「世論調査」とは?

関連ニュース

【世論調査】内閣支持率、各社とも上昇★2 - 06月20日(水)22:05  newsplus

■報道各社の世論調査の結果  支持率 不支持率   共同通信 44.9%(+6) 43.2%(-7.1)  読売新聞 45%(+3) 44%(-3)   朝日新聞 38%(+2) 45%(+1)  NNN 39.4%(+7) 41.9%(-8.7)  調査日は16~17日(読売新聞、NNNは15~17日) 報道各社の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が上昇した。 史上初の米朝首脳会談など北朝鮮情勢の激動に伴い、安倍政権の外交に期待が高まったためとみられる。 一方、森友学園問題が「決着してい...
»続きを読む
カテゴリー:

米朝首脳会談、米国民の半数以上が「満足」 CNN世論調査 - 06月20日(水)19:51 

今月12日に実施された米朝首脳会談に米国人の半数以上が満足していることが、最新のCNN世論調査でこのほど明らかになった。 調査はCNNの委託を受けて世論調査会社SSRSが実施し、結果が19日に発表された。 それによると、米朝会談には全体の52%が「満足している」、36%が「不満」と答えた。共和党支持者の85%、民主党支持者の28%、無党派層の52%が「満足」と回答した。 会談の結果については、...
カテゴリー:

豪国民、「トランプ氏より習氏を信頼」 世論調査 - 06月20日(水)18:35 

オーストラリアの独立系シンクタンク、ローウィー国際政策研究所が実施した今年の世論調査で、同国の国民がトランプ米大統領に寄せる信頼の度合いは、習近平(シーチンピン)中国国家主席への信頼を下回っていることが分かった。 同研究所は毎年、外交政策に関するオーストラリアの世論を調査している。20日に発表された最新版の結果によると、トランプ氏が国際問題で正しい行動を取るとの信頼感を示した人は30%だったの...
カテゴリー:

世界の信頼できる国で日本が二位、信頼出来る指導者で安倍ちゃんも二位 - 06月20日(水)17:45  news

【シドニー共同】オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所は20日、日本が「信頼できる外国」の2位となり、 「信頼できる世界の指導者」でも安倍晋三首相がオーストラリアのターンブル首相(3位)を 上回る2位だったとの世論調査結果を公表した。調査対象は1200人。  「信頼できる外国」の首位は英国で、3位以下はフランス、インド、米国、中国の順。「信頼できる世界の指導者」は メイ英首相がトップ。4位がフランスのマクロン大統領、5位が中国の習近平国家主席。トランプ米大統領は7位だった。 https://...
»続きを読む
カテゴリー:

【共同通信・世論調査】内閣支持率6ポイント増の44% 不支持率43.2% - 06月20日(水)12:36  seijinewsplus

共同通信社が十六、十七両日に実施した全国電話世論調査によると、 内閣支持率は44・9%で5月12、13両日の前回調査から6・0ポイント増。不支持は43・2%で、支持が不支持を上回った。  安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による日朝首脳会談を開催するべきだと答えたのは81・4%、 必要はないは13・3%。首相の外交姿勢を評価するは44・2%で、評価しない46・1%が上回った。 政党支持率は、自民党が前回比1・7ポイント増の38・8%。立憲民主党12・2%、国民民主党1・7%、 公明...
»続きを読む
カテゴリー:

【豪世論調査】「信頼できる外国」:日本 2位 「信頼できる世界の指導者」:安倍首相 2位 ネット「豪州はネトウヨw」「パヨクイライラ」 - 06月20日(水)21:21  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/25038 日本が「信頼できる外国」の2位 豪調査、安倍首相も高評価  【シドニー共同】オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所は20日、日本が「信頼できる外国」の2位となり、 「信頼できる世界の指導者」でも安倍晋三首相がオーストラリアのターンブル首相(3位)を上回る2位だったとの世論調査結果を公表した。調査対象は1200人。  「信頼できる外国」の首位は英国で、3位以下はフランス、インド、米国、中国の順。「信頼できる世界の指導者」はメイ英首相がトップ。 4位がフラン...
»続きを読む
カテゴリー:

【世論調査】内閣支持率、各社とも上昇 - 06月20日(水)19:49  newsplus

■報道各社の世論調査の結果  支持率 不支持率   共同通信 44.9%(+6) 43.2%(-7.1)  読売新聞 45%(+3) 44%(-3)   朝日新聞 38%(+2) 45%(+1)  NNN 39.4%(+7) 41.9%(-8.7)  調査日は16~17日(読売新聞、NNNは15~17日) 報道各社の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が上昇した。 史上初の米朝首脳会談など北朝鮮情勢の激動に伴い、安倍政権の外交に期待が高まったためとみられる。 一方、森友学園問題が「決着してい...
»続きを読む
カテゴリー:

豪世論調査 「信頼できる外国」で日本が2位 「信頼できる世界の指導者」でも日本の安倍首相が2位 - 06月20日(水)17:45  news

日本が「信頼できる外国」の2位 豪調査、安倍首相も高評価  【シドニー共同】オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所は20日、日本が「信頼できる外国」の2位となり、 「信頼できる世界の指導者」でも安倍晋三首相がオーストラリアのターンブル首相(3位)を上回る2位だったとの世論調査結果を公表した。調査対象は1200人。  「信頼できる外国」の首位は英国で、3位以下はフランス、インド、米国、中国の順。「信頼できる世界の指導者」はメイ英首相がトップ。 4位がフランスのマクロン大統領、5位が中国の習近平国家...
»続きを読む
カテゴリー:

2018年雨シーズン、沖縄いよいよ梅雨明けか…近畿地方は大雨に注意 - 06月20日(水)16:15 

 梅雨前線の停滞により、2018年6月21日にかけて全国的に広い範囲で大雨となる恐れがある。大きな地震があった近畿地方では、地盤が緩んでいる土地もあり、特に注意が必要となる。一方、沖縄では今週中にも梅雨明けとなりそうな気配だ。 気象庁によると、梅雨前線が6月19日夜に活動を強めながら九州を北上し、6月20日から21日に西日本から東日本に停滞。梅雨前線上の低気圧が21日にかけて、西日本と東日本の太平洋側を進むため、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が入り、西日本から東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴った激しい雨が降る見込み。 6月21日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で近畿地方300ミリ、四国地方・九州南部地方200ミリ、東海地方160ミリ、関東甲信地方・奄美地方150ミリ、九州北部地方120ミリ。 6月18日に大きな地震が発生した大阪府北部では、地盤が緩んでいる所があり、少ない雨でも土砂災害が発生する恐れがある。 6月21日から27日までは、東日本と西日本では前線や湿った空気の影響から曇りや雨の日が多くなりそう。24日ごろにかけて、前線の活動が活発になり、西日本を中心に大雨となる恐れもある。北日本は、高気圧に覆われて晴れる所もあるが、気圧の谷や湿った空気の影響で曇りの日が多くなる予想。沖縄・奄美は、後半で晴れる日が多くなりそう。 気象...more
カテゴリー:

豪国民の対米信頼感が10年超で最低、トランプ氏への評価低迷=調査 - 06月20日(水)10:00 

[シドニー 20日 ロイター] - 最新の世論調査で、グローバルリーダーとして米国を信頼している豪国民の割合が過去10年超で最低となり、「国際問題に関して正しい行動を取る」という点では、トランプ大統領より中国やインドの指導者に対する信頼が高まっていることが分かった。
カテゴリー:

もっと見る

「世論調査」の画像

もっと見る

「世論調査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる