「予防法」とは?

関連ニュース

毎日5杯のコーヒーで肝臓がんの発生率は4分の1に低下します - 12月12日(水)10:28  news

毎日5杯のコーヒーで肝臓がんの発生率は4分の1に低下する 【Dr.中川のみんなで越えるがんの壁】  忘年会シーズンに、気になる訃報がありました。コラムニストなどでおなじみの勝谷誠彦さんの命を奪ったのは、肝不全だそうです。57歳の若さでした。  8月に重症アルコール性肝炎で入院され、その後の治療で回復されたこともあったようですが、先月の再入院後に容体が急変。28日に息を引き取ったといいます。  肝不全の具体的な病態は肝硬変で、肝臓がんになる手前の状態。肝臓がんではありませんが、肝臓が...
»続きを読む
カテゴリー:

ベッキー、デビュー20周年。今だから語れる仕事観、結婚観、そして…。 - 12月10日(月)07:40 

おとなしそうな少女が写った一枚の写真。ベッキーが芸能界デビュー20年の節目に、投稿したものだ。ベッキー本人なのは一目でわかるが、なんだか印象が違う。浮かべた笑みはぎこちないし、ポーズも元気がない。おめでたい記念日に、どうしてこんな写真を選んだのだろうか?本人に直接話を聞きに行くと、仕事観から、恋愛・結婚観まで、彼女の話は果てしなく広がっていった。「どうせ載せるなら、笑えるような写真がいいじゃないですか。デビュー当時の、笑顔が下手で、全っ然うまく笑えてないこの写真が面白いなと思って選びました」投稿した写真について、本人の答えはあっけらかんとしたものだった。20周年を祝福してくれた多くのファンや関係者への"アンサー"として、「笑える写真」を選んだのだという。14歳だった「OHAガール」は34歳になった。この時のあどけない表情は、もうない。ずっとトレードマークだった「黒髪ロング」からも卒業した。ベッキーが髪を切ったのは、約半年間の休業期間の直後だ。復帰後、最初の仕事となった宝島社の広告撮影で、自分自身に課していた「ベッキールール」を壊した。「ずっと"黒髪ロングのベッキー"を維持しなきゃいけないと思っていたのに、いざ髪を切ったら、周囲の人に『こっちの方がいい』って言われた。何だか力が抜けました。『え〜そうなの? だったらもう、一個一個ルールを外していっちゃうよ?』って思いました(笑)」「変...more
カテゴリー:

【Wagyu】農林水産大臣、和牛の受精卵を中国へ持ち出そうとし現地の税関通過できず帰国の男を刑事告発へ 「発覚したのは今回が初」 - 12月04日(火)21:22  newsplus

12月04日 11時46分. https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181204/0022136.html 輸出が認められていない和牛の受精卵が中国に不正に持ち出されそうになった問題で、吉川農林水産大臣は、再発防止に努めるとともに、持ち出そうとした男性を刑事告発する方針を明らかにしました。 和牛の受精卵は家畜伝染病予防法で輸出が認められていませんが、ことし7月、男性が、受精卵が入った容器を中国に持ち出そうとしたことが分かっています。 男性は現地の税関を通過できず、容器を日本に持ち帰って税関で没収されました。 これについ...
»続きを読む
カテゴリー:

【農水省】和牛受精卵持ち出し 告発の方針 - 12月04日(火)12:06  newsplus

12月04日 11時46分 https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181204/0022136.html 輸出が認められていない和牛の受精卵が中国に不正に持ち出されそうになった問題で、吉川農林水産大臣は、再発防止に努めるとともに、持ち出そうとした男性を刑事告発する方針を明らかにしました。 和牛の受精卵は家畜伝染病予防法で輸出が認められていませんが、ことし7月、男性が、受精卵が入った容器を中国に持ち出そうとしたことが分かっています。 男性は現地の税関を通過できず、容器を日本に持ち帰って税関で没収されました。 これについ...
»続きを読む
カテゴリー:

ハゲてきた死にたい - 12月12日(水)00:10  poverty

育毛に詳しい皮膚科医が教える薄毛予防&ツヤ髪のための頭皮ケア 最近、抜け毛が増えてきたと感じることはありませんか?  実は、夏に受けたダメージがじわじわ現れてくる秋は、一年で一番抜け毛が増える季節だという説が。 そしてそのダメージは、大人になるほど回復に時間がかかるもの……。 そこで、ヘアケア製品の開発にも携わる皮膚科医・髙瀬聡子先生に、抜け毛・薄毛の予防法を伺いました。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00014793-mimollet-ent ...
»続きを読む
カテゴリー:

国産和牛を脅かす「受精卵の中国持ち出し」自称大阪府在住の男 刑事告発へ - 12月05日(水)04:36 

 農林水産省は4日、法律で海外への持ち出しや海外からの持ち込みが禁止されている和牛の受精卵を、「自称大阪府在住」の男が今年7月、中国に持ち出そうとしていた事実を明らかにした。吉川貴盛農水相は会見で、この男を家畜伝染病予防法違反の容疑で刑事告発する考え…
カテゴリー:

和牛受精卵、中国へ持ち出し 農水省が刑事告発の方針 - 12月04日(火)18:43 

 農林水産省は4日、和牛の受精卵を中国に持ち出そうとした事案が7月にあったとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで刑事告発の手続きを進める方針を示した。農水省によると、大阪府の男性が、ストロー数百本を液体…
カテゴリー:

:岐阜でミニブタ処分 動物愛護法、抵触の恐れも - 12月04日(火)00:41 

 豚コレラが発生した岐阜県で、県営の「ぎふ清流里山公園」(同県美濃加茂市)が飼育していたミニブタ2頭を、公園を管理する事業者が検査のないまま感染予防目的で殺していたことが3日、分かった。農林水産省は「適切に管理していれば殺す必要はない」としており、家畜伝染病予防法に基づく殺処分には当たらず、動物愛護
カテゴリー:

「予防法」の画像

もっと見る

「予防法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる