「井上真央」とは?

関連ニュース

大泉洋、ヘタクソな自転車運転は井上真央の迫真演技を引き出すため!? - 06月24日(日)18:48 

映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶が6月22日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、鄭義信監督が登壇した。
カテゴリー:

大泉洋、酔っ払って韓国俳優と相撲も… 井上真央が暴露「相手にもされていなかった」 - 06月23日(土)11:25 

 俳優の大泉洋が22日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台あいさつに出席。共演した韓国人俳優キム・サンホが来日した際に、大泉が酔っ払って相撲をとったエピソードを披露して沸かせた。  大泉といえば、北海道発のバラ...
カテゴリー:

今週シネマ:22、23日公開の映画 「焼肉ドラゴン」「猫は抱くもの」… - 06月23日(土)09:00 

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。22日には、真木よう子さんや井上真央さん、桜庭ななみさん、大泉洋さんらが出演する「焼肉ドラゴン」(鄭義信=チョン・ウィシン=監督)、TA…
カテゴリー:

真木よう子、桜庭ななみの足を凝視 大泉洋は相撲の日韓戦に奮闘 - 06月22日(金)19:49 

 真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみが、22日に都内で開催された映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶に出席した。真木は劇中でミニスカートをはくことが多かったという桜庭について「どうしても足に目がいってしまう(笑)」と語った。【写真】『焼肉ドラゴン』初日舞台挨拶フォトギャラリー 鄭義信監督による同名舞台作品を基に、一軒の焼肉店で巻き起こる家族のドラマを描く本作。舞台挨拶にはほかに、大谷亮平、大江晋平、鄭監督が出席した。 長女の静花を演じた真木は「辛いシーンがあったりしたんですけど、現場ではみんな家族で、すごく仲良くしていた」と言い、「この前のように覚えているくらい、すごく濃厚な時間だった」とも明かす。三女の美花を演じた桜庭については「(衣裳が)ずっとミニスカートなので、どうしても足に目がいってしまう(笑)」と振り返った。 一方、静花への思いを秘めたまま次女の梨花(井上)と結婚する哲男に扮した大泉は、姉妹の父・アボジ(龍吉)役のキム・サンホと食事会で相撲を取ったことを回想。「酔っぱらうと、なぜか相撲を取っちゃう人間なんですよ。韓国対日本で相撲を取っちゃって」と言い、「覚えてないんだけど、その時の勝敗どうだった?」と井上に質問。井上はその模様を動画に収めていたそうで、「勝敗というか…ジャパニーズ相撲と、ジャパニーズ受け身って言って、(大泉が)一人で受け身して、アボジは全く見てなかった...more
カテゴリー:

大泉洋、キム・サンホと日韓相撲対決!? 井上真央の真相暴露に観客爆笑 - 06月22日(金)19:30 

劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」が6月22日、全国160館で封切られた。鄭監督をはじめ、キャストの真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭な...
カテゴリー:

大泉洋、ヘタクソな自転車運転は井上真央の迫真演技を引き出すため!? - 06月23日(土)18:09 

映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶が6月22日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、鄭義信監督が登壇した。 本作は鄭義信作・演出により、数々の演劇賞を受賞した伝説の舞台の映画化作品。高度経済成長期の日本で焼肉店を経営する家族の姿を描いた物語で、父・龍吉役をキム・サンホ、長女・静花役を真木よう子、次女・梨花役を井上真央、三女・美花役を桜庭ななみが演じ、静花への思いを秘めながら梨花と結婚する哲夫役に大泉洋が扮している。 大泉は「『焼肉ドラゴン』というタイトルだと、何となくコメディじゃないかと思っている方が多い中で、見終わったみなさんには真実をわかっていただけたんじゃないかと思っています。感動作であることを多くの方に伝えていただければ」と挨拶。 真木は「今までやったことのある役とは、少し違った部分があり、感情を抑えたりするシーンが多かったので、撮影中は辛いシーンがあったりしたんですけど、現場ではみんな“家族”ですごく仲良くしていたので、楽しい現場でした」と振り返った。 また、大泉との共演について井上に質問が飛ぶと、大泉は「あまりいい話は出ません。私の自転車の運転が下手だったとか言ってくるんですよ」と井上の発言前に牽制。 すかさず井上が「あれは、ちょっとひどかったですね」と言うと、大泉は「道がひどいだけです」と自ら...more
カテゴリー:

真木よう子が重要シーンの撮り直しに燃えた『焼肉ドラゴン』 - 06月23日(土)11:10 

 最初に舞台のDVDを見て、真木よう子は衝撃を受けたという。「とにかく面白かったです。こんな舞台があったのかと。何より脚本が素晴らしいなと思いました」。その作品の名は『焼肉ドラゴン』。2008年に鄭義信の作・演出で日韓で上演され、センセーションを巻き起こした。この伝説の舞台を鄭自身が監督を務めて日韓キャストで映画化する。この難易度「高」のミッションへのオファーに、真木は燃えた。【写真】真木よう子インタビュー写真 「正直、最初はこの舞台がどういう映像になるのかイメージがわきませんでした。でも不安よりも、どうせ作るなら、舞台を見た人に『舞台の方が面白かった』とは言わせたくない。映像ならではの面白さを出したい! という気持ちでした」。 物語は万博の開催を控えた高度経済成長期の関西を舞台に、時代の波に翻弄されつつも力強く生きる在日韓国人の一家の姿を描き出す。真木が演じたのが、戦争で左腕を失った父と、彼と再婚し日本へやってきた母、三姉妹と、父母の間に生まれた末の弟の6人家族の長女・静花。真木は、静花のキャラクターについて「長女という立場もあって、妹たちと違ってそこまで自分が前に出ようとしないで、家族を客観的に見ようとしている子です」と語る。 静花の妹の梨花(井上真央)は、静花の幼なじみの哲男(大泉洋)と結婚しているが、彼は静花への思いを密かに抱えており、静花も、そして梨花もそれに気づいている...more
カテゴリー:

大泉洋「普通はカツ丼あげませんよ」 優しさエピソードを明かされドヤ顔 - 06月22日(金)20:09 

 映画『焼肉ドラゴン』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江普平、鄭義信監督が登壇した。  本作は、鄭監督作・演出の人気舞台を映画化したもの。1970年の高度経済成長期に、地方都市の一角で小さな焼き肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族の姿を描く。  店主夫婦の長女・静花を真木、次女・梨花を井上、三女・美花を桜庭、末っ子の時生を大江が演じ、静花の幼なじみの哲男を大泉が演じた。  大泉は「北九州まで舞台を見に行った。それだけ評判がすさまじくて、『とにかく見た方がいい』と言われて、飛行機で飛んで行きました。とても感動して、終わった後には放心しちゃいました」と語った。  そのため、本作のオファーがあったときは非常に驚いたそうで、「まさか哲男役が私にくるなんて。本当は三姉妹の誰かをやりたかったのですが…」と笑わせながらも「これまでやったことのないような役柄。怖い思いもあったけど、監督に見事に引き出していただいた」と感謝した。  一方、大泉と共演した真木は「パブブリックイメージだと面白い方ですが、やっぱり演技になるとプロ。本当に哲男だった。哲男は大泉さんしかいなかったと思う」と絶賛。  最年少の大江は「お昼を、大泉さんと真木さんと一緒に食べたときに、僕がうどんのおかわりをしに行こうとしたら、大泉さんが『俺のカツ丼を食べていいよ』...more
カテゴリー:

大泉洋、キム・サンホと日韓相撲対決!? 井上真央の真相暴露に観客爆笑 - 06月22日(金)19:30 

 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」が6月22日、全国160館で封切られた。鄭監督をはじめ、キャストの真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  高度経済成長期真っただ中の日本を背景に、関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも力強く生きる姿を描く。舞台版の初演が行われたのは、2008年のこと。鄭監督は、その10年後に映画版の初日を迎えた心境を問われると「本当に感無量です。10年は長い月日にも感じられますが、あっという間にも思える。本作の撮影も約1年前なんですが、それも遠い夢のようだった気がしますし、まるで昨日のことような気もしています」と思いの丈を述べていた。  「焼肉ドラゴン」の大黒柱・龍吉を演じたキム・サンホと、撮影を通じて深い絆で結ばれた大泉。来日したキムが登壇したイベント(5月22日開催)の話題が飛び出すと「私はイベントに出れなかったんですが、夜開かれた食事会には行ったんです」と振り返った。「『映画会社の金でメシだけ食べにきたのか』と悪口を言われましたね(笑)。その後、えらい飲んで大変だった...more
カテゴリー:

大泉洋「酔うと相撲を取っちゃう!」気になる勝敗について井上真央から意外すぎる回答 - 06月22日(金)19:05 

数々の演劇賞に輝いた舞台を映画化した『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶が6月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、鄭義信監督が登壇。大泉が「相撲を取った!」と共演者のキム・サンホとの交流を明かすも、井上が「相手にもされていません」とバッサリ。意外な勝敗の行方に大泉も会場も大爆笑となった。 【写真を見る】真木よう子、井上真央、桜庭ななみの“美人3姉妹”華やかコーデ! 本作は、高度成長期の真っ只中の昭和45年を舞台に、小さな焼肉店を営む家族が時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を描く人間ドラマ。 日韓の俳優たちが集い、絆を育みながら撮影に臨んだというキャスト陣。父親役のキム・サンホがキャンペーンで来日した際には、大泉や井上らも一緒に会食を楽しんだという。大泉は「えらい飲んで。大変だったんですよ」とベロベロに酔っ払ったそうで、「私は酔っ払うとなぜか相撲を取っちゃう。韓国対日本で相撲を取っちゃった」と告白。井上は「しっかりと動画に収めました」と見守り役となったことを明かした。 大泉は「俺、覚えてないんだけど、勝敗はどうだったの?」と記憶にないそうで、井上が「勝敗というか…。“ジャパニーズ相撲”、“ジャパニーズ受け身”って言って、ひとりでやっていた。アボジ(お父さん)はまったく見ていなかったです!」と実は大泉の独り相撲だ...more
カテゴリー:

もっと見る

「井上真央」の画像

もっと見る

「井上真央」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる