「乗組員」とは?

関連ニュース

漁船で2人倒れ安否不明 茨城沖 - 10月22日(月)21:07 

22日午後2時20分ごろ、茨城県の鹿島港(鹿嶋市・神栖市)から東に約54キロの沖合を航行していた富山県入善町船籍の漁船「第35豊進丸」(199トン)から「乗組員2人が機関室...
カテゴリー:

【台風21号】関西空港連絡橋に衝突のタンカー所有会社「日之出海運」、国内事業撤退へ - 10月18日(木)22:20  newsplus

台風21号の強風で関西空港と対岸を結ぶ連絡橋に衝突したタンカー宝運丸(2591トン)を所有する日之出海運(福岡市)が、来年3月に国内の海運事業から撤退する方針を固めたことが18日、同社への取材で分かった。 清水満雄社長は「事故原因は自然災害だが、多くの人に迷惑を掛けたのは事実。何らかの責任を取る必要があると判断した」と話している。 同社は宝運丸など国内用タンカー2隻を所有。宝運丸は事故で破損し、修復に数億円かかる見通しのため、廃船にする。もう1隻のタンカーは近く売却する。海外向けの海運事業は継続する。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

今日の歴史(10月16日) - 10月16日(火)00:00 

1916年:第2代朝鮮総督に長谷川好道が就任 1945年:李承晩(イ・スンマン)氏が米国から帰国 1962年:サウジアラビアと国交樹立 1981年:88オリンピック高速道路(大邱郊外―光州郊外175キロ)が着工 1990年:平壌で第2回南北閣僚級会談 1999年:国連平和維持活動(PKO)に参加する陸軍先発隊が東ティモール到着 2000年:韓国と米国の代表団が適正レベルのミサイル開発で基本合意、射程300キロのミサイル生産が可能に 2008年:ソマリア沖で乗っ取られた韓国船の乗組員21人、全
カテゴリー:

ロシアの宇宙船、打ち上げ失敗も乗組員は生還 次の打ち上げ時期の目処は立っていない - 10月15日(月)17:01 

12月末には現在連結されている宇宙船の「使用期間」が切れる。それまでに新たな宇宙飛行士を送り込む必要があるが… View Entire Post ›
カテゴリー:

今期アニメ「宇宙戦艦ヤマト 2022」 第2話まで見た嫌儲民の率直な意見を聞かせてくれ - 10月14日(日)21:07  poverty

「宇宙戦艦ヤマト 2022」元ヤマト乗組員は軍拡路線を突き進む地球連邦に違和感を覚え…第2話先行カット 本作は、『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編にあたる新シリーズで、映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のテレビシリーズ作品だ。 片道16万8,000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から帰還して3年後の宇宙戦艦ヤマトが、宇宙を席巻するガトランティスの脅威に対して、新たな航海に旅立つストーリーを描く。 第2話では、地球にて最新鋭戦艦アンドロメダの観艦式が盛大に執り行われる。新し...
»続きを読む
カテゴリー:

クアンガイ省:漁船炎上で乗組員14人が死傷 - 10月19日(金)16:52 

 17日22時頃、南中部沿岸地方クアンガイ省のリーソン島近くの海域を航行していた漁船が大きな爆発音と共に炎上する事故が発生した。<br />...
カテゴリー:

【国際】サウジアラビア空軍機が訓練中に墜落 乗組員が全員死亡 - 10月16日(火)15:03  newsplus

サウジアラビアの空軍機が訓練中に墜落し、乗組員全員が死亡したとロイター通信が伝えました。 ロイター通信はサウジアラビアの国防相が現地メディアに語った話として、サウジアラビアの空軍機が15日、訓練中に北東部で墜落して乗組員全員が死亡したと伝えました。 空軍機に何人乗っていたかは不明だということです。墜落の原因は現在、調査中です。 2018/10/16 14:15 テレ朝ニュース https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000138563.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

神奈川)横浜港で遊漁船が火災 6人救助 - 10月15日(月)21:40 

 15日午前11時10分ごろ、横浜市鶴見区の横浜港で、船が燃えていると付近を航行する船舶の乗組員らから118番通報があった。 横浜海上保安部によると、船は千葉県浦安市の釣具店所属の遊漁船「第二十二吉久…
カテゴリー:

遊漁船が炎上、6人全員を救助 横浜港 - 10月15日(月)13:01 

 15日午前11時すぎ、横浜市鶴見区の横浜港で、船が燃えていると付近を航行する船舶の乗組員らから118番通報があった。 横浜海上保安部によると、船は19トン未満の遊漁船とみられる。6人が乗っていたが、…
カテゴリー:

ロシアのロケットの失敗にもかかわらず、NASAはソユーズの打ち上げ予定を変えない - 10月14日(日)19:16 

米国時間10月11日に起こった、通常は信頼性が高いソユーズロケットの打上げ失敗は、様々な意味で宇宙コミュニティに衝撃を与えた(今回は国際宇宙ステーションへ向かう有人ミッションだった)。だがNASAの担当官Jim Bridenstineは、いずれにせよ新しい乗組員を12月にソユーズで打ち上げる予定だと語った。 モスクワの米国大使館でBridenstineは記者たちに向かい「全ての失敗ミッションがこんなに上手く終わるわけではない」と語った。実際故障したロケットは、組み込まれた脱出システムは設計通りに働いたために、幸運にも何の人的被害も出さなかった。 ソユーズが打上げ後地上20マイルで失敗した後、宇宙飛行士たちは安全に着陸した 宇宙飛行士であるNick HagueとAleksey Ovchininは、発射後約90秒で切り離されパラシュートを開いたカプセルと共に、発射場から約250マイル(約402キロ)離れた場所に安全に着陸した。 調査官たちが何が原因かを述べるのは時期尚早だが、Bridenstineはソユーズシステムとロスコスモスの彼のチームを信頼しているようで、新しい有人カプセルが年内にも打上げられることを示唆した。 「私は、ソユーズロケットの再度の打上げを十分に予想していて、現段階ではこの先の予定が変わると考える理由はない」と彼は語る。 そのミッションは12月に行われる予定であ...more
カテゴリー:

もっと見る

「乗組員」の画像

もっと見る

「乗組員」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる