「二次災害」とは?

関連ニュース

豪雨被災地 不安隣り合わせ…二次災害警戒 7/14 7:17更新 - 07月14日(土)07:17 

隘ソ譌・譛ャ雎ェ髮ィ縺ォ繧医k豁サ閠??陦梧婿荳肴?閠??縲?ショ?ョ?ョ縺ョ縺セ縺ィ繧√〒縺ッ?托シ捺律蜊亥セ鯉シ托シ第凾?托シ仙?譎らせ縺ァ?抵シ費シ吩ココ縺ィ縺ェ縺」縺ヲ縺?k縲ゅ◎縺ョ荳肴?閠??謐懃エ「縺檎カ壹¥荳ュ縲∽コ梧ャ。轣ス螳ウ縺ョ諱舌l縺後≠繧九→縺励※驕ソ髮」謖?、コ縺悟?繧九↑縺ゥ陲ォ轣ス蝨ー縺ッ荳榊ョ峨→髫」繧雁粋繧上○縺ョ譌・縺檎カ壹>縺ヲ縺?k縲
カテゴリー:

西日本豪雨 新たな避難指示、二次災害のおそれも - 07月11日(水)23:54 

 西日本豪雨の被災地では雨が止んでいるにもかかわらず、11日も新たな避難指示が出されました。二次災害のおそれに加え、連日の暑さの中で行方不明者の捜索や復旧作業が続けられています。(11日23:10)
カテゴリー:

【豪雨・車水没】浸水車両の救援依頼、多すぎてJAF追いつけず 感電や火災の恐れ、自己判断でエンジンをかけないで! - 07月11日(水)15:54  newsplus

 西日本豪雨の被災地では、多くの車が浸水した。日本自動車連盟(JAF)の中国本部は今月6~9日の4日間、浸水に関するものだけで広島、岡山両県に741件出動。さらに数倍の救援依頼が殺到しているが、対応が追いついていない状態だ。浸水車両は不用意に取り扱うと火災や感電の恐れもあり、注意が必要だ。  河川が氾濫した広島県坂町では、水や土砂で動けなくなった車が11日も多数、道路上に残されている。道路の真ん中を塞いだトラックには「JAFなどに連絡していますが、かなり時間がかかるそうです。ご迷惑おかけし...
»続きを読む
カテゴリー:

【Nice boat】助けに行かな 救命4時間、倒れるまでボートこいだ青年 ー 岡山県倉敷市 - 07月11日(水)14:25  newsplus

7/11(水) 12:11配信 朝日新聞デジタル  「あの日」、たくさんのゴムボートが命を救った。西日本を襲った豪雨により大規模に冠水し、48人が犠牲となった岡山県倉敷市真備(まび)町。その中で、自衛隊員でも消防隊員でもない男性が、ひとりでも多く助けようと、力尽きるまでこぎ続けていた。  「生きとったんじゃな」  倉敷市真備町箭田(やた)の会社員、野村浩史さん(31)は病院で目覚めた瞬間、こう思ったという。体力が回復した10日午後、退院した。  野村さんは豪雨が降り続いていた6日夜、自宅に父真示さん(...
»続きを読む
カテゴリー:

広島・府中町、榎川 土石流氾濫うけ二次災害警戒 - 07月11日(水)12:16 

 西日本各地の豪雨被害で、これまでに170人の方が亡くなり、いまだ行方がわからない人も55人に上っています。被災地では30度を超える厳しい暑さが予想される中、不明者の捜索と復旧作業が急がれています。広島県府中町から報告です。
カテゴリー:

避難指示相次ぐ広島、二次災害に警戒 - 07月12日(木)04:09 

 大雨で大きな被害が出た広島県では11日、土砂災害の恐れなどから、いくつかの地域で相次いで避難指示が出されました。専門家は二次災害への警戒を呼びかけています。
カテゴリー:

ポートボート漕げよボート漕げよ。被災地でぶっ倒れて病院搬送されるまでボート漕ぎ続け救助した青年 - 07月11日(水)16:12  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000048-asahi-soci ゴムボートで救助へ向かう野村浩史さん(2018年7月7日、岡山県倉敷市真備町箭田、知人提供)  「あの日」、たくさんのゴムボートが命を救った。西日本を襲った豪雨により大規模に冠水し、48人が犠牲となった岡山県倉敷市真備(まび)町。その中で、自衛隊員でも消防隊員でもない男性が、ひとりでも多く助けようと、力尽きるまでこぎ続けていた。 【写真】脱水症状と疲労で入院していた野村浩史さん=2018年7月10日午後、岡山県倉敷市美和1丁目...
»続きを読む
カテゴリー:

被災地にはモノや千羽鶴でなく、募金を!現場からの迷惑報告 - 07月11日(水)15:44 

 死者159名、行方不明56名(7月10日現在)に上り、西日本に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨。今も必死の救命、捜索活動が続けられています。  全国に支援の輪が広がっていますが、残念なことに被災地のニーズに合わないケースも多々あるのだそうです。 ◆救援物資があふれる倉敷市から悲鳴  たとえば、物資が大量に送られてきた倉敷市。猛暑の時期に着られない秋冬物の洋服も多かったそうで、人手が足りず仕分けができないので避難所のスペースを圧迫するだけになってしまったのです。  こうした状況に、市は10日、支援物資の受け入れを一時的に休止すると発表しました。また、個人がたくさんの支援物資を路上に置いていき、自衛隊の通行のジャマになるのでやめてほしい、と悲鳴のようなツイートもしています。  こうした動きに対して、ネットでは“善意を無にするのか”といったクレームの声があがったり、“千羽鶴は迷惑か否か”なんていうノンキな議論が起きたりする始末。  もちろん、ほとんどの人は真剣に心配したうえでの行動なのだろうと思います。  でも、一番に優先すべきは被災者の声ですよね。せっかくの善意が有効に行き渡るよう、今一度チェックすべき点をおさらいしてみました。  NPO法人「レスキューストックヤード」のサイトにわかりやすくまとめられていましたのでご紹介します。 (以下は、同サイト「支援物資...more
カテゴリー:

【西日本豪雨】「助けに行かな」 手こぎボートで4時間救命活動の男性、疲労と脱水で入院 「まだ残ってる」「行かないと」 - 07月11日(水)14:22  newsplus

2018年7月11日12時11分 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/sp/articles/ASL7B6G1SL7BPTIL04M.html ゴムボートで救助へ向かう野村浩史さん(2018年7月7日、岡山県倉敷市真備町箭田、知人提供) ※ 記事に動画  「あの日」、たくさんのゴムボートが命を救った。西日本を襲った豪雨により大規模に冠水し、48人が犠牲となった岡山県倉敷市真備(まび)町。その中で、自衛隊員でも消防隊員でもない男性が、ひとりでも多く助けようと、力尽きるまでこぎ続けていた。  「生きとったんじゃな」  倉敷市真備町箭田(...
»続きを読む
カテゴリー:

結婚祝金を支給してくれる市町村があるって本当? - 07月11日(水)10:46 

●結婚祝金は「移住+定住」が支給の前提 「結婚祝金」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。企業から結婚祝金が出ることは珍しくありませんが、実は自治体からも給付されるケースがあるのはご存じでしょうか。晩婚化が進んで未婚率も増加しているとは言え、結婚は一般的にはごく当たり前のことです。「本当に祝い金がもらえの?」といぶかるかもしれませんが、一定の条件のもとで実際に結婚祝金が支給される地域もあるのです。 その条件とは、その地域への「移住+定住」。つまり過疎化の問題を抱えている地域が、若い世代の人口増加を狙って設けている制度なのです。結婚祝金だけでなく、住まいの提供など、さまざまな支援が用意されている地域もあります。結婚と同時に子育て環境に良い田舎にIターンしたいと考えているカップルにとっては、思わぬ支援が用意されているケースもあります。今回はその中から結婚祝金について詳しくみていきましょう。 一般に、若い世代の都会志向傾向は今も昔も変わらないでしょう。私は学生の頃に両親が仕事で転勤したために一時寄宿舎にいましたが、同宿となった地方から出てきた学生のほぼ全員が、地方には帰らずそのまま東京暮らしになりました。今も同じような現象が起きているのではないでしょうか。 しかし、中高年向けに行った地方への移住意識調査で、「移住したい」と「2地域で拠点を持ちたい」と考えている人がかなり...more
カテゴリー:

もっと見る

「二次災害」の画像

もっと見る

「二次災害」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる