妥当といえる。具体的には、長時間労働の是正と同一労働同一賃金の導入が2大柱となっている。労働時間の絶対上限を罰則付きで設けるとともに、正規・非正規間の不合理な処遇格差の是正を企業に求める。
カテゴリー:

【国際】超少子化シンガポールの将来が明るいワケ、なぜ日本は真似できないのか? - 06月21日(木)16:56  bizplus

シンガポールの合計特殊出生率は1.25。日本の1.42よりも低く、少子化が深刻な問題になっている。だが、国の将来は明るく、市民は老後に不安を抱いていない。なぜ日本とは状況が違うのだろうか。そのポイントは女性やシニアがいきいきと働ける仕組みづくりだ。共働き率9割、67歳まで賃金は減らない、というシンガポールの取り組みについて、現地に住むファイナンシャル・プランナーが解説する――。 ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。私はテレビや雑誌でコメンテーターの仕事をしていますが、夫の転勤で、2015年に当時1歳の娘...
»続きを読む
カテゴリー:

「大きな危機感」大学再編や統合、法改正…経団連が改革提言 - 06月20日(水)12:45 

 日本経済団体連合会は2018年6月19日、「今後のわが国の大学改革のあり方に関する提言」をWebサイトに公表した。大学の教育・研究力を高めるため、大学間の連携や再編・統合を進める必要性を強調し、制度の改正や見直しなどを提言している。 提言では、赤字や定員割れに陥っている大学が見受けられ、日本のトップ大学でも直近の世界大学ランキングで軒並み評価を下げている現状を「大きな危機感を抱かざるを得ない」と指摘。人口減少社会・労働力不足を乗り越える観点から、「これまでの護送船団方式の大学行政を改め、大学の教育・研究力を高めるために必要な改革にスピード感を持って取り組むことが求められる」と述べている。 具体的には、大学の教育・研究の質を向上させるため、大学の再編・統合の必要性を強調。18歳人口がピーク時の205万人から2040年には88万人に減少する見込みである一方、大学数は微増、国立大学の定員数もほぼ横ばいで、私立大学の4割が定員割れを起こしている現状を解説したうえで、2017年時点で国立86校、公立89校、私立604校という大学の数や規模の適正化が不可避だとした。 さらに機動力とスピード感ある大学改革を実現するため、内閣に省庁横断的な会議体を設置し、大学の再編・統合に関するグランド・デザインを策定するよう提言。経営悪化傾向にある私立大学の合併や早期撤退を促す仕組みを構築し、私立大学の学部・...more
カテゴリー:

日本の人口減少を招いている残念すぎる真実 次世代を作ることに価値を置いていない | 読書 | 東洋経済オンライン - 06月19日(火)09:00 

「人口減少」や「少子高齢化」を考える日本社会が直面している大きな課題である「人口減少」や「少子高齢…
カテゴリー:

宮崎県新富町で「自立まちづくり新富町 地方創生シンポジウム2018」を7月7日に開催 - 06月18日(月)14:00 

[一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構] [画像: https://prtimes.jp/i/28395/31/resize/d28395-31-173944-0.jpg ] 主催の背景 2040年には、1718※1ある市町村のうち896市町村は消滅すると言われており、多くの自治体が人口減少などの課題に直面し、様々...
カテゴリー:

もっと見る

「人口減少」の画像

もっと見る

「人口減少」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる