「中尾暢樹」とは?

関連ニュース

橋本環奈、発言がゆるめの男性陣を華麗に取り仕切る 「ちょっと1回黙ってて」 - 01月24日(金)20:42 

映画『シグナル100』(1月24日公開)の公開初日舞台挨拶が24日に行われ、橋本環奈、小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、恒松祐里、竹葉リサ監督が登壇した。
カテゴリー:

小関裕太が語る「橋本環奈の印象」に中尾暢樹と福山翔大が同感したワケ - 写真・大内香織(小関裕太、中尾暢樹、福山翔大) | ananweb - マガジンハウス - 01月23日(木)19:10 

今年も話題作の公開が続々と控えるなか、チェックが欠かせないのは今後さらなる活躍が期待される若手俳優たち。そこで今回は、ネクストブレイク間違いなしといわれるキャストが一挙に集結した衝撃作『シグナル100』から、次世代を担う存在として大注目の方々にお話をうかがってきました。写真・大内香織(小関裕太、中尾暢樹、福山翔大)福山翔大さん、小関裕太さん、中尾暢樹さん!【映画、ときどき私】 vol. 287ある日突然、担任教師に“自殺催眠”をかけられてしまう36人の高校生が繰り広げる究極のデスゲームを描いた本作。そのなかで、橋本環奈さん演じる主人公の樫村怜奈とともに、恐怖に立ち向かうサッカー部のクラスメイトを小関裕太さん(写真・中央)、中尾暢樹さん(写真・右)、福山翔大さん(写真・左)の3名が熱演しています。そこで、撮影秘話から学生時代のほろ苦い思い出などについて語っていただきました。―まずは、出演が決まったときのお気持ちから教えてください。中尾さん 撮影が始まる前から、監督の熱意をすごく感じていましたし、クラス全員が主役のように描かれている新しい試みの作品でもあると思ったので、楽しみでした。小関さん 以前からこういったジャンルの作品が大好きだったので、ようやく携わることができるんだと思って、めちゃくちゃ気合が入りましたし、ワクワクしていましたね。福山さん 僕は『バトル・ロワイアル』を超えたいと...more
カテゴリー:

秋元才加、スピードクライミング選手役で『シロクロ』第3話にゲスト出演! - 01月23日(木)14:04 

三浦貴大、秋元才加、竹内愛紗が、1月26日に放送される清野菜名&横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第3話にゲスト出演する。本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士の川田レンを、横浜は、大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。レンと直輝には裏の顔があり、レンはトップアスリート顔負けの身体能力とエキセントリックな風貌を持つ謎の存在・ミスパンダとなり、“クロ”と認定したターゲットを喜々として公開処刑する。また、直輝は、“飼育員さん”となり、ミスパンダを操作。隠れた真相を暴くと同時に、父の死の真実を突き止め、犯人に復讐を遂げるという野望を抱いている。第2話では2人が通う大学を舞台に、ミスパンダと飼育員さんのタッグが不正入試問題に切り込んでいった。今回の放送では主役2人の見事なアクションシーンが登場。さらには、レンの双子の姉であるリコの存在も明らかに。「リコが死んでくれてよかった」と母親の麻衣子(山口紗弥加)がつぶやくなど、レンの過去には暗い問題がある事が示唆された。そして第3話で、ミスパンダと飼育員さんがグレーな問題にシロク...more
カテゴリー:

清野菜名・横浜流星主演 “シロクロ” 次回は不正入試問題がテーマ ゲストには中尾暢樹 - 01月18日(土)15:26 

次回1月19日(日)よる10時30分放送のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系)は、清野菜名と横浜流星ダブル主演。清野は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜は、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる【飼育員さん】でもある森島直輝を演じる。今回の第2話では、レンと直輝は「東京誠立大学」のキャンパスで学長・岸本がナイフで刺される事件に遭遇。岸本は、意識不明の重体に。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生。犯行の動機は、岸本の息子・俊一(中尾暢樹)をめぐる東京誠立大学の不正入試問題だった。俊一の入試の成績表がネットに流出し、世間では俊一が父親の権力によって不正に入学したのではないかという疑惑が高まっていた。副学長の池渕は不正入試を認め、徹底的に調査すると宣言。東京誠立大学では、不正入試問題に関する第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが現れ…。 ◆公式HP https://www.ytv.co.jp/shirokuro/◆公式Twitter @shirokuro_drama◆Instagram  @shirokuro_drama 関連リンク ドラマ「DA...more
カテゴリー:

ゆきぽよ、ハプニングバー初体験で「隣のおじさんが急に…」 - 01月17日(金)11:09 

『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が1月16日に放送。「ヤバすぎる芸能人のココだけの話大暴露SP」と題して、セクシー女優やタレントの暴露話が多く取り上げられた。昨年海に遊びに行ったことを振り返ったのは、セクシー女優の波多野結衣。当時、酩酊状態になったそうで、その状態を友人が動画で撮影していたという。「私が泣きながら友だちに相談していた動画だった」と深刻な内容だったものの、なぜか周囲が笑っていた。不審に思いよく見ると、水着が半分くらい上がっており、片胸がポロリと出ていたとのこと。ゲストのフルーツポンチ・村上健志は「ビーチで“ビーチク”ですね」とコメントして笑いを誘った。続いては、ゆきぽよ。20歳の誕生日に「お祝いをしてあげるからご飯に行こう」と誘われたエピソードを披露した。どこに連れて行ってくれるのか尋ねると、相手から返ってきたのが「ハプニングバー」だったという。彼女の中でのハプニングバーのイメージが、店員の持ってくる料理が爆発したり、味噌汁に親指を入れていたりする“ハプニング”だったのだが、実際に行ってみるとまったく違うもの……。女性はドリンク無料で飲んでいると「隣のおじさんが急に『お兄さん! コンドーム!』って」と、その場で装着し始めたのだとか。その男性はどうしたのか質問が投げかけられると「隣にいた女の子に……」と回顧。「怖いと...more
カテゴリー:

山本勘助役に中尾暢樹さん 甲府の信玄公祭り - 01月24日(金)14:32 

 4月3~5日に甲府市で開かれる第49回信玄公祭りで、武田信玄の側近、山本勘助役に俳優の中尾暢樹(まさき)さん(23)が決まった。実行委員会が24日発表した。
カテゴリー:

横浜流星にゴチメンバーがドン引き!?見たことのない姿に「やべえやつだよ」 - 01月23日(木)16:27 

1月23日の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系、毎週木曜19:56~)は、先週に続き松たか子と横浜流星をゲストに迎え、新メンバーのNEWS増田貴久と女優・本田翼とともに人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」の新シーズン開幕の後半戦が放送される。舞台はザ・ペニンシュラ東京にある世界のVIP御用達の中国料理店・起鳳臺(ヘイフンテラス)。設定金額は1人3万円。注目の集まる本田の1品目は、異なる3種の蟹を使った高級料理。料理をおいしそうにほおばる無邪気な本田に、隣に座る岡村隆史(ナインティナイン)とノブ(千鳥)はデレデレ。小籠包の食べ方を手取り足取り教えようとするなど、ずっと浮ついているノブには、これまでツッコまれる側だった田中圭から「ノブー!」と何度もツッコミが入るほど。また、本田はあるやめられないクセを告白。そして、何故か田中をマル秘鑑定することに?一方で横浜が秘密のストレス解消法を告白。その解消法になぜかメンバーはシーンと静まりかえり、かつて無い異様な雰囲気に。見たことない横浜の姿に「やべえやつだよ」と一同ドン引きしてしまう。「新春おもしろ荘」に登場した注目の若手芸人たちによるネタ披露のコーナーも。ことしブレイクするかもしれない芸人に松がまさかのドハマり。増田は、ヨイショ芸人Kのネタを“ジャニーズ事務所の先輩バージョン”で即興披露。「勇気を称えるわ」と岡村も驚愕した...more
カテゴリー:

アクション共演に「息を呑むほど圧倒された」清野菜名&横浜流星W主演『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 - 01月20日(月)22:37 

清野菜名・横浜流星W主演の連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第2話が1月19日に放送された。驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る飼育員さんの最凶バディが追うのは、金のにおいを嗅ぎつけた悪党が暗躍する大学の不正入試問題。また今回はミスパンダと飼育員さんが相まみえる迫力のアクションシーンもあり、Twitterでは「2人のアクション、ダンスみたいー!」「ミスパンダとのアクションからのお姫様抱っこ!」「すげーアクションみた!」といった、反響も大きかった。権力の甘い汁を吸い悪事を働く輩を懲らしめる、巷で噂のミスパンダ。その正体は、極端なネガティブ志向の囲碁棋士・川田レン(清野菜名)だが、彼女にその自覚はない。レンは医大生・森島直輝(横浜流星)により、催眠状態で別人格を刷り込まれていた。この日、レンは直輝が通う東京誠立大学のキャンパスを訪れていた。直輝が気づいた瞬間、校内で学長がナイフを持った男に襲われる。男は学長を刺した後、すぐ近くにいたレンにも襲い掛かるが、そこに直輝が現れ……。この事件を受けて、大学は記者会見を開くことに。副学長・池渕淳二(モロ師岡)の発表によると、学長は意識不明の重体で、犯人は浪人生だった。「刺された原因は、あの告発が関係しているのでしょうか?」池渕にこう質問したのは、テレビ...more
カテゴリー:

【テレビ】“客寄せパンダ”山口真帆が登場の『シロクロ』、演技は及第点も肝心の視聴率は危険水域に - 01月18日(土)03:20  mnewsplus

 “客寄せパンダ”の役割はひとまず果たせたようだ。  清野菜名と横浜流星がダブル主演を務めるドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)が1月12日にスタートし、平均視聴率が9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。  同ドラマは清野演じる囲碁棋士の川田レンと彼女のもうひとつの顔である謎の存在・ミスパンダ、そして横浜演じる大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”こと森島直輝の最凶バ...
»続きを読む
カテゴリー:

マツコ、池袋サンシャインシティでぬいぐるみを爆買い「どんどん変質者になっていく…」 - 01月17日(金)11:06 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~ ※一部地域を除く)。1月16日の放送では、池袋サンシャインシティを訪れたマツコの“ある行動”に対し、インターネット上では「本当に乙女だな~」といった声が寄せられていた。今回の目的は、池袋サンシャイン60の展望台から、富士山の頂上に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」を見ること。以前、マツコが訪れたのは、1978年のサンシャインシティ60の開業当初だと言い、順番待ちをしていた何人か前がおそらくプライベートで来ていたポール牧だったと思い出を語る。60階の展望台に到着すると、ダイヤモンド富士そっちのけで、銀座方面や房総半島、三浦半島、秩父・山梨方面の景色に魅了されるマツコ。中でも、筑波山を大絶賛し、日が暮れてから夜景が見たいと、時間潰しに池袋サンシャインシティ内の隣のビルに移動する。以前、同番組でリラックマのぬいぐるみをお台場で大量買いしたことのあるマツコは、この日もリラックマストアが併設された「キデイランド」に立ち寄り大興奮。「どんどん変質者になっていく」と、最初こそ買い物をセーブしていたはずが、リラックマやミッフィー、セサミストリート、スヌーピーのぬいぐるみやグッズをまたしても大量購入し、「ごめんね本当、気持ち悪いでしょ」と店員に謝りながら会...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中尾暢樹」の画像

もっと見る

「中尾暢樹」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる