「両政府」とは?

関連ニュース

譌・繝ュ縲?シ偵?繝ゥ繧ケ?偵r31譌・縺ォ繝「繧ケ繧ッ繝ッ縺ァ髢句ぎ?昴Ο繧キ繧「騾壻ソ。 - 07月19日(木)12:29 

[モスクワ 18日 ロイター] - ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、日ロ両政府の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を31日にモスクワで開催すると発表した。ロシア通信(RIA)が18日に伝えた。
カテゴリー:

タイのTPP11参加で支援確認 ハイレベル合同委 菅義偉官房長官「自由で開かれたインド太平洋戦略と関係」 - 07月18日(水)22:25 

 日本、タイ両政府は18日、菅義偉官房長官やソムキット・タイ副首相らが出席する第4回ハイレベル合同委員会を首相官邸で開いた。タイ側が米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)参加への意欲をあらためて表明し、日本側も参加に向けた支援を確認した。
カテゴリー:

【驚愕】マツダの「ディーゼル車」→ 思いがけない方法で勝利へ - 07月17日(火)10:51  poverty

ディーゼル車、VW不正で退潮鮮明 逆張りで存在感アップ狙うマツダ 国内大手自動車メーカーがディーゼル乗用車の縮小へと舵を切る中、マツダはディーゼル車の退潮を逆手にとる戦略に打って出る構えだ。 競争相手が減るディーゼル市場で得意技術の存在感を高めたいとの思惑がある。 「自動車業界は変革期。マツダの独自性を強みに取り組んでいく」。6月、マツダが広島県府中町の本社で開いた株主総会。その後の取締役会で副社長執行役員から昇格した丸本明新社長は、強みのエンジン技術の開発の手を緩めない姿勢を強調した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

日仏:米の「歯止め役」で急速接近 - 07月14日(土)20:23 

 日仏両政府は、河野太郎外相の訪仏に続く高レベルの相互往来として、マクロン仏大統領の今秋の初来日を調整している。安倍晋三首相とマクロン氏は、保護主義に傾くトランプ米大統領への「歯止め役」として気脈を通じる。海洋進出を図る中国をにらんで、海洋秩序を守る立場でも一致しており、両国は急速に接近している。
カテゴリー:

河野外相 自衛隊と仏軍“相互提供”に署名 7/14 15:01更新 - 07月14日(土)15:01 

日本とフランス両政府は自衛隊とフランス軍の間で物資などを提供しあう協定に署名した。
カテゴリー:

日ロ、2プラス2を31日にモスクワで開催=ロシア通信 - 07月19日(木)07:19 

[モスクワ 18日 ロイター] - ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、日ロ両政府の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を31日にモスクワで開催すると発表した。ロシア通信(RIA)が18日に伝えた。
カテゴリー:

タイ:TPP参加意欲 経済合同委、日本は支援表明 - 07月18日(水)21:42 

 日本、タイ両政府は18日、経済関係閣僚らによる第4回ハイレベル合同委員会を首相官邸で開き、多角的な自由貿易体制の推進やインフラ整備などで協力することで合意、共同声明を発表した。タイは環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加に改めて意欲を示し、日本は支援を表明した。
カテゴリー:

「特別なエンジンとして存在価値上がる」 マツダ、ディーゼル車が世界中で退潮する流れに逆光 - 07月16日(月)08:52  news

国内大手自動車メーカーがディーゼル乗用車の縮小へと舵を切る中、マツダはディーゼル車の退潮を逆手にとる戦略に打って出る構えだ。 競争相手が減るディーゼル市場で得意技術の存在感を高めたいとの思惑がある。 「自動車業界は変革期。マツダの独自性を強みに取り組んでいく」。6月、マツダが広島県府中町の本社で開いた株主総会。その後の取締役会で副社長執行役員から昇格した丸本明新社長は、強みのエンジン技術の開発の手を緩めない姿勢を強調した。 今春以降、SUV「CX-5」や旗艦モデル「アテンザ」などの改良車を...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、国防長官と距離=米政権内にまた不協和音-対ロ・同盟国関係で隔たり - 07月14日(土)15:17 

 【ワシントン時事】米ホワイトハウスと国防総省の間で不協和音が響き始めた。日韓や欧州などの同盟国との緊密な連携を訴えるマティス国防長官に対し、トランプ大統領は同盟国に冷淡で、時には罵倒することもいとわない。トランプ氏がマティス長官と距離を置きつつあるという報道もちらほら。新たな政権幹部の離脱を危惧する声が出ている。 ◇「米韓演習」で亀裂決定的 「プーチン(ロシア大統領)は北大西洋条約機構(NATO)を粉砕しようとしている」。マティス氏は6月、海軍大学での講演で、こう警戒感をあらわにした。そのわずか2日前、トランプ氏は記者団に「(ロシアと)仲良くする方が、そうでないよりずっといい」と述べ、ロシアの「先進8カ国(G8)復帰」を擁護したばかりだった。 トランプ、マティス両氏の意見の相違は以前から顕在化していた。トランプ氏は昨年7月、心と体の性が異なるトランスジェンダーの米軍入隊を認めないとツイッターで突然宣言。国防総省は事前に何も知らされておらず、対応に追われた。 このほかにもトランプ氏は、イラン核合意離脱やシリアからの米軍撤収、宇宙軍の創設など、いずれもマティス氏が反対した案件をほぼ独断で決め、一方的に表明した。 両者の亀裂が決定的となったのが、米韓合同軍事演習の中止だった。マティス氏はかねて、日韓など同盟国との連携を重視。北朝鮮との緊張が高まる中、日韓両国の防衛相とは幾度となく会談し...more
カテゴリー:

汚い八重山「安倍政権が支持されるのは安倍の異常さに国民が慣らされてしまったせい」 - 07月13日(金)12:31  news

八重山毎日新聞 不連続線 あまりに異常な問題が続くと人間はその異常さに慣れきって感覚がまひし、異常が普通になって何も感じなくなってしまう。 今の安倍政権下の日本と日米両政府に基地を押し付けられる沖縄がまさにそうだ。何とも末恐ろしい世の中になったものだとつくづく思う ▼6年目の長期政権に入った安倍政権は、数の力をバックにやりたい放題のごう慢な政治を続け、「今や安倍政権は毎日がエープリルフール」とうそとごまかしの政治が日常化 ▼さらに秘書や女性記者へのパワハラ、セクハラ、裏口入学などの不祥事や暴...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「両政府」の画像

もっと見る

「両政府」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる