「中川晃教」とは?

関連ニュース

「大阪の皆さん、ほんと、お待たせしました!」/ 舞台『ジャージー・ボーイズ』中川晃教取材会レポート - 07月17日(火)21:36 

 1960年代、「君の瞳に恋してる」「シェリー」ほか数々のヒット曲を生み出し、世界を熱狂させた伝説のヴォーカルグループ、ザ・フォー・シーズンズ。“天使の歌声”を持つフランキー・ヴァリをはじめ、メンバー4人の栄光と波乱に満ちた成功と挫折の物語がミュージカル化され2005年にブロードウェイで上演された。トニー賞最優秀ミュージカル賞を受賞し、14年にはクリント・イーストウッド監督で映画版も公開。そして16年、東京で日本人キャスト版が初演。大ヒットし、第24回読売演劇大賞最優秀作品賞ほか、数々の演劇賞を受賞した。この作品が再演、ついに大阪・新歌舞伎座に登場する。7月7日(土)、前売りが開始された。 【写真を見る】フランキー・ヴァリを演じる中川晃教。まさに“天使の声”! ニュージャージー州の貧しい片田舎。フランキー(中川晃教)は、成功を夢見る兄貴分のトミー・デヴィート(中河内雅貴/伊礼彼方)、ニック・マッシ(福井晶一/Spi)のバンドに入る。その後、作曲の才能あふれるボブ・ゴーディオ(海宝直人/矢崎 広)が加入し、過酷な下積み生活を経て、ついにボブの楽曲と4人のハーモニーが認められ…。 フランキー役には中川晃教。ほかのメンバー3名は各Wキャストで演じる。チームWHITEとチームBLUEと銘打つ2チームが、新歌舞伎座では3公演ずつ交互に上演。チームを率いる中川が来阪、再演への意気込みを語った。...more
カテゴリー:

橋本さとし×濱田めぐみ対談! 「ドロドロジュクジュク感…濃さでは負けない!」【メタマク連載】 - 07月10日(火)18:00 

7月23日(月)からIHIステージアラウンド東京で、新感線☆RS『メタルマクベス』disc1が上演される。 【写真を見る】橋本さとしが日本一の“濱田めぐみの夫役”を目指す!?/撮影:大川晋児 本作は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品で、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演。 12年の時を経て、今回の公演のために宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、主宰のいのうえひでのりが演出にアレンジを加えてdisc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演することとなった。 今回、disc1にランダムスター、ランダムスター夫人として出演する、古巣・劇団☆新感線に21年ぶりに戻ってきた橋本さとしと劇団四季出身で今回初参戦となる濱田めぐみを直撃。 稽古場の雰囲気やお互いの印象などを聞いた。 ■ 「劇団☆新感線では容赦なく笑ってくれるからありがたい」 ――最初の顔合わせ、本読みの印象はいかがでしたか? 橋本:先のことを考えず、目先のことをコツコツとやっていくしかないなと感じました。1回読み通しをしたら、この先すごい大変なんだろうなという山場がすごい見えてきて、遠い山を見るより今は目の前の山を地道に乗り越えていこうと。もう、先の山々を見ていると「遠いな~」って気が遠くなってしまうので(笑)。 読み合わせが全てではないで...more
カテゴリー:

「中川晃教」の画像

もっと見る

「中川晃教」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる