「事情聴取」とは?

関連ニュース

【東京医科大】東京医大入試課長、文科省・前局長息子に1次試験の点数加算か - 07月17日(火)10:06  newsplus

文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で、東京医科大学の入試担当課長が、前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)容疑者(58)=受託収賄(じゅたくしゅうわい)容疑で逮捕=の息子の1次試験の点数を加算した疑いがあることが16日、関係者への取材で分かった。息子は合格ラインに達していなかったとされ、東京地検特捜部は贈賄側である同大の臼井正彦前理事長(77)らが課長に指示したとみて調べている。  特捜部は、私立大学支援事業の選定で東京医科大に便宜を図るよう依頼を受け、見返りに同大を受験した息子...
»続きを読む
カテゴリー:

警察「大口病院の事件は証拠がなかったから看護師を1年かけて自殺しない程度に追いつめて自白させた」 - 07月15日(日)23:29  news

横浜・大口病院48人“不審死” 女性捜査員が久保木容疑者を落とした瞬間 山内リカ2018.7.15 07:00週刊朝日  事件発覚から1年と10カ月──。横浜市の旧大口病院(現在は横浜はじめ病院)の入院患者ら48人が相次いで中毒死した事件で、 逮捕されたのは、やはり疑惑の元女性看護師(31)だった。国内の犯罪史上、最悪の“毒殺”事件の突破口を開いたのは、ある女性捜査員の執念だった。 * * *  神奈川県警に殺人容疑で逮捕されたのは、旧大口病院に当時、勤務していた元看護師(現在は無職)の久保木愛弓容疑者(31)だ。7月9日...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京医科大】過去に不正合格させた、受験生や親の名前が書かれた「裏口入学リスト」を作成 特捜部、大学側からリスト入手★10 - 07月14日(土)05:36  newsplus

文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう...
»続きを読む
カテゴリー:

5割が経験アリ!女性200人に調査「彼氏が浮気」してたらどうする? - 07月13日(金)20:15 

恋人の浮気が心配になることはありませんか?カレを信頼していればいるほど、裏切られたときはショックが大きいですよね。そこで浮気された後の対処法について、20~30代女子の集まるanan総研メンバーにリサーチしてみました。もし大好きなカレに浮気をされたら…あなたならどのような行動を取りますか? 文・椎名恵麻 【アンアン総研リサーチ】vol. 136 大好きなカレが浮気をしていたら…… 他のオンナにもこうしていたら……。 Q1.彼氏の浮気が発覚したら、どのように対処しますか? anan総研調べ カレの浮気に気づいても、「何も言わない」という女性が21%という結果に。そして「自分も浮気をし返す」との回答も18%見られました。そして「その他」と答えた総研メンバーに、具体的な対処法を聞いてみると…… カレの話を聞く 「話し合うなどして、真実を確かめます」(21歳・学生) 「正直に話して、浮気をした理由を聞きます。(もしかしたら勘違いかもしれないので)」(27歳・デザイン) まずはカレと話し合う派から。浮気が疑惑のままでは、気持ちも落ち着かず、カレとの交際を続けていくのも楽しくありません。浮気を許すか、別れるかを決めるにも、カレと話し合う機会を設けて、ハッキリさせることが大切となるでしょう。 確実な浮気の証拠を見つける 「なぜそうなったか、彼と彼の周りを調査する。相手の女性との関係性など。...more
カテゴリー:

おにぎり配布市議を書類送検=安倍首相第一声で80個-福島県警 - 07月13日(金)18:19 

 昨年10月の衆院選公示日に安倍晋三首相が福島市で第一声を上げた際、地元の市議が有権者におにぎりを配布した問題で、福島県警は13日、公職選挙法違反の疑いで、宍戸一照福島市議(67)を書類送検した。少なくとも80個のおにぎりを有権者と陣営関係者に配布した疑いがあるという。 捜査関係者によると、県警は検察に起訴するかどうか判断を委ねる「相当処分」の意見を付けたとみられる。宍戸氏は県警の事情聴取に対し、「陣営関係者で食べるつもりで用意したが、余ったから配っただけだ」などと説明したという。 安倍首相は昨年10月10日、自民党候補の応援演説を行った際、県産米のおにぎりを試食。宍戸氏は演説後に「皆さまにおにぎりを準備しときましたから、もらってってください」などと呼び掛けた。 捜査関係者によると、県警は当日用意されていた米の量などからおにぎりの数を算出。関係者への聴取などから配布に計画性はなく、候補者や県連幹部の関与はなかったと判断した。 昨年10月に佐賀県の男性が告発。公選法はお茶や菓子などを除き、飲食物の提供を禁じており、県警が捜査を進めていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

米大統領選介入、ロシアに同調=トランプ氏「捜査は災難」-首脳会談で成果なし - 07月17日(火)05:48 

 【ヘルシンキ時事】トランプ米大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談した。トランプ氏は会談後の記者会見で、ロシアによる2016年米大統領選への介入問題に関し、「なぜロシアが選挙に干渉するのか理由が見当たらない」と述べ、改めて介入を否定したプーチン氏に同調。米国内で続くロシア疑惑の捜査を「災難」とまで言い切った。 両首脳の直接会談は、昨年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議以来約1年ぶり。核軍縮やシリア問題についても協議したが具体的成果はなく、信頼醸成に向けて対話を継続する意向を確認するにとどまった。 米大統領選介入をめぐっては、モラー特別検察官が13日、介入を認定してロシア情報部員12人を起訴した。捜査では、ロシアが選挙戦でトランプ陣営と連携していた実態の一端が浮かび上がった。 プーチン氏は会見で「ロシア政府は選挙を含む米国の内政に干渉したことは一切なく、今後も干渉することはない」と主張。米捜査チーム立ち会いの下、起訴された情報部員から事情聴取してもいいと提案した。 一方、トランプ氏は自国の司法当局による捜査を「二大核保有国の関係を悪化させており、ばかげている」と批判した。さらに、ロシアとの間に共謀はなかったと繰り返し、会見の最後には「魔女狩りだ」と捨てぜりふを吐いた。 首脳会談は通訳のみを交えた1対1で始まり、両大統領は予定を大幅に上回る約2...more
カテゴリー:

「手柄」獲得で焦りか=贈賄側の医大前理事長-文科省汚職・東京地検 - 07月14日(土)15:33 

 文部科学省の私立大支援事業をめぐる汚職事件は14日、同省前局長佐野太容疑者(58)の逮捕から10日が経過した。贈賄側の東京医科大の臼井正彦前理事長(77)は不正を全面的に認めているもようだが、背景は明らかになったとは言えない。学内からは「前理事長が、大学の評価を高めたという『手柄』の獲得を焦ったのでは」と指摘する声が上がっている。 東京地検特捜部は4日に佐野容疑者らを逮捕する前から、臼井前理事長の事情聴取を進めてきた。前理事長は贈賄容疑を認めており、特捜部は今後も、在宅のまま捜査するとみられる。 特捜部などによると、臼井前理事長は2017年5月、当時文科省官房長だった佐野容疑者に対し、「私立大学研究ブランディング事業」で同大が選定されるよう便宜を図ってほしいと依頼。鈴木衛前学長(69)と共に、見返りとして同大を受験した同容疑者の息子を不正に合格させた疑いが持たれている。 東京医科大は同年11月、唾液や尿からがんや生活習慣病などを検査できるようにする研究で事業対象に選ばれた。期間は21年度までの5年間で、17年度は3500万円の助成を受けた。 同大は、16年度にも同じ研究で事業に応募したが選ばれなかった。検察幹部は「前理事長による佐野容疑者への働き掛けは、前年度の落選がきっかけだったのだろう」と明かす。 同大関係者によると、「16年に創立100周年を迎えて次の100年に向けた取り組...more
カテゴリー:

【東京医科大】過去に不正合格させた、受験生や親の名前が書かれた「裏口入学リスト」を作成 特捜部、大学側からリスト入手★9 - 07月13日(金)22:13  newsplus

文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京医科大】過去に不正合格させた、受験生や親の名前が書かれた「裏口入学リスト」を作成 特捜部、大学側からリスト入手★8 - 07月13日(金)19:36  newsplus

文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう...
»続きを読む
カテゴリー:

特捜部、東京医科大側から「過去に不正合格させた受験生や親の名前が書かれた、裏口入学リスト」を入手 ネット「前川さんの嘘、バレる」 - 07月13日(金)18:18  seijinewsplus

http://anonymous-post.net/post-228.html 文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「事情聴取」の画像

もっと見る

「事情聴取」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる