「中華圏」とは?

関連ニュース

【AKB総選挙】 16日波乱!? 本命・珠理奈と速報1位・荻野を脅かす中華砲 - 06月15日(金)17:39  mnewsplus

あす16日、いよいよ10回目となる「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」の開票(ナゴヤドーム)が行われる。 先月30日に発表された速報では、NGT48の荻野由佳(19)が2年連続で暫定首位に立ち、2位はSKE48の松井珠理奈(21)、 3位にHKT48の宮脇咲良(20)が続いた。 昨年の最終票数を考慮すれば、地元開催に燃える珠理奈が有利と思われるが、 ここにきて荻野がそのまま1位を取る可能性も出ているという。 なにやら不穏な空気も漂っており、今回の総選挙は波乱含みの様相だ。 荻野は...
»続きを読む
カテゴリー:

中国政府、最大のタブー「天安門事件」──改革を求めて立ち上がった中国人たちのリアルすぎる今! - 06月12日(火)11:00 

1989年6月4日に中国・北京で発生した「天安門事件」。 政治改革を求めて天安門広場を占拠した数万人の学生を排除するため、人民解放軍が銃を乱射するなどして武力鎮圧を行なったもので、無関係な市民を含めた死者数は約1万人に上るとの説もある。このことは中国政府にとって今なお最大の“タブー”であり、公に語られることはまずない。 中国人の間では時に「八九六四」と暗号のような4ケタの数字で表現されるこの事件について、ルポライターの安田峰俊氏が当事者60人以上にインタビューを敢行した『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』(そのうち本書に登場するのは20人余り)。中国現代史に刻まれた大事件に、新たな光を当てた。 * * * ―なぜ今、29年前の事件を掘り起こそうと思ったんですか? 安田 実は天安門事件の報道って、最近10年でかなり増えているんです。90年から2017年までの28年間、日本の主要各紙の天安門関連記事の数を調べてみました。すると、90年代末頃に報道がいったん下火になったのですが、07年頃から急に扱いが大きくなった。例えば朝日新聞で、天安門の報道が歴史上一番多かった年は14年なんです(笑)。 ―なんで最近になって注目されるようにな...more
カテゴリー:

アジア各国で中国進出が活発化、カギ握る「IP開発」隣国の動き - 06月04日(月)08:10 

 中国のIT企業アリババ、テンセント等の勢力が拡大し、中国のコンテンツマーケットが大きく変化している。同時に中国進出を狙うアジア各国の動きも活発化しているが、そのカギを握るのが「IP開発」だ。小説や漫画原作をアーカイブ化する組織を設立した台湾政府担当者らに話を聞いた。 <日本の動き>人気漫画『ヒカルの碁』が中国で実写ドラマ化、タイトルは『棋魂』 ◆中国の動画配信サービス、利用者は5億7900万人  中国インターネット情報センター(CNNIC)によれば、中国の動画配信サービスを利用するユーザー数は、インターネットユーザー全体の75%を占める5億7900万人。中国の巨大IT企業アリババやテンセント、バイドゥが運営する動画配信サービスが大きくシェアを伸ばし、競争も激化している。それに伴い、差別化を図るオリジナルコンテンツ制作のニーズが高まっているが、そのカギを握るのが「IP =知的財産権」の開発だ。  3月に香港で開催されたエンタテインメントコンテンツ国際マーケット『香港フィルマート』では、中国本土のキーマンを招いたパネルディスカッションが行われ、IP開発に関する話題が集中した。  バイドゥの動画配信サービス「iQiyi」のヴァイスプレジデント・Chen Xiao(チェン・シャオ)氏は、「中国国民は原作(小説や漫画)を元に映像化したドラマを求めています。満足度の高いオンラインド...more
カテゴリー:

ついにAV女優とデートができて、最後までイケちゃう…バーチャル空間が実現! - 06月13日(水)19:00 

ついにAV女優と好きに話したりデートしたり、なんなら合体まで可能かもしれないバーチャル空間が実現する時代がやってきた~! 6月5日の『ANGELIUM(エンジェリウム)発表セレモニー』で、AV業界が仮想世界に乗り出すビッグサービスをドーンと打ち出したのだ。 しかも、イベントにはAV女優たち11名が登壇。アジアでも“東洋の女神”として名高いJカップ美巨乳のJULIAやSODスターの桐谷まつり、最近AV復活したましろ杏ほか、五十嵐星蘭、架乃(かの)ゆら、黒木いくみ、神(じん)ユキ、七沢みあ、真木今日子、麻里梨夏、優月まりな、とそうそうたる面子だ。 その『エンジェリウム』とやら、一体どんなサービスかといえば、最新のバーチャルリアリティ技術を使った3D仮想空間で、3Dアバター化したAV女優と交流できるというもの。3Dアバターは170コものカメラを用いて、彼女たちの表情から動きまでがすべて撮影&再現されるだけでなく、AI技術までも搭載と凝りに凝っている。 そして“交流”も刺激的。総合プロデューサーでセレモニーの司会を務めた世界的に活躍中のエンターテイメントプロデューサー、Rio Takeshi Kubo氏が壇上でこう説明した。 「ユーザーは好みのANGEL(3DアバターとなったAV女優)に...more
カテゴリー:

中華娯楽週報 第18回:武侠小説特集後編――現代中国文学を代表する金庸、古龍、梁羽生の絢爛たる御三家(下) - 06月04日(月)16:50 

ハードボイルドで格好良い古龍と、風雅で古典的な梁羽生 中国・香港・台湾を含む中華圏のゲームや映画、アニメなどの情報を発信し、社会事情を分析するコラム「中華娯楽週報」。今回は武侠特集の完結編として、先週の金庸編に続いて現代武侠小説の御三家の残りの二人、古龍と梁羽生を紹介する。
カテゴリー:

「中華圏」の画像

もっと見る

「中華圏」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる