「中国経済」とは?

関連ニュース

李克強首相、中国経済のさらなる開放に意欲 保護主義を批判 - 11月12日(月)15:49 

中国の李克強首相は、保護主義が高まる中での中国経済の一層の開放に強い意欲を示した。東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の関連会合出席を前に、シンガポールのストレーツ・タイムズ紙に語った。
カテゴリー:

個人消費は堅調? 中国「独身の日」セール、開始2分で1630億円 - 11月11日(日)16:14 

 中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社が毎年恒例の値引きセールを展開した。最大手アリババグループのサイトでは取引額が午前0時の開始から約2分間で100億元(約1630億円)を突破。過去最高だった昨年の1682億元を上回る勢い。米国との貿易摩擦などによって中国経済の先行き不透明感が増しているが、中国政府が個人向け減税で消費を刺激していることもあり、購買意欲は底堅いといえそうだ。
カテゴリー:

【解説】250億ドル規模の中国の「独身の日」とは - 11月11日(日)06:32 

11月11日は、中国のテックコミュニティにとってはめでたい日だ。というのも、世界最大のオンライン買い物デー「独身の日」だからだ。この日はダブルイレブンとして知られ、中国のeコマース大企業アリババが創設してから10周年となる今年は特に力が入っている。 独身の日は今ではかなりのビジネスとなっている。11.11は中国外のアジアやその他のエリアにも及び、昨年アリババは250億ドル超を売り上げた。アリババはこれまで前年比で順調に売り上げを拡大していて、中国経済や現在進行形の米国との貿易戦争に関する懸念があるものの、今回350億ドルを超えてもなんらおかしくない。 独身の日現象を分析したので、今年どんなことになるのか、予想の参考にしてほしい。 そもそも、独身の日って何? このイベントは、米国におけるブラックフライデーやサイバーマンデーと似たようなものだ。しかしその2つを足したものより2.5倍大きい。アリババはTaobaoマーケットプレイス、Tmall、国際サービスAliExpressなどオンライン販売プラットフォーム上のあらゆるプロダクトを割引して販売する。最近ではグローバルビジネスになっていて、東南アジアにおけるLazada、アリババとAntファイナンシャルが出資するインドのPaytmも含まれる。 このセールは、スマホ、テレビ、その他高価なコンシューマーアイテムはもちろん、ファッション、衣服、...more
カテゴリー:

【ナマコ】密漁の罰金を200万円から3000万円に引き上げへ 罰金が安すぎて支払っても利益が出るため - 11月10日(土)15:57  poverty

水産庁は、密漁品の高値取引が横行しているナマコなどについて、漁業法の罰金を現行の200万円から3000万円へ大幅に引き上げる。  罰金を支払っても利益を得られる「取り得(とりどく)」を防ぎ、暴力団の資金源を断つのが狙いだ。  ナマコは北海道や青森県などが産地で、2017年の輸出額は約210億円と水産物ではホタテ、サバに次いで3番目に大きい。中国経済の発展に伴い、主に香港へ高級食材として輸出される。  臨時国会での成立を目指す漁業法改正案に罰金引き上げを盛り込む。これまでは違反しても立件するには、販売目的...
»続きを読む
カテゴリー:

米株主要3指数が下落、原油安や中国経済の鈍化懸念で - 11月10日(土)07:48 

米国株式市場は主要3指数が下落して取引を終えた。原油価格が下げを強めたほか、新たな指標で中国経済の鈍化が示されたことが背景。
カテゴリー:

今週の日本株は一進一退、中国経済指標や米金利にらみ - 11月12日(月)07:27 

今週の東京株式市場で、日経平均は一進一退となりそうだ。企業の決算発表が一巡し、材料は不足気味。米中貿易摩擦による実体経済への影響や米国の金利・株式動向をにらみながら方向感を探る展開が予想されている。
カテゴリー:

中国独身の日 開始2分で1630億円の売上 過去最高 - 11月11日(日)15:51  news

【上海共同】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社が毎年恒例の 値引きセールを展開した。最大手アリババグループのサイトでは取引額が午前0時の開始から 約2分間で100億元(約1630億円)を突破。過去最高だった昨年の1682億元を上回る勢い。  米国との貿易摩擦などによって中国経済の先行き不透明感が増しているが、中国政府が 個人向け減税で消費を刺激していることもあり、購買意欲は底堅いと言えそうだ。  アリババのサイトには、中国内外の約18万の企業・ブランドが参加。海外か...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁がナマコの罰金を現行の200万円から3000万円に引き上げ ※罰金を支払っても利益が出てしまうため - 11月10日(土)17:54  newsplus

水産庁は、密漁品の高値取引が横行しているナマコなどについて、漁業法の罰金を現行の200万円から3000万円へ大幅に引き上げる。  罰金を支払っても利益を得られる「取り得(とりどく)」を防ぎ、暴力団の資金源を断つのが狙いだ。  ナマコは北海道や青森県などが産地で、2017年の輸出額は約210億円と水産物ではホタテ、サバに次いで3番目に大きい。中国経済の発展に伴い、主に香港へ高級食材として輸出される。  臨時国会での成立を目指す漁業法改正案に罰金引き上げを盛り込む。これまでは違反しても立件するには、販売目的で...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、フランスを超える「世界一の観光大国」に成長へ 2030年までに - 11月10日(土)13:11  news

2018年11月8日、中国メディアの環球網は、中国が2030年までにフランスを抜いて世界一の観光大国になるとする見通しが発表されたと報じた。 米大衆紙USAトゥデイの6日付の報道を引用して伝えたもので、国際的な市場調査会社、ユーロモニターインターナショナルの専門家はこのほど、 「アジアの中間層の旅行消費がますます高まるとみられることから、中国は2030年までにフランスを抜いて世界一の観光目的地になる」 との見通しを発表した。 ユーロモニターは、2018年の世界の旅行者数は前年比5%増の14億人に達するとみている。さ...
»続きを読む
カテゴリー:

来週の日本株は一進一退、中国経済指標や米金利にらみ - 11月09日(金)18:23 

来週の東京株式市場で、日経平均は一進一退となりそうだ。企業の決算発表が一巡し、材料は不足気味。米中貿易摩擦による実体経済への影響や米国の金利・株式動向をにらみながら方向感を探る展開が予想されている。日経平均の予想レンジは2万2000円─2万2700円。
カテゴリー:

もっと見る

「中国経済」の画像

もっと見る

「中国経済」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる