「世界観」とは?

関連ニュース

エレファントカシマシ、北区のシンボルへ 「今宵の月のように」以外にこれ聞けって曲ある? - 11月17日(土)13:53  poverty

がんばろうぜ!~と駅の曲、エレカシ「聖地」に 人気ロックバンド「エレファントカシマシ」が、赤羽の街おこしに一役買うことになった。メンバー4人のうち3人が赤羽出身で、地元の北区や観光協会からの要請にエレカシが応えた。 16日からはJR赤羽駅の発車メロディーがエレカシの曲に変わったほか、今後、駅周辺はポスターなどでエレカシの姿があふれることになる。 さあ、がんばろうぜ!~♪の歌い出しで知られる人気曲「俺たちの明日」のメロディーが、16日の始発から赤羽駅5番線の湘南新宿ラインのホームに流れ始めた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

3大面白いアクション映画といったら「コンエアー」「ザロック」「フェイスオフ」あと一つは? - 11月17日(土)07:19  poverty

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」では「秋はハリポタ&ファンタビ!」と題して「ハリー・ポッター」&「ファンタスティック・ビースト」シリーズを3週連続オンエア。11月16日(金)今夜は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』をお届けする。 J.K.ローリングが生み出した「ハリー・ポッター」シリーズはファンタジーの金字塔として小説、そして映画ともに大ヒットシリーズとなり、 その世界観を受け継いだ新たな魔法シリーズとして誕生した「ファンタスティック・ビースト」も2016年公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使...
»続きを読む
カテゴリー:

『白雪姫と鏡の女王』きっと、男女問わず可愛すぎるリリー・コリンズに釘付けとなること間違い無しの一本―【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】 - 11月16日(金)20:01 

『白雪姫と鏡の女王』 本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。 2018年11月16日の鑑賞タイトル『白雪姫と鏡の女王』 鑑賞前の期待値「ジュリア・ロバーツが悪の女王様。そしてカラフルな世界観」 本日リリースされた『ワンダ...
カテゴリー:

中村雅俊、新作「だろう!!」リリース記念として作詞家・松井五郎主催トークイベントに出演 - 11月16日(金)19:00 

作詞家・松井五郎が自身にゆかりのあるアーティストをゲストに招き、「言葉」「音楽」をテーマにアーティストの世界観を紐解いていくトークセッション<GORO MATSUI presents Talk Gallery>が、...
カテゴリー:

「進撃の巨人」梶裕貴のアフレコ現場にも潜入!漫画家・諫山創が思い描くラストシーンとは? - 11月16日(金)16:54 

11月18日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、超人気漫画「進撃の巨人」の作者で漫画家の諫山創(いさやま・はじめ/32歳)に密着。アニメのアフレコ現場で「進撃の巨人」主人公・エレン役の声優、梶裕貴と話す場面も登場する。人間が巨人に次々と喰いちぎられるという残酷で強烈な描写と独特な世界観のストーリーで読者に大きな衝撃を与えた「進撃の巨人」。コミックの発行部数は7600万部を超え、世界18言語に翻訳され180か国に展開、近年ハリウッドで実写映画化されることも決定した、まさに世界的人気を誇る漫画作品だ。物語の舞台は、巨人が全てを支配する世界。そこから逃れるたびに残されたわずかな人類は大きな城壁を築き、その中で怯えて暮らしていた。主人公のエレンは、まだ見ぬ壁の向こう側の世界に憧れる少年。だがある日、大型巨人の出現で壁が崩され、巨人と人間による生き残りをかけた壮絶な闘いが始まる。ダークファンタジーの要素の中に、リアリティ溢れる人間描写が描きこまれ、その圧倒的な迫力は連載開始から10年経っても読者を惹きつけてやまない。番組では、そもそも巨人が人を食べるという発想の原点や、壁に囲まれた人間社会というイメージの原風景となった“秘密の場所”、またアニメのアフレコ現場でエレン役の声優、梶に原作者である諫山しか知りえない微妙なニュアンスを伝える場面などを取材。さらには、連載1...more
カテゴリー:

[G-Star 2018]ゾクゾクするほどクラシックスタイル。「風の王国:Yeon」直撮りプレイムービー2本を掲載 - 11月17日(土)13:38 

 韓国・釜山で開催中のゲームショウG-Star2018にて,NexonKoreaのスマホ用MMORPG「風の王国:Yeon」がプレイアブル出展されている。“美麗な3Dグラフィックスモデルに生まれ変わる”といったことはなく,PC版の世界観やグラフィックスがそのまま再現されている本作の,直撮りプレイムービーを掲載しよう。
カテゴリー:

中世ファンタジーの世界観にすげぇ憧れるんだけど - 11月17日(土)02:50  news4vip

魔法とか剣技なんて使えないモブでいいから商人として各地を走り回って生きたい ...
»続きを読む
カテゴリー:

自分らしく生きる3人に聞いた。「LIFEGENICってどんなとき?」 - 11月16日(金)19:05 

自分らしく生きることを追求し続けるライフスタイルを。そんな今を自然体で生きる姿勢に想いを込めて生まれた言葉が「LIFEGENIC(ライフジェニック)」。それって、自ら「遊び」も「感動」も創り出すミレニアルズの場合はどうだろう。プロデューサー、モデル、起業家と職種はバラバラでも、深い親交を結ぶ3人に、各々の体験をもとに自分らしくフラットに生きるための「LIFEGENIC」な旅について語ってもらった。小橋賢児LeaR株式会社 代表取締役1979年8月19日生まれ。東京都出身。8才で芸能界デビュー、以後数々のドラマや映画、舞台に出演するも2007年に俳優活動を休業。その後世界中を旅しながら映画やイベント製作を始める。2012年、映画「DON'T STOP!」で映画監督デビュー。また『ULTRA JAPAN』のクリエイティブ・ディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーなどを歴任し、世界規模のイベントや都市開発などの企画運営にも携わる。高山 都モデル、女優、タレントビューティモデル、女優、ラジオパーソナリティなど幅広く活動。趣味は料理、マラソン。「#みやれゴハン」として料理や器などを毎日紹介するインスタグラムが人気。趣味のマラソンでは3時間41分の記録を持っている。自身の著書に『高山都の美 食 姿「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ。』『高山都の美 食 姿2 「日々のコツ...more
カテゴリー:

中村雅俊が、新曲リリース記念として、作詞家・松井五郎主催のトークイベントに出演新曲「だろう!!」に込められた想い、制作エピソードを語る - 11月16日(金)19:00 

[日本コロムビア株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/19470/196/resize/d19470-196-810583-0.jpg ] 作詞家・松井五郎が自身にゆかりのあるアーティストをゲストに招き、「言葉」「音楽」をテーマにアーティストの世界観を紐解いていく...
カテゴリー:

『ENTUM(エンタム)』x『クラッシュフィーバー』コラボが決定! - 11月16日(金)16:10 

[ワンダープラネット株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/5880/147/resize/d5880-147-887814-0.png ] 『クラッシュフィーバー』は、仮想世界をモチーフとした世界観を舞台に、画面をタップするだけの簡単操作でパネルをブッ壊すことで得ら...
カテゴリー:

もっと見る

「世界観」の画像

もっと見る

「世界観」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる