「井ノ原快彦」とは?

関連ニュース

岡田准一が絶対殺せない殺し屋に!「アクションを全力で楽しみたいです」 - 06月23日(土)14:44 

「週刊ヤングマガジン」で連載中で単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門賞>を受賞した漫画「ザ・ファブル」が、岡田准一主演で映画化することが決定した。 【写真を見る】木村文乃が楽天的でお酒大好き、刺激が大好きなぶっ飛んだ役に挑む! 「天才的な殺し屋」として、裏社会で恐れられる通称“ファブル”を演じる岡田は「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んだ。 ファブルは英語で寓話(ぐうわ)を意味する言葉で、圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋だ。 そんな彼がボスから与えられた次なる指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」。 殺し屋として生きてきたファブルは、普通の日常生活を送った経験がなく、想像もつかない日常世界に送り込まれてしまう。 さらに万が一、誰かを殺したらボスによって処分されるという条件付きの究極のミッションを遂行しなければならない。 ファブルは佐藤アキラという偽名を与えられ、ヨウコという妹の設定のパートナーと共に、ボスの口利きで大阪の暴力組織・真黒カンパニーの協力を得て、殺しを封印し“普通の生活”を始めることに。 主人公のファブル役を演じる岡田は、V6メンバーとしての活動以外にも、「追憶」「関ヶ原」(共に2017年)や、9...more
カテゴリー:

嵐・松本潤主演ドラマへの出演を振り返り、笑福亭鶴瓶「難しかったわ」 - 06月20日(水)11:00 

女優の菊川怜が、6月19日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。天然発言を連発し、MCの笑福亭鶴瓶がタジタジとなる一幕があった。昨年の9月まで朝のニュース番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演していた菊川。鶴瓶が「(生放送のため)間違った応対とかしてしまうやんか。ようやったと思うわ」と語ると、彼女は「たくさん失敗をした」と振り返る。また、菊川のVTRフリのコメントについても「最初はヨタヨタやったけど、最後は上手なった」と話した。当時、菊川は朝の5時頃に起きていたと言い、大きな遅刻はないが、時計を見て「はっ!」と驚いたことは2度ほどあったと明かした。朝の帯番組をしながらドラマに出演するのは大変なようで、菊川は年に数本単位で2時間ドラマに出演していたそう。しかし、同じく朝に帯番組をやりながら連続ドラマにも出演したV6の井ノ原快彦を引き合いに出し「スゴいですよねぇ」と感心。鶴瓶も「イノッチようやっとったなぁ」と同調した。また、学生時代にスカウトされたことがキッカケで芸能界入りしたという菊川。一方の鶴瓶は、67歳で未だに現役であることに「上手いことやったわ」と振り返る。菊川が「どうやったら上手くできるか教えてください」と聞くと鶴瓶は「上手いこと行ってるやんか」と返答。「いや、でもまだ先が長いんでね……」と詰め寄ると、鶴瓶から「おい!『もうアンタ先ない』み...more
カテゴリー:

<半分、青い。>草太役・上村海成が芝居に目覚めたきっかけとは? - 06月18日(月)07:50 

――連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)で永野芽郁演じるヒロインの弟・楡野草太役で注目を集める上村海成。ドラマの放送以降、「親戚から『サインちょうだい』と連絡が来るようになりました」と、笑顔で話すが、初めての朝ドラ出演という大役に大きなプレッシャーも感じていたという。 【写真を見る】朝ドラの現場は「こんなすごい方たちと僕が共演できるのか?って不安で、正直帰りたいって思ってしまったほど(笑)」とおどける上村海成/撮影=西村康 上村「第1回から放送を見ていたんですが、僕が登場する日が近づくにつれて『やばい、出ちゃう』って不安になっていきました(笑)。また、草太の幼少期を演じていた志水透哉くんがすごくかわいかったんですよ。だからこそ『成長して微妙になったぞ?』って視聴者の方に思われたらどうしよう?って。でも、放送を見た親戚や知り合いの方に褒めていただいて、少し安心しました。印象的だったのは知り合いの学校の先生の『一服の清涼剤のようなキャラクターだ』という言葉。先生ならではの表現ですよね(笑)。うれしかったです」 ――楡野家には中村雅俊、滝藤賢一、松雪泰子と豪華俳優陣がそろう。 上村「素晴らしい俳優さんばかりで、それもプレッシャーの一つでした。こんなすごい方たちと僕が共演できるのか?って不安で、正直帰りたいって思ってしまったほどです(笑)。でも、皆さんすごく優しい方々で、いざ撮...more
カテゴリー:

「特捜9」完走のイノッチ 「ドラマは救いだった」10代のころを振り返る - 06月16日(土)10:15 

“9係”の愛称で幅広い層に愛された本格刑事群像ドラマ「警視庁捜査一課9係」('06 ~'17年)。発売中のザテレビジョンCOLORSでは、そのDNAを引き継いだ「特捜9」(共にテレビ朝日系)で主任・浅輪直樹役を完走した井ノ原快彦に、作品や“演じること”への思いを聞いた。 【画像を見る】5月末にリリースしたシングル「Crazy Rays/KEEP GOING」が好調なV6 「僕自身もちろん、実際の世界で浅輪とは全く別の人生を歩んでいるけど、“9係”の皆さんとは12年間一緒に演じ続けていることもあり、家族みたいな存在。だから、メンバーにも話さないようなことも話したりしますね。特に、これまで“9係”の現場では一番年下だったから、それって気持ち的にすごく楽なんです。自分を委ねられるし、どんどん吸収して成長していけるから。ベテランぞろいの“9係”の現場では、失敗が恥ずかしくなかったし、自分が誰かに何かを教えなければいけない立場でもなく、胸を借りていたというか。でも、今回から山ちゃん(山田裕貴)が入ってきたことで、自分が末っ子ではなくなって、自分でもちょっと構えるかな?と思ったけど、これがまた不思議なもので、“山ちゃ~ん。遊ぼ~”って感じだったんです(笑)。この感覚も12年という歳月が生み出してくれた安心感からなのかなって」 ■ 井ノ原、ドラマは「自分を認めてもらえる、大切な場所」 井ノ原が役...more
カテゴリー:

特捜9:イノッチ主演の「9係」後継作 最終回視聴率は14.0% - 06月14日(木)12:03 

 人気グループ「V6」の井ノ原快彦さんが主演する連続ドラマ「特捜9(ナイン)」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の最終話が13日、15分拡大で放送され、平均視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地…
カテゴリー:

嵐・松本潤主演ドラマへの出演を振り返り、笑福亭鶴瓶「難しかったわ」 - 06月20日(水)11:09 

女優の菊川怜が、6月19日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。天然発言を連発し、MCの笑福亭鶴瓶がタジタジとなる一幕があった。昨年の9月まで朝のニュース番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演していた菊川。鶴瓶が「(生放送のため)間違った応対とかしてしまうやんか。ようやったと思うわ」と語ると、彼女は「たくさん失敗をした」と振り返る。また、菊川のVTRフリのコメントについても「最初はヨタヨタやったけど、最後は上手なった」と話した。当時、菊川は朝の5時頃に起きていたと言い、大きな遅刻はないが、時計を見て「はっ!」と驚いたことは2度ほどあったと明かした。朝の帯番組をしながらドラマに出演するのは大変なようで、菊川は年に数本単位で2時間ドラマに出演していたそう。しかし、同じく朝に帯番組をやりながら連続ドラマにも出演したV6の井ノ原快彦を引き合いに出し「スゴいですよねぇ」と感心。鶴瓶も「イノッチようやっとったなぁ」と同調した。また、学生時代にスカウトされたことがキッカケで芸能界入りしたという菊川。一方の鶴瓶は、67歳で未だに現役であることに「上手いことやったわ」と振り返る。菊川が「どうやったら上手くできるか教えてください」と聞くと鶴瓶は「上手いこと行ってるやんか」と返答。「いや、でもまだ先が長いんでね……」と詰め寄ると、鶴瓶から「おい!『もうアンタ先ない』み...more
カテゴリー:

【芸能】NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は news every.2週間で復帰か - 06月20日(水)10:19  mnewsplus

NEWS小山慶一郎が未成年との飲酒報道を受けて活動を自粛しているが、先週末の情報ではジャニーズ事務所が「news every.」の2週間での復帰をTV局に依頼したとの話も。 これじゃ謹慎というより一足早い夏の休暇にも思えるが、問題が発覚してから批判の的になったのがニュース番組、またはワイド・情報がゴチャ混ぜになった類いの番組でキャスターを務めるジャニーズの多さだ。 小山の他に同じNEWS加藤シゲアキ、嵐の桜井翔、TOKIO城島茂、国分太一、少年隊の東山紀之、関ジャニ∞の丸山隆平、KAT―TUN...
»続きを読む
カテゴリー:

蛭子能収、電車で無人駅旅のはずが突如路線バスへ!? - 06月18日(月)06:00 

6月18日(月)夜7時からの「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)では、タカアンドトシの「無人駅で飲食店を見っけ隊!」を放送。タカアンドトシとゲストの蛭子能収、遠藤久美子が岐阜・長良川鉄道に乗車する。 【写真を見る】こりゃ絶景だ! 葛飾北斎も描いたという壮大な滝に一同大興奮/(C)テレビ朝日 同企画は、サイコロを振って出た目の数だけ進み、無人駅で下車、その駅の周辺で地元の人々に聞き込みをしながら飲食店を探していくというもの。 スムーズに飲食店が見つかることもあれば、どれだけ歩いても見つからず、山をいくつも越えなくてはいけない、ということも。 今回のゲストは、マイペース過ぎる蛭子といつも元気な女優・遠藤。長良川を車窓から眺めつつ、岐阜の名産を探して地元の方に聞き込みを始める。 地元の方の憩いの場になっている中華店から、解禁されたばかりの新鮮なあゆの塩焼き、飛騨牛など名産が満載の道の駅まで、岐阜の料理を満喫していく。 ■ まさかのハプニング! 旅に慣れた蛭子の活躍で、順調に進んでいるかのように見えていた旅だったものの、自然に囲まれた景色に目を奪われているタカトシ&遠藤が振り返ると、一緒にいたはずの蛭子の姿が見当たらないという、ハプニングが。  タカトシ&遠藤とはぐれてしまった蛭子は、電車の旅のはずがなぜか“乗り慣れた”路線バスの方へ。果たして、無事に合流することはできるのか? そ...more
カテゴリー:

平野紫耀「そんなの一択だろ!」の破壊力に騒然! 予告のF4にも熱視線【視聴熱TOP3】 - 06月14日(木)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、6月13日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】めぐみ(飯豊まりえ)を叱る愛莉(今田美桜)も「かわいすぎ!」と話題沸騰 1位「花のち晴れ~花男Next Season~」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)33845pt 6月12日の第9話で、音(杉咲花)への恋心をさく裂させた晴(平野紫耀)。音をすぐに信じなかった天馬(中川大志)を「そんなの一択だろ!」と一喝したり、「1分だけ…」と音をバックハグしたりと、晴の不器用な格好良さに多くの視聴者がもん絶。 その破壊力は持続し、13日もその余韻に浸る投稿が相次ぐなど盛り上がりを見せている。 次回6月19日(火)放送の第10話は、音を巡って晴と天馬が武道対決に挑む。 晴に弓道の極意を指南する人物として、前シリーズ「花より男子」(2005年、2007年)の“F4”メンバーである西門(松田翔太)が登場。 予告でチラリと映るや「キター!」「待ってました!」と話題を集め、道明寺(松本潤)、花沢(小栗旬)に続くF4の出演に注目が集まっている。 2位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)12653pt 6月2日の最終回後もSNS上に多くのコメントが寄せられている中、13日は主人公・春田(田中圭)に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日ということで「#黒澤武蔵誕生祭2018」とタグを付...more
カテゴリー:

井ノ原快彦主演『特捜9』最終回14.0% - 06月14日(木)10:16 

 V6の井ノ原快彦が主演したテレビ朝日系ドラマ『特捜9』最終回(後9:00~10:09※15分拡大)が13日に放送され、番組平均視聴率14.0%を獲得。期間を通して好調だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。 【写真】特捜班のメンバーが勢ぞろい  同ドラマは、昨年4月期まで12シーズン放送された『警視庁捜査一課9係』のキャストやスタイルを継承し、新たなキャラクターを加えて新装スタート。『9係』を率いた渡瀬恒彦さん演じる加納倫太郎の面影を残しながら、『特捜9』では浅輪直樹(井ノ原)を中心に、元9係メンバーと新メンバーの宗方班長(寺尾聰)、若手刑事の新藤亮(山田裕貴)が一丸となって活躍するストーリーを展開した。  数字は推移は、第1話(4月11日)=16.0%、第2話(4月18日)15.4%、第3話(4月25日)=14.5%、第4話(5月2日)=13.8%、第5話(5月9日)=14.3%、第6話(5月16日)=13.2%、第7話(5月23日)=13.0%、第8話(5月30日)=11.1%、第9話(6月6日)14.5%、最終話(6月13日)=14.0%。  最終回は、法務大臣夫人が刺殺された事件を追う中、9係が解散させられた“1年前の事件”と、宗方班長が警察を辞めることになった“5年前の事件”の真相が浮かび上がってくるという内容だった。 【関連記事】 『特捜9』山...more
カテゴリー:

もっと見る

「井ノ原快彦」の画像

もっと見る

「井ノ原快彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる