「京都府宇治市」とは?

関連ニュース

【マラソン】走るの苦手でも大丈夫!森脇健児&松竹芸人と楽しく走れるイベント開催 - 05月17日(木)16:00 

気持ちの良い天気が続き、そろそろ夏の気配も感じはじめて、外で体を動かして汗をかくのが気持ち良いなという季節になってきました。そんな季節にピッタリのファンランイベントをご紹介します。 夏までに美ボディになりたい。暗闇×ボクシング「b-monster」体験レポート 6月24日(日)に京都山城運動公園陸上競技場で「やる気!元気!森脇健児!ファンダフルリレーマラソンin京都2018」が開催。 ふだん、走り慣れていない方でも大丈夫!親子がペアで走る「親子マラソン」や、職場の仲間や友人たちで参加できる「リレーマラソン」が実施種目で初心者からベテランも一緒に楽しめるファンイベントです。 森脇健児さんにとっては2013年に同じ会場で開催した「森脇健児リレーマラソン!」以来の大会ホストとしての大会になります。5年ぶりに開催される大会について、森脇健児さんに想いを聞いてみました。 ー今回のファンダフルリレーマラソン、森脇さんをはじめ、松竹芸能所属の芸人、タレントさんも多数参加されますが、一般からはどのような方に参加していただきたいですか?ー 子どもからお年寄りというのはもちろん、職場や学生さんのサークルの中で走ることを一生懸命頑張っている人に「え~、走るのなんか嫌」って言っている人を連れてきてもらいたいです。そこでこのリレーマラソンの楽しさや空気感を味わっていただけたら僕としては願ったり叶...more
カテゴリー:

マクアケ、ふるさと納税型のクラウドファンディング「Makuakeガバメント」を開始 - 05月15日(火)10:46 

クラウドファンディングサービスを運営するマクアケは5月15日、地方自治体向けふるさと納税型クラウドファンディング「Makuakeガバメント」を開始すると発表した。 地方自治体の活性化を目的として2008年度から始まった「ふるさと納税」。地方自治体に寄付をすることで、寄付金の一部を所得税や住民税から控除できたり、地域の特産品をお礼としてもらえることなどが特徴だ。しかし、実際には寄付金の使い道ではなく返礼品ばかりが注目されてしまい、自治体のあいだで行き過ぎた返礼品競争が起きてしまうなどの問題が指摘されていた。 そのような背景のなか、マクアケは返礼品ではなく寄付金の使い道にフォーカスしたふるさと納税を目指し、Makuakeガバメントを開始した。 Makuakeガバメントで自治体を支援するユーザーには、通常のふるさと納税と同じく返礼品が贈られるほか、寄付金額の一部が所得税および住民税から控除される。最大の特徴は、Makuakeガバメントでは通常のクラウドファンディングのように、サイト上にあげられたプロジェクト毎に寄付できることだ。そのため、自分が寄付したお金の使い道を明確に知ることができる。 これまでにも、自治体が抱える問題を解決する手法としてクラウドファンディングに着目する例はあり、各自治体が独自にクラウドファンディングを立ち上げる「ガバメントクラウドファンディング」という言葉も生ま...more
カテゴリー:

宇治抹茶を味わいつくす!お茶所「宇治」でハシゴしたい抹茶スイーツカフェ4選 - 05月17日(木)11:00 

全国屈指のお茶所、京都の宇治には老舗から新店まで抹茶スイーツがたくさん。宇治抹茶をふんだんに使った贅沢スイーツをハシゴして味わおう!<※情報は関西ウォーカー(2018年5月8日発売号)より> 【写真を見る】「紫陽花パフェ」(1180円)/伊藤久右衛門 本店・茶房 ■ 上質な抹茶の風味を堪能!宇治を代表する茶屋 「伊藤久右衛門 本店・茶房」は、1832年に創業し、高級茶で名高い京都宇治に店舗を構える老舗。お茶の香りが漂う茶房では、パフェが定番人気だ。華やかな季節限定もあり、5月下旬~7月上旬はアジサイをあしらったパフェが登場。夏季限定で提供する宇治金時も人気! 上質な茶葉のみで作られる、豊かでまろやかな抹茶の味わいを堪能。抹茶アイスと抹茶ゼリーを中心にしたシンプルさが抹茶の風味を引き立てる。イートインのみ。 お抹茶で作るきんとんをはじめ、抹茶クッキーやブルーベリーで、雨露にぬれるアジサイをイメージ。イートインのみ。 休日は行列ができることも。 ■伊藤久右衛門 本店・茶房<住所:京都府宇治市莵道荒槇19-3 電話:0774-23-3955 時間:10:00~18:30(LO18:00) 休み:なし 席数:62席 タバコ:禁煙 交通:JR宇治駅より徒歩5分> ■ 見た目も楽しいスイーツ揃い 「Matcha Republic 抹茶共和国」は、宇治抹茶の卸業専門店のアンテナショップとして20...more
カテゴリー:

【犬のフン/東京】犬のフン放置「減った」…黄色のチョークで警告 - 05月04日(金)18:30  newsplus

放置されたフンの周りをチョークで囲み、日付を書き込む佐々木さんら(4月27日、東京都小平市小川西町で)  路上に放置される犬のフンを減らそうと、東京都小平市は7日、「イエローチョーク作戦」を始める。  放置された路面に印を付け、発見日時も記すシンプルな取り組みだが、飼い主のモラルに訴え、放置を繰り返さないよう警告する狙いだ。約2か月間の実証実験で、成果が確かめられたという。希望する市民にチョークを配り、作戦に加わってもらうという。  ◆実験に手応え  「最近はずいぶん減ったね」。4月27日...
»続きを読む
カテゴリー:

「京都府宇治市」の画像

もっと見る

「京都府宇治市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる