「京都市伏見区」とは?

関連ニュース

まるで日本酒のテーマパーク!17蔵の酒をきき酒で制覇できる「伏水酒蔵小路」 - 05月10日(木)11:10 

「伏水酒蔵小路」では、酒の聖地である伏見の17蔵元の銘酒がそろう。特に「十七蔵の利き酒セット 粋酔」は各蔵元から厳選した代表銘柄17種がまとめて飲み比べできると人気だ。館内には8つの飲食店があり、各店から出前が取れる。<※情報は関西ウォーカー(2018年5月8日発売号)より> 【写真を見る】「海鮮炙り5種盛り」(1280円)/伏水酒蔵小路 ■ 17蔵の酒に加え、各店からの出前もOK カウンターの酒蔵で11時30分~23時に注文できる。味の違いがわかるよう、奥左の「増田德兵衞商店 抱腹絶倒」から順に飲んでいく。<種類、量:20ml×17種 選択:店におまかせ> 【写真の日本酒はこちら】増田德兵衞商店 抱腹絶倒、月桂冠 月桂冠 にごり酒、京姫酒造 京姫 匠 純米吟醸、キンシ正宗 純米吟醸酒 金鵄正宗、齋藤酒造 英勲 純米吟醸酒 古都千年、東山酒造 特別純米原酒 魯山人、松本酒造 愛山純米酒 桃の滴、豊澤本店 豊祝 生原酒 低温熟成、山本本家 純米大吟醸限定品 松の翠、宝酒造 松竹梅 特選 山田錦 特別純米辛口、城陽酒造 純米酒65、都鶴酒造 都鶴 山田錦 純米極辛、北川本家 本醸造上撰 富翁 寒造り辛口、山本勘蔵商店 特撰本醸造 鷹取、招德酒造 生酛造り純米酒 花洛、玉乃光酒造 純米吟醸酒 CLASSIC 玉乃光、黄桜 吟醸秘蔵酒12年貯蔵 旨味が凝縮した干物には、コクのある純米酒など...more
カテゴリー:

【歴史】明治維新から150年を記念し、戊申戦争に使われた「錦の御旗」を公開。征討大将軍の軍服も。京都・仁和寺★2 - 04月25日(水)19:56  newsplus

https://www.sankei.com/west/news/180425/wst1804250009-n1.html 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)で、明治維新から150年を記念して、 戊辰戦争の際に使われた「錦の御旗」や征討大将軍の軍服などが27日から公開される。 24日、一足先に報道陣に披露されたのは、官軍が戦場で掲げたという長さ約3メートル、 幅約70センチの錦の御旗。白地に金糸で雲の模様が描かれている。当時、征討大将軍に 任ぜられた仁和寺門跡が、後に着用したという軍服や軍帽も展示される。 京都非公開文化財特別公開の一環で、...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】京セラ子会社元社員を書類送検=営業秘密持ち出し容疑―京都府警 - 05月01日(火)14:54  newsplus

 勤務先から営業秘密情報を持ち出したとして、京都府警は1日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)の疑いで、京セラの子会社「京セラコミュニケーションシステム」(京都市伏見区)の男性元社員(42)=大津市=を書類送検した。  容疑を認めているという。  送検容疑は2016年9月、業務用パソコンで自宅から同社のサーバーにアクセス。病院経営の健全化のためのコンサルティングに関する内容が含まれた営業秘密情報をダウンロードして私用パソコンに送信し、営業秘密を不正に得た疑い。  府警によると、元社員は当時「京都医療...
»続きを読む
カテゴリー:

【歴史】明治維新から150年を記念し、戊申戦争に使われた「錦の御旗」を公開。征討大将軍の軍服も。京都・仁和寺 - 04月25日(水)10:17  newsplus

https://www.sankei.com/west/news/180425/wst1804250009-n1.html 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)で、明治維新から150年を記念して、 戊辰戦争の際に使われた「錦の御旗」や征討大将軍の軍服などが27日から公開される。 24日、一足先に報道陣に披露されたのは、官軍が戦場で掲げたという長さ約3メートル、 幅約70センチの錦の御旗。白地に金糸で雲の模様が描かれている。当時、征討大将軍に 任ぜられた仁和寺門跡が、後に着用したという軍服や軍帽も展示される。 京都非公開文化財特別公開の一環で、...
»続きを読む
カテゴリー:

「京都市伏見区」の画像

もっと見る

「京都市伏見区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる