「二つ目」とは?

関連ニュース

【アメリカンフットボール】<悪質タックル>勇気ある会見で判明した日大と内田前監督の4つの許せない“嘘”と矛盾点 ★2 - 05月23日(水)12:57  mnewsplus

文部科学省は、もう日大への学校法人の認可を取り下げた方がいいのかもしれない。 この日、日本記者クラブで開かれた悪質タックルを行った加害者である宮川泰介氏の勇気ある会見で、 日大と日大アメリカンフットボール部が、これまでに少なくとも4つの許されない“嘘”をついていたことが明らかになった。 矛盾点、つまり、彼らがついてきた“嘘”を整理してみる。 一つ目は、これまで情報が錯綜していた「監督、コーチの反則指示」があったか、どうかという点。 宮川氏は、この日の会見で、詳細な経緯と内田正人前監督と井上奨コーチ...
»続きを読む
カテゴリー:

勉強できるだけの子でいいの?「地頭のよさ」は親子の会話で育つ!?・その2 - 05月16日(水)17:50 

母「学校には慣れた?」 息子「うん」 母「給食は美味しい?」 息子「普通……」 最近の我が家での親子の会話です。 中学校に上がったばかりの息子の様子を知りたい母は、いろんな切り口で話を振ってみますが、適当な返事を返されるばかり。 実はこれ、親の質問の仕方に問題があったようです! 前回と今回の2回にわたって、有元秀文氏の著書「学力をグングン伸ばす 親の『質問力』」(扶桑社刊)を参考に、地頭のいい子どもにするための方法をご紹介します。 今回は、親子の会話が弾むための質問の仕方についてご紹介いたします。   意外にも、みんな「親子の会話」で苦労している!? 前回、社会に出てから「デキる人」と評価されるには、「地頭」のよさが必要不可欠である!というお話をしました。 そして「地頭」は家庭の会話で育つ!ということですが、もともと親子の会話が少ないと、地頭を良くするもなにも……という感じではないでしょうか? 我が家の場合、コミュニケーションをとろうにも、息子と会話のキャッチボールが続きません。 質問をしても「うん」とか「別に」 この感じ、本当にどうにかなりませんかね!? 「一問一答は会話ではない」  -「学力をグングン伸ばす親の『質問力』」より- まさに、我が家の親子の会話は「一問一答」。 質問をして会話を投げかけても、その話題はすぐに消え去ります。 息子のほうは別に話をしたいと思って...more
カテゴリー:

【アメフト】 「勇気ある会見」で判明した、日本大学と内田正人前監督の4つの許せない『ウソ』と矛盾点★2 - 05月23日(水)12:01  mnewsplus

https://thepage.jp/detail/20180522-00000002-wordleafs https://thepage.jp/detail/20180522-00000002-wordleafs?page=2 https://thepage.jp/detail/20180522-00000002-wordleafs?page=3 (全文はリンク先見てください) 文部科学省は、もう日大への学校法人の認可を取り下げた方がいいのかもしれない。 この日、日本記者クラブで開かれた悪質タックルを行った加害者である宮川泰介氏の勇気ある会見で、 日大と日大アメリカンフットボール部が、これまでに少なくとも4つの許されない“嘘”をついていたことが明らかになった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「二つ目」の画像

もっと見る

「二つ目」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる