「中国経済」とは?

関連ニュース

中国GDP減速、世界経済減速も “対岸の火事”ではない日本経済  - 07月17日(火)07:30 

 中国の4~6月期国内総生産(GDP)は、底堅い民需に支えられ6%台の成長率を維持したが、米国との貿易摩擦が景気腰折れリスクとして重くのしかかっている。日本からの中国向け輸出額は年15兆円に上り、進出企業の拠点数も3万以上。日本経済にとって、中国経済の先行き悪化は“対岸の火事”ではない。
カテゴリー:

ドイツに大声で激怒するトランプが「最大最強の味方」を失う日 - 07月17日(火)04:30 

7月11日、NATO加盟国の首脳会議で米トランプ大統領はドイツを名指しで非難しました。これは、アメリカがNATO全加盟国の国防支出の7割近くを占めるのに対して、ドイツなど他の加盟国の負担が少なすぎることに腹を立てたのです。こうしたドイツと米国の関係悪化について、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、非難の理由はわかるとしながらも「対中露のために、米欧は協調路線を目指すべきだ」と論じています。 米欧関係を破壊するトランプ ブリュッセルで7月11日、NATO首脳会議がはじまりました。ベルギーを訪れたトランプさん。早速、NATO加盟国、特にドイツを大声で非難しました。 トランプ大統領はイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)NATO事務総長との朝食会の冒頭、儀礼的なものにするという慣行を破り、ドイツをはじめとする加盟国が費用を負担していないと激しく非難。(AFP=時事 7月11日) なぜ、トランプさんは、NATO加盟国、特にドイツに腹を立てているのでしょうか? 問題は二つです。 一つ目、トランプは、他のNATO加盟国の負担が少なすぎると主張している。毎日新聞7月11日。 NATOは2014年、対ロシア関係の緊張高まりを受け、24年までにすべての加盟国が国防費をGDP比で2%以上に引き上げる目標を設定した。しかし1...more
カテゴリー:

米国株見通し:中国経済は底堅いとの見方も - 07月16日(月)18:17 

S&P500先物  2806.25(+ 3.00) (17:45現在) ナスダック100先物  7407.00(+14.00) (17:45現在)  17時45分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小高く推移。
カテゴリー:

中国人、パラオの親日ぶりに「日本によるパラオ人への洗脳はまだ解けていないようだ」 - 07月12日(木)00:02  news

パラオの親日ぶりに「複雑な気持ち」、「まだ洗脳が解けてないのか」=中国  太平洋に浮かぶパラオ共和国は親日国としても広く知られており、歴史的要因もあって現地では日本語を理解できる人が少なからず存在する。 また、パラオは中国ではなく、台湾と外交関係を持つ国であるため、中国人にとっては複雑な感情を抱かざるを得ない国のようだ。  中国メディアの快資訊はこのほど、パラオの国旗は日本国旗にそっくりであるうえ、日本語が公用語として使用されていると伝えつつ、 「日本によるパラオ人への洗脳はまだ解けていな...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の半導体市場、投資拡大による過剰生産を懸念=経産省通商白書 - 07月10日(火)09:51 

[東京 10日 ロイター] - 経済産業省は2018年の「通商白書」を公表した。中国経済の急速な変化を取り上げ、国家を挙げて推進している半導体産業において、鉄鋼産業と同様の過剰生産能力問題が生じる可能性があると指摘した。中国は世界の半導体売上高の3割を占める巨大市場であり、中でも集積回路産業への過剰な政策資金の投入に懸念を示している。
カテゴリー:

アメリカが、中国経済を潰すまで「貿易戦争」を止めない理由 - 07月17日(火)04:45 

現在、アメリカ経済は絶好調で日米ともに株高となっていますが、この景気はいつまで続くのでしょうか。そして、米国が中国から輸入する多くの品目に関税をかけて「米中貿易戦争」が始まっていますが、この戦いは日本にどのような影響を及ぼすのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは自身のメルマガで、日々変わる世界経済の動きと、日本人のとるべき行動について、その根拠を並べながら解説しています。 円独歩安で円変調か? 円独歩安(えんどっぽやす)で、日米ともに株高になり、バブルが大きく成長している。米国消費者物価は2%になり、米経済は過熱で今以上の物価上昇も視野。FRB(連邦準備理事会)は年内に4回の利上げを行うという。今後を検討しよう。 0. 米経済過熱 米国経済が順調である。米国消費者物価が2%以上も上昇して、FRBは年4回の利上げを行うとしている。この金利上昇でドルの還流が起きてドル高になり、企業決算も利益幅が上昇し、実質的な失業率も下がり、経済は絶好調である。還流したドルで10年国債を買っているために、10年米国債の金利も低下してきた。 このため、10年国債と2年国債の金利差が縮小し、イールドカーブの平坦化が起きている。しかし、この現状は心配ないという意見が出てきた。 ホワイトハウスの経済顧問だったジャレッド・バーンスタインなどが、景気後退の前触れとされるイールドカーブ...more
カテゴリー:

中国:成長減速に「トランプの影」 先行きに暗い影が漂う - 07月16日(月)22:24 

 【北京・赤間清広】中国経済は今年4~6月期に3四半期ぶりに減速に転じた。習近平指導部が過度なインフラ投資の抑制にかじを切ったためで、減速自体は「想定内」と言える。中国政府は従来の重厚長大型産業に代えて、ハイテク産業を新たな成長の柱に据える青写真を描くが、中国の台頭を警戒するトランプ米政権との対立が
カテゴリー:

アングル:輝き失った人民元売り持ち、ヘッジファンドの動きは - 07月13日(金)15:21 

[ロンドン 12日 ロイター] - 中国人民元が6月に過去最大の下げを記録したことで、人民元を売り持ちにしていたマクロヘッジファンドの一角は大きな利益を上げた。しかしこうしたファンドは中国経済のハードランディングを見込んではおらず、人民元を売り持ちするコストも以前より上昇している。
カテゴリー:

【中国経済】中国ファンド業界、規制強化と株安でダブルパンチ[07/11] - 07月11日(水)13:15  bizplus

中国のファンド業界が、政府によるレバレッジ抑制政策に加え、米中貿易摩擦を嫌気した株式市場の下落に見舞われ、 苦境を迎えている。 市場の混乱に襲われた2015年など過去の局面では、金融緩和政策と規制緩和によってなんとか持ち直すことができた。 しかし今は、中国人民銀行(中央銀行)が金融システムから過剰流動性を吸収しようとしているため、痛みは長引きそうだ。 また、米中が6日に関税を掛け合って貿易摩擦が白熱しているため、中国株はさらに下落する恐れがあり、 一部のファンドにとっては最後の一撃となるかも...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】中国「犬肉祭り」に世界が激怒・・・ - 07月10日(火)00:10  news

<南部の玉林で毎年開催される犬肉食イベントは、最底辺層の住民の生活を支えているが、その不衛生さと残酷さは目に余る> 毎年、夏至を迎える時期になると、中国は「犬戦争」に揺れる。人類史上前例がないこの戦争は南部の広西チワン族自治区の玉林市で開催される恒例の「犬肉祭り」をめぐる攻防だ。 毎年6月21日から行われるこの祭りは「伝統行事」と銘打たれているものの、始まったのは2010年と歴史は浅い。 それまで一般の中国人は国内の犬肉産業の存在に目をつぶっていたが、玉林の犬祭りが始まると無関心ではいられなくなっ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「中国経済」の画像

もっと見る

「中国経済」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる