「乗組員」とは?

関連ニュース

イージス艦に一族3代の名=横須賀の「ジョン・S・マケイン」-米海軍 - 07月15日(日)14:15 

 【ワシントン時事】米海軍は横須賀基地(神奈川県)を母港とするイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の艦名の由来に、海軍出身のマケイン上院議員(81)を加えた。1994年就役の同艦はマケイン議員の祖父と父にちなんで命名され、これで一族3代の名を冠することになるが、3人とも「ジョン」のため、艦名は変わらない。 マケイン議員の祖父は第2次大戦で空母部隊を率い、父は太平洋軍司令官を務めたいずれも海軍大将。議員は元海軍飛行士で、ベトナム戦争出征時に搭乗機を撃墜され捕虜生活を送った。退役後の82年に政界入りし、共和党の重鎮として2008年の大統領選にも出馬している。 スペンサー海軍長官は12日の式典で「マケイン議員は決して栄誉を求めなかったが、その名を輝かしい祖父と父の隣に刻まないとすれば、それは怠慢になる」と強調した。脳腫瘍で闘病生活を送る議員は声明で「光栄の至りだ。ジョン・S・マケインに乗艦する兵士たちが、大義に尽くした私の家族と同様の達成感を見いだすよう望む」と表明した。 ジョン・S・マケインは昨年8月、シンガポール沖で石油タンカーと衝突し、乗組員10人が死亡する事故を起こしている。 【時事通信社】
カテゴリー:

大阪地震でも頻発! 災害時の「出勤命令」に従う必要があるのか弁護士が解説 - 07月06日(金)16:55 

6月18日午前7時58分、大阪北部を震源とする『震度6弱』の地震が発生。強い揺れは、住民に大きな影響を与えました。時間が通勤ラッシュと重なったこともあり、電車に閉じ込められる、車が動かなくなるなどして、会社にたどり着けなくなる人も多かったようです。 交通機関が混乱している状況下では当然出勤は難しく、途中帰宅や自宅待機は致し方ないこと。ところが大阪地震の際には「上司からなにがなんでも出勤しろと言われた。」「出勤できないとメールしたら『気をつけて出社してね』と返ってきた。」など、出勤を促された人も多かったようです。 地震など、自然災害で出勤が難しい場合自宅待機は当然だと思われますが、それを無視する形で会社に来るよう促す行為は違法にならないのでしょうか? パロス法律事務所の櫻町直樹弁護士に見解をお伺いしました。 ■災害時の出勤命令に従う必要があるのか? 櫻町弁護士:「まず前提として、使用者は、労働契約や就業規則に基づき、労働者に対して指揮命令を行う(業務命令を出す)ことができますから、例えば、地震等の災害発生時において、災害によって損壊した事務所の復旧作業のために出勤を命じられた等の場合にも、基本的にはこれに応じる義務があるといえましょう。 ただし、生命や身体、健康に危険が及ぶ可能性があることが具体的に予見される場合には、業務命令に従う必要はないとされています。 この点について、昭和3...more
カテゴリー:

セメント船の乗組員 死亡 タンクのふたに頭部挟まれる - 07月05日(木)19:01 

セメント船の乗組員 死亡 タンクのふたに頭部挟まれる
カテゴリー:

AI搭載球形顔つきロボット「CIMON」、ISSに搭乗へ - 07月02日(月)10:26 

国際宇宙ステーション(ISS)の新たな乗組員として、AI搭載ロボット「CIMON」がFalcon 9でISSに向かっている。Airbusの本体にIBM Watsonの頭脳を搭載したCIMONは、ISS内を動き回り、飛行士と音声で会話する。
カテゴリー:

西島秀俊、佐々木蔵之介と対峙 映画『空母いぶき』場面写真解禁 - 07月02日(月)06:00 

 俳優の西島秀俊が主演する映画『空母いぶき』(若松節朗監督 2019年公開)の場面写真が2日、解禁された。原作は、かわぐちかいじ氏による累計300万部突破の人気漫画。秋津竜太役の西島、新波歳也役で共演する佐々木蔵之介の姿を写している。 【場面写真 】凛々しい表情の西島秀俊  同作は、架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とその乗組員を中心に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた非常事態下の日本において、それぞれのやり方で平和を守ろうとする人々の熱い闘いを描く。  解禁された場面写真の舞台は、CICと呼ばれる「いぶき」の戦闘指揮所。タッチパネル式の大型ディスプレイが鎮座し、それを取り囲むようにして海上のレーダーを映し出すモニターがずらりと並んでいる。  CIC内では中央のタッチパネル式ディスプレイを囲んで、秋津(西島)と新波(佐々木)が対峙。秋津は航空自衛隊の出身でありながらその能力を買われて「いぶき」の初代艦長に抜てきされたという異色の経歴の持ち主。一方の新波は生え抜きの海上自衛隊所属であるが、ここでは秋津に艦長の座を譲っているという状況。さらにこの2人は防衛大学校時代の同期でもある関係。平和のためには武力の行使も辞さないというスタンスの秋津と、あくまで防衛に徹することを信念とする新波。切迫した空気の中でギリギリの攻防を繰り広げる男たちの骨太な人間ドラマが展開する。  西島は、...more
カテゴリー:

『うちゅう人 田中太郎』作者・ながとしやすなりが語る誕生秘話 脇役だった田中太郎を主人公に変えた編集者の一言とは - 07月11日(水)11:45 

 コロコロ卒業生に贈る大人のコロコロ『コロコロアニキ』の公式生放送に、コロコロアニキで新作が連載開始された『うちゅう人田中太郎』の作者・ながとしやすなりさんがゲストで登場しました。  番組MCのお笑いコンビ・なすなかにしの那須晃行さん、中西茂樹さん、アシスタントのかえひろみさん、コロコロアニキ編集部記者の石井さんに、『うちゅう人田中太郎』の案の段階で、端のほうに描いた宇宙海賊「乗組員A」という脇役キャラクターが、後の主人公である田中太郎になったという誕生秘話を明かしました。 『うちゅう人田中太郎(1)』。(画像はAmazonより) ―関連記事― ・池澤春菜、初主演作『レッツ&ゴー』豪役を20年経って振り返る。男の子役未経験でも抜擢された理由には“烈兄貴”渕崎ゆり子の存在が ・漫画版『ポケットモンスター』作者の穴久保幸作が語る“ギエピー”誕生秘話「5匹しかポケモンの資料がない中で連載がスタートしたんです」 太郎は元々脇役キャラだった! 14年ぶり復活『うちゅう人田中太郎』誕生秘話 左から那須晃行さん、中西茂樹さん、かえひろみさん、ながとしやすなりさん、石井記者。 那須: 先生、きょうはじめてお会いしましたけれど、どの角度から見てもいい人ですよね。 かえ: 耳も福耳でね。 ながとし: ありがとうございます。 那須: ニコ生に出られるとかは何回か経験は? ながと...more
カテゴリー:

絶滅した全長23mの超巨大ザメ復活!『MEG ザ・モンスター』予告編解禁 - 07月06日(金)10:00 

ジェイソン・ステイサムが主演をつとめ、200万年前に実在した超巨大ザメ「MEG(メグ)」が現代に甦る恐怖を描く海洋パニック大作『MEG ザ・モンスター』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。 本作は、地球で最も深い海とされるマリアナ海溝を超える深海が発見され、そこに調査に向かった海洋探査チームが、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ「MEG(正式名称メガロドン)」を発見してしまうところから展開。MEGは全長23m、体重20トン、歯の大きさは25cmという想像を絶する巨体。その大きさは都内を走る路線バス2台分の長さとほぼ同じというから驚きだ。 ステイサムが演じるのは、主人公で深海レスキューダイバーのジョナス・テイラー役。『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブ監督がメガホンをとる。 解禁となった予告編は、「人類はまだ、海のすべてを知らない」というナレーションとともに、海上に建設された超最新鋭の海洋研究施設マナワンのシーンからスタート。その施設は、海底からクジラが優雅に泳ぐ様子を間近で観察できるようになっており、子どもも安心して遊ぶことができる頑丈な造りだ。 リー・ビンビン演じる海洋学者スー・インの娘が、そこで海底を眺めていると、見たことがないような巨大ザメが忍び寄り、彼女を丸呑みしようとしてきた! それこそが巨大ザメ・MEGで、噛む力は約10トン。『ジュラシ...more
カテゴリー:

潜水艦Uボート海底で発見=ドイツから譲渡、国産2隻も-若狭湾 - 07月03日(火)17:24 

 太平洋戦争中にドイツから譲渡された潜水艦Uボートについて調べていた探査チームは3日、若狭湾に沈む艦を水中ロボットなどで発見したと発表した。同時に沈められた国産の潜水艦2隻も近くで確認。いずれもほぼ原型を保っている。 一般社団法人「ラ・プロンジェ深海工学会」(北九州市)によると、見つかったUボート「U-511」は全長約77メートル。1943年にドイツ人乗組員らがアフリカ・喜望峰回りで、90日かけて日本に運んできた。 日本では「呂500」と名付けられ、潜水艦技術の調査後、訓練で使われ、戦後の46年4月末に米軍により沈められた。 同会は6月下旬、京都府舞鶴市・冠島沖の水深88メートルの海底で同艦を発見。近くで潜水艦「伊121」「呂68」も見つけた。 【時事通信社】
カテゴリー:

西島秀俊&佐々木蔵之介が日本の平和を守る!『空母いぶき』場面写真が初解禁 - 07月02日(月)06:00 

累計発行部数300万部を突破した、かわぐちかいじのベストセラーコミックを『沈まぬ太陽』(09)や『柘榴坂の仇討』(14)の若松節朗監督が映画化した『空母いぶき』(2019年公開)。このたび本作から、初解禁となる場面写真が到着した。 【写真を見る】西島と佐々木が激突!?男たちの骨太な人間ドラマが幕を開ける/[c]かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 本作は国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた非常事態下の日本を舞台に、架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とその乗組員らが、それぞれの方法で平和を守ろうとする様を描き出す。「亡国のイージス」や「終戦のローレライ」で知られる作家・福井晴敏が企画として携わり、軍事コミックの名手・かわぐちとタッグを組んだことでも注目を集めている。 このたび解禁された場面写真の舞台となっているのは「CIC」と呼ばれる「いぶき」の戦闘指揮所。タッチパネル式の大型ディスプレイが鎮座し、それを取り囲むようにして海上のレーダーを映し出すモニターがズラリと並ぶ、どことなく近未来的なムードが漂う空間だ。 そこで対峙するのは、西島秀俊演じる「いぶき」初代艦長の秋津竜太と、佐々木蔵之介演じる海上自衛隊所属の新波歳也。平和のために武力の行使も辞さない秋津に対し、あくまでも防衛に徹する新波。防衛大学校時代の同期でもある2人は、それぞれの信念が対立し合う。 こ...more
カテゴリー:

【( ´ ・ω・ ` )モーア?】サメに餌やり、豪女性が水中に引きずり込まれる - 07月02日(月)02:49  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3180721?cx_part=top_latest サメに餌やり、豪女性が水中に引きずり込まれる 2018年7月1日 19:17  発信地:シドニー/オーストラリア [ オーストラリア アジア・オセアニア ] 【7月1日 AFP】オーストラリア北西部のダゴン湾(Dugong Bay)で、サメに餌をあげようとした女性が指をかまれ、ワニも生息する水中に引きずり込まれる事故があった。女性がこの時の「恐ろしい瞬間」を地元紙に語った。  メリッサ・ブランニング(Melissa Brunning)さん(34)は5月下旬、キンバリー(Kimberley)のダ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「乗組員」の画像

もっと見る

「乗組員」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる